「サッカーと愛国」 今読むべき本かも(ガンバ応援旗問題に思う)

b0009103_14010037.jpg

「サッカーと愛国」清義明 イースト・プレス
昨年11月に読んだ本ですが、今ぜひサポーターと名乗る人たちに読んでほしいと思って、改めて紹介します。
ミズノスポーツライター優秀賞に選ばれている本です。

この本の帯にも書かれていますが、「スタジアムには日本人が知らない世界基準」があるのです。
昨日あたり、ガンバ大阪のサポーターのフラッグのデザインがナチスの親衛隊SSのロゴそっくりだという話がネット上を賑わし、今日は新聞にもそのことが取り上げられました。
ガンバのサポさんたちは、SSじゃないSHだと言っていますが、そんな問題じゃないんですよね。ナチス親衛隊をイメージさせる意匠を使ったことが問題なのです。振り返ってみたら、このガンバのフラッグは、以前にも出されていて、問題になりクラブから掲示禁止の処置を取られていたようで、それをまた持ち出してきたらしい。このガンバサポの意匠は、すでにヨーロッパではナチズムに親和的なサポーターのフラッグとして取り上げられていたらしいのです。そんなことさらさら知りませんでした。日本にも親ナチグループがあるって思われていたわけですよ。
日本人には分かりにくようですが、ナチズムは絶対に否定されるべきものなのです。
もう30年以上まえになりますが、あるドイツの若者に「日本人はよくドイツは同盟国だったので親近感があるというけどどう思う?」と聞きました。するとその若者は「それは迷惑な親近感です。ドイツはあの時代を否定しています。あの時代の仲間というのは否定する対象なんです」と言われました。ドイツは先の戦争で自分たちの国がやってきたことを否定しきちんと決着をつけ、全てを捨てて新しい国を作ってきたのです。
誰もが集まるサッカースタジアムにナチスを連想させる意匠があってはならないことは世界の常識なんです。
日本の場合は、旭日旗という意匠があります。よくJリーグのスタジアムで旭日旗やそれを模倣したデザインのフラッグが振られていますが、これは中国、韓国、アジアの人々にとってナチの意匠と同じようなイメージなのではないでしょうか。この旗のもとにどれほどの犠牲者が出たか、アジアの人々の身になって考えたら、このようなフラッグは作るべきではないと思うのです。旭日旗は自衛隊も使っているから悪いものではないのではという人もありますが、それこそ軍隊(厳密にはそうじゃないが)が使う意匠を平和を目指すスポーツに持ち込むことの方がおかしいと思いますし。自衛隊にしてみれば、たかがスポーツ、そんな場所に大大切な旭日旗を使って欲しくないとおもわれるのではないでしょうか。
昨シーズン、Vファーレン長崎には在日朝鮮人、韓国人の選手が在籍していました。在日の彼がもの凄い嫌がらせメールをネット上で浴び、ゴール裏の一部からも国籍に関する非難を浴びたようです。若い彼らはあまり気にしないのかもしれませんがゴール裏あたりで振られる旭日旗まがいのデザインフラッグをどう思っているのだろうという気持ちがありました。記者ではないので、本人たちにそのことは聞けませんが、すごく気になることでした。

Jリーグは今シーズンから英パフォームグループと契約しました。これまでJリーグは東洋の端っこの閉ざされた環境でやってきたわけですが、今後グローバル化されることになります。当然のことながら、日本のスタジアム風景が海外に流れるわけですが、レイシズムに疎い日本人が作るスタジアム風景が海外からひんしゅくを買うことをやらかしたりしないだろうかと心配でもありました。
今回のガンバサポのフラッグの問題を機に、もう1度スタジアムであげている幕や旗などについて、考えてみるのもいいかもしれません。
その意匠が他の人に違和感を持たれるものであれば、それは引っ込めるくらいの対応が必要だと思います。それを若い子たちに諭すくらいの大人なサポーターこそが、クラブにとって真のサポーターなのではないかなと思います。




[PR]
# by windowhead | 2017-04-21 14:01 | 紙のフットボール | Comments(0)

いよいよ九州ダービー!帰ってきたのかよ〜

b0009103_23280617.jpg

いよいよ今日、ホームにアビスパ福岡を迎える。

あの日、アビスパ福岡のゴール裏に眦を決して乗り込んだ。プレーオフ。
あの人もこの人も本当に真剣な顔で、チャントを歌い続けたけど、勝ち上がれなかった。
負けた長崎の選手たちにもっともっとコールを送りたかったけれど、彼らが早く引っ込んでしまったので、気持ちの高ぶりを持た余した長崎ゴール裏は勝ち上がったアビスパ福岡にさらに勝ってもらおうと、「アビスパ福岡」コールをした。
「行っちゃえJ1」と書いたボードを掲げアビスパコールをするU氏の悔し涙とコールする長崎サポの声が全国に放映された。
アビスパの選手たちも長崎ゴール裏に来て挨拶してくれた。
喜ぶアビスパ選手たちをひとりじっと見つめていた黒木選手の姿があった。一番勝ちたかった一人だったはず。彼は、その後一足先にJ1にあがった。
アビスパのほうでは、アビスパサポの漫画家さんによって、J1に駆け上がる城後選手の後ろ姿が描かれたが、城後選手の背中はVファーレン長崎のユニフォームを背負っていた。
長崎の悔しさも背負ってJ1に行くよ!というメッセージ。心に響いた。
井原監督は、長崎から古部選手を引き抜いた。けど、悔しくなかった。井原さんだからこそ古部選手の献身的な守備をわかってくれてるんだと、喜んで送り出した。

アビスパのホーム開幕戦は、井原監督に因縁のマリノス戦。井原さんをレジェンドとして尊敬している中村俊輔のFKに沈められた。
中村俊輔のFKの成長のきっかけは、実は井原監督にあるんだ。最近出た中村俊輔のFK集DVDの中で、「マリノス入団したころ、FK練習の壁に井原さんや小村さんたちがいた。この人たちにぶっつけるわけにはいかない。FK練習はもの凄い緊張の連続だった」と語っている。井原さんの壁が育てたFKの名手との対決だった。

あれからワンシーズンを経て、「行っちゃったまま」でいいのに、アビスパさんはまた九州ダービーに帰ってきた。
古部選手も長崎に帰ってきてくれた。
長崎のユニフォームを背負ってくれた城後選手も今日は背負った長崎の思いを返しに来てくれるだろう。
アビスパのメンバーをみると、ゾクゾクする。これJ1時代より強化されてないか?
山瀬や駒野までいるよ。ウエリントンには煮え湯を飲まされているからね。
強敵だ。
でも勝ちたい。
練習見学してないので、今日の予想ができないけれど、とにかく全力で!
今シーズンの長崎は調子がいいときは、攻守の切り替えが早いし、球際もしっかりタイトにいっている。だから前を向いたプレーができている。
気持ちが守りにならなければ、強敵でも臆することなく戦えると思う。気持ちが守りになると反則が多くなるから、それだけは避けてほしい。
誰がスタメンかな。
そろそろ畑ぼうにもゴールしてほしい。
城後を迎え撃つDFに杉さまがいてほしい。
ベーちゃん、前ちゃん、杉さま、三浦くん、あのプレーオフの悔しさを知っている選手たちが登場してくれることを望みながら。
今日は、仕事なので試合開始ごろにバックスタンドに駆けつけることになりそうだ。
青のチームがくるので、今日は少しオレンジ多めのスタイルで行きましょうか。




[PR]
# by windowhead | 2017-04-15 09:59 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

クリーンに熱く、そういう試合になればいい

今日は静岡ダービー

俊輔くんの居残り練習相手をしていた選手たちが、いろんなチームで頑張っている。清水のGK六反勇治選手もその一人。

六反くんはアビスパからマリノスに移籍してずっと第3キーパーだった。その間俊輔の居残り練習でのFKやシュート練習の相手をしてくれていた。その間、いろんなことを俊輔から学んだという。
(静岡新聞よりhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000029-at_s-socc
正キーパーとして仙台に移籍し、日本代表にも選ばれた。今シーズンからは清水へ。今日、清水のキーパーとして再度相見えるかもしれない。
俊輔くんの居残り練習は磐田でも続いているようだ。磐田ではどんな練習をしているのだろうか?だれとやっているのだろうか?など練習を見るのは試合とは別の楽しみがある。
実は私に練習場に見学に行く楽しみを教えてくれたのも俊輔選手の居残り映像なのだ
我がVファーレン長崎のDF田代真一選手も北谷史孝選手もなにかの形で俊輔くんと練習をともにしていると思う。
居残り練習の相手をしたかもしれない。キックオフマリノスの映像のなかでファン感謝デーで俊輔くんと一緒に金魚すくい屋さんをする北谷くんがいたっけ。
田代くんは、すでにチームの主軸として開幕からスタメンを続けているし、北谷くんも田代くんたちの出場停止の穴を埋めたりして活躍の兆しを見せている。
俊輔居残り練習塾の塾生さんたち、どんどん成長し活躍してください。
俊輔くんの成長は他の選手たちも巻き込んで一緒に伸びていくからすごいのだ。

今日の静岡ダービー向けて、俊輔くんはこう言っている
先輩たちが作ってきたもの。移籍してきたからこそ、敬意を持ってやりたい」(http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170331-OHT1T50243.html スポーツ報知

ダービーというのは、単に絶対に負けられない戦いなだけではない。この戦いを作り上げてきた人たちの歴史が詰まっている。だから選手たちはこの歴史をリスペクトしてそれを汚さないように戦うし、スタジアム全体はその歴史にさらに歴史を積み上げるために最高の空間を作ろうとするんだろう。あの時のダービーが最高だったね!と語り継がれるためにも。

だからこそ、この記事で俊輔くんが言っていた言葉は大きな意味を持つ。
「クリーンに熱く。そういう試合になればいい」
すべてのスポーツに通じる言葉だと思う。

[PR]
# by windowhead | 2017-04-01 12:24 | 10-25shun | Comments(0)

躍動感と一体感が感じられたホーム金沢戦

b0009103_18271940.jpg

アウエー京都戦を前に練習見学してきました。
見学者も少なかったので、選手たちはファンサービスに時間を取られることなく元気にチームバスで出発しました。
いつも思うのですが、アウエー出発時は選手たちの準備やコンディションのことも考えて、ファンサービスは控えめにしたほうがいいように感じます。雨の日や寒い日に練習後長い時間引き留めると身体が冷えてしまわないか心配です。
若い選手が多くなったからか、いつものハーフコートで全員参加ゲーム(勝手に呼んでいます)は賑やかです。いろんな選手の声が飛び交います。昨シーズンは梶くんが一人でワイワイ言っていましたが、今年梶くんがいても、それに負けないくらい元気です。
出発日の今日はなかったのですが、今シーズンの練習場でよく見かけるのが、全体練習が終わってからの、各人の居残り練習。
二人組、三人組、一人でコーチとマンツーマンなど小さな塊があちこちにあります。
三好コーチのキーパー特訓も昨シーズンから楽しみに見ています。三好さんはキックがうまいので、ゴールの極をついてきます。見学のT氏が「PKになったらキッカーは三好さんに交代したらいいよね」などと冗談言ってます。「本当それいいかも」と反応してしまいます。
幸野選手がフィジカルコーチとやる練習も試合で効いているなあと感じています。
ときどき、監督さんからのご指名特訓も見られて、練習場が昨シーズンとはまた違った趣です。


ホーム金沢戦でのスーパーゴールでプロ初ゴールを挙げた翁長選手。
このゴールがJ24節のベストゴールに選ばれました。おめでとうございます。
バックスタンドにいると、後半すぐ近くで翁長選手が見られます。ボールを自分の足元に収めるのがうまいなあと思って見ていた選手です。いつも反対サイドでの攻防が多くて、フリーの翁長選手は両手を挙げて、サイドチェンジをアピールしています。でも、次の試合からは翁長選手もマークされるんだろうなあ。終盤にあのスピードで長い距離を駆け上がったり、2人、3人DFかわしてミドルを打つんだから、相手にとっては自由にさせたくないでしょう。
木村選手のゴールは本当に嬉しかったゴール。待ちに待っていたのはきむくんやチームメイトだけでなく、サポーターも。ヘディングだけどゴール前の密集で決めてくらるのはきむくんらしい。シーズン初ゴールおめでとう。
もう一人、気になっていたのが北谷選手。マリノスに入ったばかりの頃から知っているのでなんとなく愛着があります。前ちゃんの指示でしっかり守れていたし、攻撃にも参加するし、キックも得意なのでいいボールあげてました。昨シーズン期限付きで行ってた山口ではすごく成長したんだなあと感じます。
途中から入った中村選手、ファンマ選手、パジャルド選手たち、前線で献身的なプレー。終盤の金沢の攻撃にも前田選手が統率するDF陣と増田選手がしっかり守ってホームで2勝目!
この日のVファーレン長崎は「躍動感と一体感」のあるいいチームになっているなあと感じさせてくれました。
なによりうれしかったのは、この試合でVファーレンはカードを1枚ももらっていないのです。

フェアプレーでの勝利はサポーターにとっては最高のプレゼント!

洸一くんに1点決められたのは、まあ「よし」としましょう。
それくらい佐藤洸一はまだ私たちの選手なのです(これサポのわがまま)。でも洸一くんはすでに金沢の人気者になっている模様。がんばれ。






[PR]
# by windowhead | 2017-03-24 18:40 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

弾く音楽は栄養になります

b0009103_01180865.jpg
10年ほど前ガンで亡くなった弟の友人が思いがけないものを届けてくれた。
弟の若いころの仕事のパネル
仲畑貴志氏に師事してコピーライターになった弟が最初の大きな賞をもらった仕事の一部。
YAMAHAエレクトーンの「ドレミは弾くからおもしろい」というコピーで全国展開したシリーズのもの。
このミルクのコップの下には「弾く音楽は栄養になります」というコピーが書かれている。
その友人の話では、このポスターは卵とミルクと野菜か果物の3連になっていたらしい。それぞれに違ったコピーが書かれていたのかな?そうなら、どんなコピーだったのだろう。
広告の仕事というのは消費されていく仕事なので形が残るのは少ない。そんな中でこのパネルはよくぞ30年近く生き延びてくれた。友人が代官山の弟の部屋に遊びに行った時、3連の1つをもらって自室においてくれていたらしい。私も遊びに行っていたので懐かしい。その頃の代官山は大使館の多い美しい街並みでヒルサイドテラスのトムズサンドイッチやハリウッドランチマーケットなどが弟のお気に入りだった。もしかしたら、この一連のポスターはトムズサンドイッチにインスパイアされたのかも。

そして「YAMAHA」
奇しくも今シーズン中村俊輔選手の移籍で身近になった[YAMAHA」の文字
なぜだかその移籍を気持ち良く受け入れられたのは、こんな細〜い細〜いつながりがあったからなのかな?
サッカーの応援をしていると、様々なメッセージの伝え方をみる。
ゲーフラ、横断幕、フラッグ、コレオグラフィー、アンセムソングやチャント。
伝えるメッセージも励ましや応援、感謝や思い入れ。面白いのはみんな「だれかのために」であって自己主張ではないところかな。

明日の(厳密には今日になっているね)スタジアムは「ジャパネット」への感謝のコールや文字でいっぱいになるだろう。
準備不足の私は、タンスの奥から引っ張り出した2014年シーズンのユニフォームを着ることにした。
胸には旧ジャパネットのロゴとジャパネットたかたという文字、背中にはリンガーハット。背番号10番は当時のキャプテン佐藤由紀彦。このユニフォームに感謝と共闘のメッセージを託そう。

[PR]
# by windowhead | 2017-03-18 03:07 | 言葉を拾う | Comments(0)

カズさんおめでとう!そして選手の皆さんありがとう

b0009103_11391792.jpg

3月5日、第2節ホーム対横浜FC戦。
1:1のドロー。それも1点ビハインドから追いついてのドローなので前向きに捉えられます。

数日前から集客を心配したサポやスポンサーさんたちが、「キングカズとの対戦だよ!」と対戦相手のビッグネームを使ってPRしました。私もその一人。でも心のどこかでは、カズさんが来ることは確定ではなく、来られなかったらどうしようと思っていたのではないかな。特に、第1節でも長い時間出場していたので、回復しているかな?帯同無理かもねとの懸念もありました。
でもさすがキングカズ、来てくれました。それだけでなく先発出場でした。
入り待ちで集まっているとスマホでスタメン見ていた人が「カズ先発だって!」。周囲でどよめきが起こりました。対戦相手なのにみんなの喜ぶ顔顔かお。入り待ちをリードしていたウルトラの代表さんからも「みなさん、フラッグは長崎のバスに振ってくださいね。まちがってもカズさんのバスに振らないようにね!」とジョークが飛ぶほど。
入り待ちで嬉しかったのは、ヴィヴィくんが参加してくれていたこと。クラブマスコットですが、その前にVファーレン長崎のチームが大好きな男の子ですから居てもたってもいられなかったのでしょう。

試合の方は まだまだ自分たちのチームの選手の特徴もわからないので、なんとも言い難いのですが、若い選手が多くなっているのでアジリティーは高いなあと。すごく真面目にサッカーしている感じ。それが清々しくて気持ち良く見られました。連携やサイドチェンジの活用など視野の広サッカーではないんだけど、チャンスと思うと臆することなくミドルシュートを打つところは昨シーズン見られなかった特徴かな。DFもシッカリ守っていたし、特にカズ選手をマークしている田上選手の必死のがんばりは「カズさんにけがさせないでね〜」と心配するほど気持ちが入っていました。翌日の新聞での田上選手のコメントがすべてを語ってくれました。「カズ選手に得点されるとそのシーンが何度も何度も全国放送で流されるので、それは避けたかった」と。サポも含めて長崎のみんなの気持ちを代弁してくれたプレーに感謝です。田上選手サポの女の子に試合後お礼を言ったくらいです。
後半に入って10分過ぎごろカズ選手が交代。スタジアム中から拍手が起こりました。ワントップをはった木村選手と幸野シュート選手が交代。シュートくんのポジショニングがずっと気になっていたけど、ゼロトップでボールを回す役割だったのかな?でもシュートくんはボールを保持できるからそんなところは期待できるなあ。彼についてはこれまでの経緯もあるので見方が厳しくなってしまいます。それを凌駕する選手になって欲しいです。
PKで相手に先制されたけれど、何となく追いつける気がしていたのは相手の動きが悪くなってきたから? 吉岡選手と代わって入った中村慶太選手が自分で持ち込んで飯尾選手にパス、飯尾選手のクロスを翁長選手(だったのかな)が受けて、それに走り込んでいた慶太選手が体を投げ出しながらの豪快シュートでゴール!今年の慶太選手は覚悟が見えるよねという雰囲気を持っていたけれどやっぱり気持ちがボールに乗り移ったね。
その後も翁長選手のゴールポストに当たるシュートなどがありましたが得点ならず、最後の最後長崎のゴール前での攻防もなんとか守りきって、勝ち点1を分け合いました。
畑選手のイエローカードがなぜなのかわからず、アフターバーで何度も試合を見返して、何プレーも前の相手を押したのがアドバンテージでイエローになったのかな?ぐらいしか結論出せませんでした。畑選手、気にせずぜひとも今度はゴール決めてくださいね。畑選手のゴールは長崎のみんなが楽しみに待っているんですから。試合が終わってカズ選手と高木監督が言葉を交わし、別れ際にカズ選手が監督の肩をポンと叩きました。おや?と思いましたが、日本代表でも一緒にプレーしたお二人、実はカズ選手のほうが年上なんですね。

試合後はいつものようにヴィヴィくんファンサゾーンへ。でもこの日はカズ選手を一目見ようと待っている人たちでいっぱい。横浜サポも長崎サポも一緒になって出て行くバスのカズ選手に手を振り、カズ選手もその方向を見ながらしっかり手を振り返してくれました。
この日の試合出場で三浦知良選手は世界記録保持者になりました。これまでは元イングランド代表のスタンリーマシューズの50歳と5日が公式最年長出場記録だったそうですが、長崎戦のカズ選手は50歳と7日でマシューズ氏の記録を抜いたそうです。
おめでとう、カズ選手!
この横浜FC戦はいろんな意味で忘れられない試合になりそうです。両チームの選手のみなさんありがとう。

長崎の選手たちのバスが出た後も、ひとり残ってファンたちへのサインや写真撮影に丁寧に対応している高木監督の姿がありました。
高木監督、ありがとう。何があっても監督とこのチームの選手たちを応援しますからね。
b0009103_13440203.jpg

[PR]
# by windowhead | 2017-03-07 13:45 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

今だから「キング・カズ」長崎へ

b0009103_12291500.jpg

Vファーレン長崎は3月5日日曜日、諫早のトランスコスモススタジアムでキングカズ率いる横浜FCと対戦する。


今店頭に並んでいる「Number」の三浦知良特集を読んでいた。
サッカーをやりたい、まだまだ上手くなりたいという気持ちに純粋に向き合って自分の身体すべてをその気持ちに捧げているような人だ。
50歳まで現役を続け試合に出てゴールまで上げている彼を世界中のレジェンドたちがリスペクトしている。

こんな選手は世界でも稀有な存在なのだ。

私たちのJ2チームVファーレン長崎は、毎年この長崎の地で「キングカズ」と試合ができている。

試合に出れない時もユニフォーム姿でアップしたり、試合後のチームバス乗車の時まで、どちらのチームと言わずファンサポーターに手を振って挨拶をしてくれる。その姿を見た人たちはみんなカズと交流したような特別の気持ちになるし、「カズ見たよ!」「カズ、いたよ!」が翌日の話題になってしまう。

きっと長崎だけでなく他のアウエーでもそうなのだろう。

キングカズは、ほとんどのアウエーに帯同してくれるようだ。


Vファーレン長崎の若い選手たちもカズのようにカズ以上に純粋な気持ちでサッカーに取り組んでいる。彼らはおそらくカズに自分の未来を見て勇気をもらうはずだ。


3月5日、今度の日曜日、私たちはキングカズの姿を見ることができるのだ。50歳とは思えない美しい姿もお茶目なプレーも。

キングカズを見ていると、きっと長崎のサッカーをなくしてはいけないと思うだろう。

カズにつづく若者たちのためにも、絶対にチームを存続させ守っていかなければならない。それはこれまですばらしい週末をこのチームから受け取ってきた私たちサポーターの任務でもある。

カズの姿は、きっと一時の激情やイベント気分では本当の強さは生まれないよ。何があっても負けることなくコツコツ積み上げる覚悟と粘りが大切なんだよと教えてくれると思う。

純粋であることが持つパワーや希望をカズの姿から感じ取って勇気をもらおう。

だからって勝ち点をお返しに渡すことはできないけど、今回だけはカズさんに甘えさせてもらおう。


3月5日日曜日は、諫早のトランスコスモススタジアムに行こう

(FBに書いたレビューだけど、あえてブログにもアップしました)


[PR]
# by windowhead | 2017-03-03 12:58 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧