素敵な雰囲気の「東日本大震災復興支援マッチ」

遅ればせながら、俊サポのお友達から送ってもらった「東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ」(http://www.j-league.or.jp/specialmatch/)の録画を見た。
さながらオールスター戦のような豪華なメンバー。
コンフェデレーション杯出場中の日本代表選手は参加していないが、幸か不幸か今の日本代表にはJリーグでトップフォームの選手や若手注目株たちは選ばれていないので、この支援マッチの顔ぶれは代表より魅力的なチームになっていた。
サポーター投票でトップに選ばれた中村俊輔選手が、チャリティーマッチだけど単なる花試合にすることなく、真摯にサッカーに取り組む姿を見てもらいたいと言っていたように、どの選手たちも、全力プレーで自分の持ち味をしっかりと出しながらもチームとして勝ちを意識した戦いを見せてくれた。
この日、国立競技場に集まった4万人を超える人たちは、コンフェデレーション杯での日本代表の惨敗で暗くなっていた気持ちを一掃できたのではないかな。
録画で見ていても、ワクワクして気持ちのいい試合だった。

そして、試合に輪をかけて素敵だったのは、時折映し出される観客席の様子。
青、赤、黄色、紫、ピンク…
声援を送る選手が所属しているチームカラーを身にまとった人たちが多い。
そんな人たちが、入り交じって応援している姿って滅多に見られるものじゃない。
実際に応援に行った俊サポお仲間の周囲でも、「横は浦和、鹿島、後ろにはピンクのセレッソ、それぞれ贔屓チームのユニ着た人たちが、みんなで1つになって盛り上がる、盛り上げた。」そうだ。
この映像を見て、その話を聞くと無性に自分もその場に居たかったと思った。
第3回目になるこの支援マッチは、昨年のデルピエロ参戦のように話題を集める海外選手や代表選手がいなかった分、本当に日常的にサッカーを愛している人たちが集まった場になったんじゃないだろうか。ピッチの中も外もサッカー大好きな人たちが一つになった幸せな熱気が画面を通して伝わってきてうらやましくなってしまった。本物の選手と本物のサポーターたちが作った幸せなサッカーの空気感。
この日の選手たちとサポーターたちが居る限り、支援マッチは来年も再来年も続けられると思う。そして、いつかわが町のチーム「Vファーレン長崎」の選手がJリーグ代表に選ばれるときが来たら、Vファーレンのユニであの場所に行くかな……いやいや俊輔がいるかぎりマリノスのユニだろうなあ私は。
などと楽しい妄想をしてしまう。

ただ、残念だったのは、こんなにすばらしいチャリティーマッチが、TV放映されなかったことだ。正確に言うとスカパーでは中継で放送されたが、地上波では放映されなかった。放映権をもっていたTBSは関東圏だけに録画を深夜に流したにとどまった。選手たちが一番見てほしかった被災地には録画すら放映されていないという現実だ。翌日の朝日新聞は一面を使ったコンフェデ負け試合の記事の横にベタ記事でたったの20行しか書かれなかった支援マッチの記事。被災地を支援したい、惨事を絶対に忘れないと言い募るメディアの本心はこの程度なのだ。
メディアが大きく取り上げようが取り上げまいが、すばらしい試合を見せてくれた選手たちに感謝!その会場を盛り上げたサポーターやファンに感謝!そして録画を送ってくれた俊輔サポのお仲間に感謝!!
[PR]
Commented by みちこ at 2013-06-26 21:06 x
お久しぶりです。そうでしたか。
それはそれは、素敵な贈り物ですね。

さて、例の本は、前に進みだしております。
遅くても11月には、書店に並ぶのではと
思います。お待ちください。
Commented by あいちゃんママ at 2013-06-29 09:31 x
降れば大雨、晴れれば蒸し暑い季節です。
この2,3日梅雨の晴れ間で、明日のホーム鹿島戦も天気は大丈夫そうです。

いよいよJリーグも再開され、待ちに待ったサッカーのある日々が戻ってきました。
マリノスはキャンプがよほど充実していたおでしょう。アウェー戦では出足鋭く集中した試合をしていました。
上手く中断期間を使ったみたいですね。
明日はホームで完封すれば準決勝進出!!!しっかり勝って駒を進めたいですね。

7.8月はアウェー戦が多くて厳しいですが、チーム力で乗り切ってほしいです。
長崎も良い位置につけていますね!

今季俊輔のFKゴールがいくつ見られるか、本当に楽しみです♪♪♪

Commented by windowhead at 2013-06-29 12:03 x
みちこさん、お久しぶりです。
訪問ありがとう!
サッカーが楽しめる日常を大事にしたいと思う今日この頃。
それは幕末を勉強して、実感すること。
八重の桜を見ていると、戦に巻き込まれて穏やかだった日常から否応なく引きはがされていく怖さがひしひしと伝わってきます。
幕末の人々を読んだり書いたりするとき、最近はその人の普通の部分をみていたくなります。
11月頃には出版ですか。
うれしいです。
楽しみに待っています。
Commented by windowhead at 2013-06-29 12:14 x
あいちゃんママさん、DVDありがとう!
そして訪問ありがとう!
昨日ナビスコのDVDも届いて、早速みましたよ。
俊輔くん、セルティック時代以来の調子よさですね。
福田氏がうまい、うまいと感心していましたが、本当に、うまさに磨きがかかっているというか、動きになにか極意を見つけたのかしらという、すごさ。
なんだか、剣士が自分は自然体であまり力を使わず相手の動きや相手の力を利用して、相手の間合いに入っていくような…そんなうまさを感じました。彼にこの動きを開眼させたものがなにかを知りたい!
そんな動きでした。
何度も何度も見たくなります。
あすは、ホームでまた鹿島とですね。
鹿島の反撃は半端ないと思います。かなり酷いファウルしてくると思います。ガチにあたるのではなく、ひらりと交わしてカウンターで行きましょう。
応援よろしくお願いします。
こちらからも、気持ちいっぱい応援します。
by windowhead | 2013-06-26 03:00 | Comments(4)