敬意が欲しいだけ <<<ポンテ

b0009103_1611053.jpg 晴天と言っても、日差しが弱くなって晩秋から冬の気配を感じる。セーターを干したベランダに枯葉が1枚。
どこから飛んできたんだろうか。我が家は高台のマンションの10階。向かい側に段々の宅地はあるが、この葉っぱの木は見当たらない。元の木を離れて、ずいぶん遠くまで飛んできたんだなあ。一枚っきりで心細い旅だっただろうに。我が家のベランダが最終地でよかったのだろうか?
我が家のベランダが、図らずも到達点になってしまったのだから、葉っぱくんの勇姿を記録に残そう。
春に若々しい若葉として、夏は青々とした木陰を作っていただろう、秋になって色づいた景色を見せていただろう葉っぱくん。最後に我が家に来てくれたのもなにかの縁。


Jリーグもあと3節?4節?今シーズンも終わりに近づいた。
あちこちから、移籍のニュースなども聞こえてくる。
そんな中で、京都の柳沢選手への対応に疑問を感じていたら、浦和からもポンテ選手への首をかしげるような対応がでてきた。
浦和・ポンテ 涙と怒りの“決別弾”(スポーツナビ)

ポンテ選手は言う「自分に話もせず裏で他の選手に接触。コソコソせず男らしくしてほしい。敬意が欲しいだけ」
柳沢選手にしても同じ気持ちだと思う。
年俸が高すぎたり、戦力的に魅力が薄れてきていることは自分が一番わかっているだろう。
だから、それなりの覚悟はあったと思う。
彼らは、きっとゴネたりするつもりはない。まずは自分に話をしてくれることが人と人の関係だろうと言うことだろう。
「敬意が欲しいだけ」という言葉は、本当に重い。

経済原理と強者崇拝にまみれた人達に、この言葉の意味が届くだろうか。
選手を使い捨てにする限り、日本のサッカー界は、本物になれないと思う。
チームの歴史、代表の歴史を作ってくれた選手に敬意を表することを忘れて、強くなることだけにまい進し続けることは、エコノミックアニマルと呼ばれていた時代の日本を見るようだ。
経済効率から先達の仕事を切り捨ててきたのちの姿が今の日本の姿。

日本サッカーの未来のためにも、フロントやスタッフ、サポーター、ファンたちそれと、メディア、サッカージャーナリストが、もっと選手を大事にしなければと思う。
少なくとも、選手の心を傷つけることはやるべきではない。
心の傷は、不信感にも繋がる。
彼らが第一線を離れた時、よい思い出が残っていなければ、その世界の未来は暗いと思う。


私は、レッズのファンではない。あまり興味のないチームだ。
それでもポンテの素晴らしさには敬意をもっている。
レッズの絶頂期を作った選手ではないか。
日本のサッカー界のフロントに、人の心や思いやりが育たないのはなぜだろう。
[PR]
Commented by pupunta at 2010-11-16 20:42 x
お邪魔します。
昨日は、ご訪問忝し。こちらへも、今までのようにお邪魔させてください。
でも、今日は表からゴメンください。
代表から帰ってすぐのオールスターで、ヤナギさんがMVPの車を貰ったとき、「柳沢は俊輔にハンドルを分け与えるべし」とせる爺さんが言ったのを、ひょいと思い出しました。ヤナギさん、いい居場所が見付かるといいですね。
Commented by rainbowman at 2010-11-16 21:41 x
自分も同じ記事よんで同じようなことを思いました。
まったく同感です!
Commented by windowhead at 2010-11-16 22:55 x
pupunta さん、コメントありがとうございます。

柳沢選手やマリノスの松田選手、1歳の違いだけど俊輔は本当に彼らから学んだものがたくさんあり、それをプレーと発言でお返ししている。そんな素直な人間関係が今の選手の間に作りにくいのかな。
サッカー界も下克上かもしれないけれど、尊敬しあっていないと、ただのつぶしあい。品性のない世界になりそうです。(△くんには品性を知ってほしいなあ。不幸な育ちの子なのかな)
ヤナギさんは複数クラブから引っ張りだこになりそう。
このさい昇格した甲府で再出発してほしい。私が最も好きなGK,荻晃太選手もいますし。
Commented by windowhead at 2010-11-16 23:02 x
rainbowmanさん、コメントありがとうございます。

ポンテ選手は、浦和レッズの恩人といっても過言ではないはず。その選手にむかってこの仕打ちに、関係ないチームといえ、はらわたが煮えくり返る思いでした。ほんの少し、人間らしい気配りがあれば、感謝の言葉を残して気持ちよく別れることもできただろうに、功をあせり、人心を軽んじると、我が身を滅ぼすこと間違いなし。
話し合いの気持ちがあれば応じる準備があるなどとのたまうレッズのGMは、自分の間違いがわかっていないんですね。残念な人ですね。
Commented at 2010-11-18 16:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by windowhead | 2010-11-16 16:54 | 紙のフットボール | Comments(5)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧