しぶとくなったね、サンフレッチェ広島

12日ホームで川崎フロンターレ戦、そのまま中国に飛んで 14日に山東魯能戦、とんぼ返りに帰国して19日に鹿島でアントラーズと、やっと広島にもどって22日は名古屋グランパス戦、そして2日後の今日(24日)広島から新潟まで移動してアルビレックス新潟と戦う。
なんと14日で5試合。
けが人続出、疲労蓄積もピークのサンフレッチェ。
試合前の選手の笑顔には、勝ってホームに帰ろう!という元気が感じられた。
開始5分で寿人のゴール。
でもすぐに新潟のゴール。
時間がたってくると、さすがにサンフレッチェの選手たちに疲労がみえてくる。
名古屋戦でみせたような華麗な攻め上がりが見られない。パスが繋がらない。
そんなとき、森脇選手の負傷退場。控え登録にディフェンダーがいない厳しい台所事情。
本職のDF2人で4バックにして、なんとか守り攻めあがるが、マルシオデェイシャルデスにゴールを決められ、1点ビハインドになったときには、正直このゲームはあきらめた。
でも、選手はあきらめていなかった。ロスタイムぎりぎりに山岸のシュートでドローにすると、後は必死で守りきった。
本当にサンフレッチェの選手たちはしぶとくなった。
昨シーズンチームの司令塔だった柏木が去り、ストヤノフ、ミキッチ、青山、盛田、森崎たちスタメンが故障中だが、彼らがいなくても広島は広島のプレースタイルを維持できている。
首都圏のチームに比べると倍の移動距離を移動し、不公平なくらいタイトなスケジュール(同じACLを戦った鹿島のスケジュールと比べると、その違いは一目瞭然)で戦っているサンフレッチェだが、明るさと闘志は失くさない。
昨年同様、スカパーの録画でしか見られないが毎試合たのしみなチーム。
これでやっとゆっくり休めるのかと思いきや、3日後の27日にはホームでACLの浦項スティーラーズ戦が控えていた。また4日後の1日にホームでFC東京戦と連戦が続く。
ぎりぎりでやっているチームと選手にさらに頑張れとハッパかけるのも忍びない。
そこで、サッカーの神様にお願い。そのときはサンフレッチェをよろしく。
森脇良太も無事でありますように。
[PR]
by windowhead | 2010-04-25 03:19 | フットボール雑感 | Comments(0)