ヴィファーレン長崎、頂上決戦はドロー

b0009103_2213547.jpg

台風のあと、強い雨風のなかでも、ヴィファーレンのヴぃヴぃくんは、しっかりお仕事していました。
今日はリンガーハットデーということで、ヴぃヴぃくんは、エプロン姿。

激しい風雨の中だったけれど、応援に行ってよかったなあというゲームだった。
ヴィファーレン長崎と長野バルセイロ、JFLの1位2位の直接対決。
どちらも負けられない張りつめたいいゲームだった。
残念ながらヴィファーレンはアディショナルタイムで追いつかれ
2対2のドロー。
帰りのシャトルバスのなかでは、おじさんたちがたった今応援してきたゲームについていろいろと談義していた。
ネティブ長崎弁で「スカーッとせんね。勝たんやった日はヤケ酒ばい」「こげん雨の日やけん、勝ちたかったね。仕事のノリも違うもんね」
勝ちきれない試合はなんとも気が重いが、こんなおじさんたちの会話に心強い気もした。
台風の最中と言ってもいいような日のJFLの試合に2000人以上も駆け付けた。
それも子供連れや女性たち、中高年ご夫婦たちも多く、人数は少ないがいつもの試合のように熱く応援していた。
ぜひとも、このチームをJリーグに上げたいと思っている人たちは、私が思っているより断然多いのかもしれない。

私がヴィファーレン長崎の試合を見るようになったのは、昨シーズンからだから大きなことは言えない。
佐藤由紀彦選手がいるということも昨シーズン初めに知った。、由紀彦のプレーが見たくて行くようになった。
今シーズンも由紀彦とヴぃヴぃくんを応援だ!というノリでいた。
しかし、今はすこしちがう。
このチームをぜひともJリーグに上げたいという気持ちが強い。

そう思うようになったのは、今シーズンJ1に上がった鳥栖のホーム戦を見てからだ。
3月末、横浜Fマリノスサポとして鳥栖に乗り込んだ。
鳥栖のスタジアムはいっぱいだった。なんとマリノスサポーターも1000人以上いたのではないだろうか。
横浜から九州の佐賀まで1000人以上の人たちが駆け付けたなんて!
そしてそれ以上に熱く沸いていたのは、マリノスに勝った鳥栖の町だった。
Jリーグチームを持つと、こんな熱い雰囲気が一過性のものでなく、日常になるんだなあと実感した。

地方の街は、活性化に必死だ。
長崎も、さるく博だの、龍馬伝だの、つぎは梅谷庄吉だのと、観光客を引き付けるためのイベントや仕掛けに躍起になっている。今では、中国からの旅行者目当てに波止場の拡張までするようだ。
観光行政担当者には、ヴィファーレン長崎というコンテンツは、目に入らないのだろうか。
地域活性化と集客が一石二鳥で手に入る既存のコンテンツとしては、ヴィファーレン長崎が一番実現の可能性が高いコンテンツではないのかな。それも一過性でない日常に定着していける強みもある。
Jリーグチームを持つ街。おらがチームの話が日常の会話に出てくるような街。
それはサッカーファンには、憧れ。
そのためには、ヴィファーレン長崎をJリーグチームにしなければね。

そんなこんなで、今では、大好きなサンフレッチェ広島やマリノスの俊輔とおなじようにヴィファーレン長崎を応援している。



そうそう、これ追記しておこう。
神崎大輔選手のファンという若い女性たちと出会った。
大分から駆けつけたという。神崎選手は大分出身なんだね。
彼女たちと話して、神崎大輔選手が少しわかった。応援するね。
[PR]
Commented by あいちゃんママ at 2012-09-18 21:37 x
”応援に行って良かったなぁというゲーム”風雨ついて駈けつけられた甲斐がありましたね。

残り9試合+天皇杯、マリノスも、張り詰めたいい試合をしてほしいです。

鳥栖は、孫正義氏は、鳥栖生まれなんですね。佐野眞一著”あんぽん 孫正義伝”を読んで知りました。
鳥栖戦の前に読んでいたら、もっといろいろ感じることが多かったのにと残念です。
孫氏の強烈な個性とインパクトは、かの地で育まれたのだと。

来季またご一緒に観戦できると良いですね。その時は、勿論マリノスが勝ちます!!!
Commented by windowhead at 2012-09-19 23:58
あいちゃんママさん、コメントありがとう。
アディショナルタイムに同点にされたんですから本当に残念な試合でしたが、気持ちの入ったゲームでした。
マリノスは、ここ数試合どうしちゃったんでしょう。
守備が売りのチームの守備が崩壊しているようで、きになります。速攻受けると戻れていないことが多いと感じています。
今シーズンはぜひACL圏内に入ってほしい。俊輔がフルタイム動け、充実したプレーができるうちに海外チームと戦うのが見たいですからね。
来季ももちろん俊輔応援のために鳥栖にいきましょう!そしてリベンジですよね。
by windowhead | 2012-09-18 00:06 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧