小笠原選手と中村選手の共感し寄り添う心

鹿島アントラーズと横浜Fマリノスのゲームの録画を見ていた。

小笠原満男と中村俊輔、感情をあまり表に出さない二人だが、ずぶぬれになりながら闘う二人からは、いつもと違う気迫が漂っていた。

とくに小笠原満男選手は、大きな試練を与えられてもがきながら道を探す求道者のような感じだ。
サッカー選手としての基礎を育ててくれた町をまるごと津波に飲まれ大きな大きな犠牲を出した。
いてもたってもいられず津波のすぐあと、家族を乗せ自分で車を運転して被災地に入った彼は、惨状を見、人々に会って、自分の使命を悟った。彼らの喜びのために闘うんだと。
負けてしまった試合後の彼のコメントは、自分の不甲斐なさを責め、さらに何かを背負うことを決意したような捨て身の覚悟を含んでいた。

勝った中村俊輔選手にも笑顔はなかった。
エルゴラの記者が見た俊輔の姿はこうだった。
”原稿では書ききれず、寸評でのみ伝える形となったが、中村選手の守備への貢献度は素晴らしかった。本来はボールを持ち、パスを出して、存在感を出すタイプだが、この日は違った。守備時にボールと相手を追いかけ、汗をかき、必死にプレスバックした。
決して得意とするプレーではないだろうが、チームのために守りを優先する。「勝ちにこだわる」という木村監督の言葉を、主将が率先して行動に移していた。(エルゴラマリノス担当藤井記者コラムより)


魅せるプレーで、日本ばかりか世界を湧かせたファンタジスタが、そのプレーを封印したかのようなプレー。俊輔ファンとしてはフラストレーションの溜まるようなゲームだった。

試合後の、中村選手のコメントには、被災地に思いをよせ、今の自分がどうあればいいのか揺れ動く心が垣間見える。
 23日に行われたJ1第7節で鹿島に3-0で快勝した横浜FM。攻撃を組み立てチームの勝利に貢献した中村俊輔は試合後、被災者への複雑な思いを吐露し、サッカーのプレーを通して何かを伝えていきたいとコメントしている。
「個人的には、(被災者の方に向けて)簡単に頑張れとか、あまり言えない。目の前で家が流されたりとか、(小笠原)満男がJリーグ選抜のときに話してくれたようなことが実際に起きているから……」
「希望を持ってとか、軽々しく言えないので、僕はサッカーをやる人間ですし、良いプレーをして、できることなら、それで何かを感じ取ってもらえれば。それだけです」(サッカーキング http://news.livedoor.com/article/detail/5512996/


彼もまた被災地に向けて何かを背負っているのだ。
中村俊輔選手は、日本代表とJリーグ選抜との試合前にも、同じようなことを述べていた。
中村俊輔「希望、勇気を与えるとは軽々しく言えない」2011年03月29日
http://www.tokyo-sports.co.jp/hamidashi.php?hid=12886



「がんばろう日本」「日本は強い国だから必ず立ち直る」とTVやメディアでは有名人達がこぞって、エールを送っている。日本代表の若者達も、世界で闘う姿を見せて、プレーで勇気を与える」とメッセージを送っている。
そんな中で、自分の無力さを悔いたり、揺れ動く心をかかえて、被災地の人達を想像し、共感し、心に寄り添う二人のファンタジスタ。

震災直後は、日本中が被災地を思い動いてきたし、被災地の人達も必死で生きてきただろう。
被災から50日がたち、日本中の人々が普通の生活を取り戻す中で、遅遅として自分の将来が開けない被災地の人達には、孤立感や疎外感を抱える人もでてくることだろう。
そんな人にとって、外から「頑張ろう、あなたは強いんだから」とか「がんばろう日本」は見当はずれの言葉にしかならないかもしれない。
自分と同じように、辛さを抱え、揺れ動いている心が寄り添ってくれることが、励みになるかもしれない。

メディアが伝える応援のメッセージが、だんだキャッチフレーズ化していくなかで、等身大の姿を見せてくれた小笠原選手と中村選手が伝えてくれたことは大きい。
想像し、共感し忘れないことが、大事なことだと。

応援や支援の形は、いろいろとあっていい。
すべてが同じにつながる必要はない。
「日本はひとつ」などというメッセージの押し付けほどこわいものはない。
等身大の自分の姿を見せてくれた二人に感謝したい。
[PR]
Commented by レインボウマン at 2011-04-30 21:33 x
俊輔も小笠原も深い生き方をしているので、人の痛みにも深く共鳴出来るのかも知れません。だからこそ軽々と頑張れなんて言えないのでしょうね。そんな感性を持っているから一流なのかも知れません。
Commented by windowhead at 2011-04-30 23:00 x
レインボウマンさん、コメントありがとうございます。

「深い生きかたをしているので、人の痛みにも深く共鳴出来る」というご指摘に大きくうなずきました。
そして二人とも心が素直なんですね。
ヒーリングなどに詳しいレインボウマンさんからのこのコメントは俊輔ファンとしてもうれしいです。

Commented by 戦う俊輔ファン at 2011-05-22 14:01 x
初めてコメントをさせて頂きます。ブログいつも楽しみに拝見しています。W杯以降、俊輔関連のニュースは、辛辣なものばかりでファンとして心を痛めていました。そんな時に、こちらのブログを見つけて思わず泣いてしまいました。知っての通り、東日本大震災で大きな被害が出ています。でもこんな時こそ僕は、俊輔に代表に戻ってほしいんです。何度否定されても、周りから笑われても、嘲られても真直ぐに前を向いて自分と戦いひた向きに努力する。俊輔が今までやってきたことですが、震災で苦しむ人々への何よりのメッセージ・エールになるんじゃないでしょうか?今のマリノスでキャプテンをしている彼を見ていたらそんなことを思ってしまいました。長文失礼しました。
Commented by 歴女 at 2011-07-02 14:53 x
歴史マニア必見!歴史が好きな歴女が集まる歴女専門サイトの誕生です!同じ歴史好きならすぐに仲良くなれるはず!
by windowhead | 2011-04-29 10:00 | 10-25shun | Comments(4)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧