ヴィファーレン監督解任で夢しぼむ

驚いた。
そして、時間がたつにつれて大きく膨らんでいた来シーズンの夢が薄汚れてしぼんでいく感じがしている。

佐藤由紀彦選手が長崎に来た時から、ぼちぼちヴィファーレンを見だした新参者だが、1年ごとにチームが形になって応援しがいのあるチームになっていた。
はっきり言って田舎くさいチームから脱却したなって感じ。
そんなチームを作って、今シーズンの目標のJ2参入をやってのけた佐野監督の解任。

18日の最終戦、いつも出場機会少ない選手たちがスタメンしたが、それでもきちんと勝利するチームを見て、佐野監督を中心にチームの意思統一がしっかりしているから、来シーズンのJ2での戦いが楽しみだねって、友人と話してた。
今シーズンからサッカー観戦初心者の友人を誘って後援会にも入ったし、その友人などは、このチームに愛着を覚えて、後援会はもちろん、個人株主制度があれば株主になっていいよって言っていた。
18日のわくわくした気持ちがしゅーんとしぼんでいく。
しぼむだけでなく、納得のいかない監督人事の裏になにかありそうで、夢が薄汚れていく感じがする。

佐野監督の解任の理由に、Jリーグ監督の経験が少ないというのも1つだという。降格制度があるので是が非でも降格は免れたい。そのためには経験豊富な監督がいいんだと。
もしそうなら、J1で優勝争いしている、広島の森保監督と仙台の手倉森監督はどうなんだ?二人ともJではほぼ新人監督さんだ。

新しい監督は、Jの経験豊富な長崎県出身の1人にしぼって交渉中らしい。
長崎県出身の監督といえば、サンフレッチェ広島の森保監督、J2栃木SCの松田監督、J2徳島ヴォルティスの小林監督、そしてJ2ロアッソ熊本の高木監督。うち小林さんと高木さんは国見出身。
どうも高木琢也氏らしいとのこと。
少し前から、高木さんがJ2熊本の監督は今季限りとのニュースが流れていたので、去就が気になっていたが、すでに裏取引があったのでは、と疑ってしまう。
いったん退いていた小峰さんやその周辺の地元の政治力がうごめきだしたのかとか、高木さんは島原出身、小峰さんも県知事も島原出身だもんなあ~と、どんどん裏読みしてしまう。

長崎初のJリーグチームには長崎出身の監督のほうが宣伝効果がある、なんてばかなことを考えそうなのは経済界や広告代理店。
なんでもかんでも県産品志向が田舎くさい。サッカーはじゃがいもや魚とは違うんだから!

ツイッターでnettaroさんがこうつぶやいていた
「V・ファーレン長崎 http://www.nagasaki-np.co.jp/news/v-varen/2012/11/21021427.shtml … Jリーグでの監督経験がある本県出身者1人に絞り。ビルバオでさえ監督はバスク人に拘ってないのに。アビスパが九州出身者を監督に選んで、2012年、大失敗したのに。さらに範囲を絞って長崎出身者に拘ってもしょうがないだろw」
まったくです!禿同!!
でも、本県出身者を選べという人たちには、このつぶやきの意味がわかる人はいないかも。
最後のwの意味も。
それくらいサッカーのことわかっていない人が圧力かけたんじゃないかなあ。

おばさんは、ながーく長崎に住んでいるから、ついついこんな憶測をしてしまう。
そして、つい口がすべっちゃった~~。

ヴィファーレンのサポーターの人たちは、きっとはらわた煮えくり返りながも、チームのために冷静をとおしているのだろうなあ。
私はまだファンのレベルだから、いいサッカーをしたチームにこだわりたくて、悔しさをぶちまけている。

佐野監督が去ることで、選手たちが離れなければいいけど…。
佐藤由紀彦は、長崎に残ってくれるだろうか。

もう修復はきかないのだろうか。
佐野監督と由紀彦といまのメンバーで初々しくJリーグデビューし、さわやかでしたたかなチームに成長していくのを見続けたいと思っていたのに。

悔しくて悔しくて…ぶつぶつ書いていたら3時すぎてしまったわ~~。
[PR]
by windowhead | 2012-11-22 03:30 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧