今年はJリーグを楽しむぞ

またまた録画で、マリノス対ヴィッセル神戸戦を見た。
中村俊輔がマリノスに入って3戦目。
俊輔が海外に出てから、ずっと俊輔中心で見てきているため、その間、Jリーグを見ることも少なくなっていた。
8年ぶりに、がっぷりJリーグを見ることになる。
実は、神戸と言うチームをほとんど知らない。
試合前の俊輔のコメントに、「神戸はハードなあたりを厭わないところがプレミアのようだ」というのがあった。
なるほど、この例えで、なんとなく神戸のプレースタイルがわかる。
選手たちも、タイトなユニフォームのせいもあるのだろうが、胸板が厚くまるでラグビー選手のようだ。
マリノスについてもまだ個々の選手のプレースタイルなど把握できていないのだが、中村俊輔を入れることで、相対的に見えてきた部分もある。
ゲームは、ドローに終わったけど、神戸の三浦監督のスカウティング勝ちという感じ。
神戸のほうが、より真剣に相手チームを研究し対策を練っていた。その成果が現れたようなロスタイムゴール。
マリノスも、楽しいサッカーのためには、お客の前以外のところで、決め細やかな準備と必死の精進をお願いしたい。
俊輔くん、まだまだ本調子が出てきていないけれど、狩野くんや山瀬くんとの連携は進んでいるようだ。山瀬くんが楽しそうなのがなにより。

試合中、接触プレーで神戸の大久保選手が倒れた。
ピッチ上でなかなか起き上がれない大久保選手を心配そうに取り巻く神戸の選手の中に一人マリノスの選手がいた。
接触した選手ではなく、中村俊輔だった。
スポーツ紙記事によれば、試合前、通路に並んだとき、俊輔が大久保選手に「(足の状態は)どう?」と声を掛けたらしい。
大久保選手は「(怪我の足のほうでは)まだ蹴れない。完治はまだまだ」と答えたら、俊輔から「なんで休まないんだ。」と言われたようだ。
「そんな状態ではW杯に出れなくなるよ」と心配しての意見だったらしい。
俊輔は、本気で大久保選手のことを心配している。
いま戦っている2人だが、日本代表チームというもう1つのチームではチームメイト。
W杯に向けて、選ばれるかどうか結果はどうであれ、思い残すことのない最良の状態で挑みたいだろう。
チームメイトにもそうあってほしいだろう。
体のケアに細心の心配りをしている俊輔でも、怪我や故障から無縁ではない。
ファンとしては、選手の怪我がいちばん悲しい。

激しいプレーとラフプレーは違うし、選手の精神的な部分を追い詰めるようなブーイングや、記事などは考えて欲しい。
サッカー選手たちは、私たちよりよっぽど勤勉な人たちだ。
大好きなサッカーのため努力を怠る人はいないはず。それでもできないこともあるだろう。
彼らを信じて、Jリーグでできることを楽しみたい。
もちろん、プレミアもリーガも知っているし、気にならないわけではない。
それでも、この際、この国のサッカーを楽しもうと思う。
マスコミも、メッシやロナウドのゴールを見せると同じだけの時間を割いて、Jリーグを放映してもいいのではないかな。
[PR]
by windowhead | 2010-03-30 19:01 | フットボール雑感 | Comments(0)