由紀彦がいてくれたら…

Vファーレン長崎が岐阜FCに負けてしまった。

土曜日の夕刻、お茶の間TVで試合観戦。
「なんかJ1見ているような錯覚だね」なんて、息子と少し浮かれながら見ていた。
前半早々に山田選手の勢いのあるパス(シュート?)に佐藤選手が頭で合わせてゴール!
幸先いいぞ!と言いながらも、なんとなく引っかかるものが…
何となくなんだけど、いつもよりセカンドボールが取れていないような気がしたし、足元が浮ついているような感じがした。
特に、幸野選手のプレーが軽く見えて、今日はシュートくん調子が悪いのかなあと気にはなっていた。
後半、岐阜にスピードと勢いが出てきた。
たびたび長崎のゴールを脅かす岐阜が1点を返して同点になった。
早め早めの選手交代で、長崎も何度も相手のゴールを脅かすが、シュートが決まらない。
岐阜は攻め上がってくる長崎のパスを奪ってカウンターを仕掛ける。
両者とも勢いが衰えず、必死の攻防となっていった。
なんか、このばたばたした感じがそのまま続くとほころびが出そうで嫌な感じがしてきた。
「どこかで、この流れを切らないと、リズムを変えないとやばいんじゃない」
と話していた矢先だった。
アディショナルタイム、岐阜のゴール前まで攻め込んでいながら一発のカウンターで逆転されてしまった。

見ている側から、予測できた相手のカウンターからの得点。
闘っている選手に、監督たちに予測できなかったのか、そんなはずはないだろうが。
選手それぞれが予測できていたのだろうが、うまく伝えあえなかったのだろう。
だからこそ、悔しい。

そして、思った。
このピッチに佐藤由紀彦がいてくれたら…と。
彼が入ることで、チームが落着き、リズムが変わり、チームの意思統一ができるシーンを昨年も何度も見てきたし、今シーズンのガンバ戦でも、彼が入ってからチームが落着き、長崎に勢いがでてきた。
1本のパスでチームの意思統一ができる選手だから。

由紀彦選手はまだ怪我が治っていないし、今の長崎は、ベテランに頼ることなく若手の底上げをして、フレッシュなチームを作っていくことが大事なのだろう。
それはわかっているが、それでも、あの時、由紀彦がいてくれたら…と思わずにはいられない。

岐阜戦での痛い経験は、切り替えることなく、苦いが糧にして次に向かってほしい。
次はホーム戦、相手は名門ヴェルディーだ。
幸野選手や下田選手は燃えるはず!
合言葉は「ヴェルディーなんかにゃ負けられない!」だよね!

そうそう、ヴェルディー戦から、ナイター。
県総で初めて経験するナイターでのサッカー観戦。
土曜日がまちどおしい。




日本代表でマスコミが乱痴気騒ぎしている。
本田選手だけで勝ったような大騒ぎだけど、勝ってないし、得点もPKなのだ。
もう少し、現実を見て冷静で正しい報道をしてほしい。
そしてアウエーイラク戦を本田選手は大事をとって回避することになったらしい。
これで、本田選手はアウエー戦は全部参加しないことになる。
とくに過酷な中東でのアウエー戦を避けて、ホーム戦にだけ出る。イラクと戦った選手はくたくたに疲れたままコンフェデ杯にいどまなければならないが、休息をとっていた本田選手はコンフェデ杯に備えて体調を整えられる。それなら、過酷なアウエーを戦ってくれるほかの選手への感謝なりねぎらいがあってもいいのではないかなあ。せめてサッカー関係のメディアくらいは、アウエーを戦ってくる選手たちに本田選手に向けるくらいの感謝と敬意を表してほしい。
思慮深い者は自らをアピールしない。声高にアピールするものだけを聞いていると真実が見えなくなる。
なーんてね。

今はお祭り騒ぎの代表より、日常的の中にあるJリーグのほうが大切になってきている。
[PR]
by windowhead | 2013-06-10 02:56 | Vファーレン長崎 | Comments(0)