GIANT KILLING11巻目がみつからない

b0009103_11353959.jpg
好きな選手がいるチームがなかなか結果がだせないでいる。
負けがこんでいるわけでなく、勝ち点3が取れない。
負けてないんだけど、勝ち越すことがなんだかずっと遠くなっているみたいで
大丈夫いつか勝さ!など、口では強がっても、本心はちょっとうろたえているのかも、私。

この前、大型古本屋で目があって、ついに買ってしまった「GIANT KILLING」10巻まで。
一気読み!
型破りの監督が主人公なんだけど、これ読んでいて、勝てないひいきチームの監督を変えろなんて気にはならないのね。
このカリスマ監督より、選手たちそれぞれがずーっと魅力的なマンガだもの。

で、10巻目の話。
相手チームが若手中心の布陣で挑むのに対して、ETUは、チームキャプテンで守備の要や攻撃の要が出場できないという状況の中、いつもベンチを温めているベテラン中心の布陣で挑むのね。
このベテラン達が、相手の「伸びしろ」のある若手選手たちとどのように戦っていくのか=とても興味深かったんだけど、そのクライマックスが11巻につづくになっちゃて。

早速、この前の古本屋さんに行きました!14巻からあとしかない!
ほかの古本屋さんにいっても11巻がない!
近くの本屋さんにもない!
もう、どうなるのよ~、世良くんの迷いを解いてくれたクレバーな堺くんがどんなプレーをするのか、ベテランたちがどんな力をみせるのか、この目でたしかめたいのに!

今日も、行き先で本屋を見つけたら11巻をさがすつもりだけど、
それよりも、今日はJリーグの日。
各チームのベテランたちの活躍を見るほうがいいのかも。
ぜひとも、ベテラン選手が光るゲームがたくさんありますように。

頑張れサンフレッチェ、
頑張れマリノス
そして、FC東京もね(勝たないとドロンパの楽しいパフォーマンスが見られないもの、You-tubeだけど)。
[PR]
by windowhead | 2012-04-21 12:07 | 紙のフットボール | Comments(0)