じつは、伝説の男を見たくて…水戸戦

長崎は港祭りという市をあげての夏祭りの最中。
ぞくぞくと会場に向かう人たちと反対方向に向かう列車に乗って諫早市の競技場へ!
対山形戦以来のVファーレン長崎ホーム戦の応援に。
ある目的があって、この日は個人的にちょっと期待感が違った。

まず、ブログで懇願したおかげ(?)で実現したヴィヴィくんぬいぐるみを手に入れること。
ちゃんと手に入れました。皆さんが言うように、ちょっと残念な出来上がりであることは否めませんがこれが初号機ということで、購入者が多いと改良型だの新型だのでるはずだから。

山形戦で直面した日焼けの恐怖に恐れをなして、今回はメインスタンド側指定から観戦することに。
実は、メインをとったのはもう1つ見たいものがあったから。
それは、選手を応援する横断幕。昨シーズンまでは佐藤由紀彦選手の横断幕「俺たちの由紀彦」が見られたが、ここ最近、その幕を目にしていないのでそれを探したかったのだが、なぜか由紀彦の幕はみあたらなかった。故障もあって最近はメンバーにはいっていない由紀彦だけど、私がVファーレンを応援するようになったきっかけは、佐藤由紀彦が来てくれたということだし、彼の存在なくしては私の中でのVファーレン長崎は、ただのJ2の1チームになってしまうくらい必要な選手の一人なのだ。(私にはおらが街のチームだから!長崎のために!なんていう気持ちはサラサラないもんね。実はまだFマリノスの青にトリコロール縞のTシャツで応援に行っているくらい。=ごめん!)
アウエー富山戦で彼が控えに座ったと聞いたから、かなり期待していったが残念ながらスタメン、サブどちらにも彼の名前はなかった。
相手チームには、海千山千の監督と伝説のFWがいるのに、経験値の少ない選手ばかりで大丈夫なのかな。こんなときにこそ、柱谷や師匠を見ても平常心でいれる由紀彦の経験値が必要なんじゃないかなあと、正直ちょっとがっかりした。

そして、実はぜひとも見たかったのは鈴木隆行選手。
遠藤ヤットも紺野も北島も高原も見たけど、鈴木隆行は彼らとはまたひと味違った伝説の選手と言う感じがする。水戸の30番、思ったよりガタイがいい。独特の存在感。たいして動けないだろうなあと思っていたけれど、どうしてどうして最後にゴールまで決められた。鈴木師匠のプレッシャーに、普通はあまり動じないキーパー金山くん腰が引けてた。長崎はセカンドボールが取れない。ということは水戸の方が動きだしが一歩早いということかな。連携もイマイチな感じがあったので、前半からなんだか嫌な予感はあったけれど、やはり得点できなかった。
補強選手を使うのもいいけれど、チームに温存している選手を使うのも考えてほしい。スタンドから「なかやまを出せ〜」という大きな声が上がっていた。おそらく昨シーズンから応援し続けているおじさんなのだろう。こんな人たちもいる。ウルトラスたちコアなサポーターではないが、JFL時代からホームに駆けつけ続けているファンもいるんだ。メインAに座って気づくのは、昨年かきどまりで見た顔に多く出会うこと。バックスタンドとは違った仲間感がある。
とにかく、昨日の試合は、長崎の作戦ミスだと思った。由紀彦、有光、神崎など、チームのバックボーンになる選手が一人もベンチにいなかったし、それに変えて補強したばかりの選手2人を入れていた。昨日の負けは、チームを落ち着かせる選手の存在を軽視した監督の采配ミスだと思った。

チームに文句言ったついでに、もう1つ残念なことが…。
昨日は南島原デーとかで、マッチデープログラムと一緒に、そうめんのお土産をもらった。
「あのね、このソーメンは、アウエーにも配られるの?」と聞いてみたら、スタッフさんは誇らしげに「いいえホームだけです」と言った。
ああ、違うんだよね、ホームには配らなくていいから、せっかく遠くから来てくれたアウエーサポーターさんにお土産をあげればいいのにねえ。それが「おもてなしの心」というものです。
そう思うのは、他のスタジアムでお土産をもらった感激を知っているから。
昨年、今年とマリノスの応援で鳥栖のべアスタに行っている。アウエー入り口は駅から一番遠い。ああ、これがアウエーの洗礼第1号ね、などと話しながら参戦モードを高めていくのだが、入場時に、なんとお土産を頂いてしまう。昨年は小さなパックに入ったイチゴだった。今年はS席を取ったらお土産はなかったが、アウエーに陣取った人たちはお米をもらったようだ。
ほんのちょっとの「おもてなし」の気配りで、気持ちよく来年も鳥栖に行こうねという気にさせてくれる。最近負けが込んでいるサガン鳥栖が気になって、ぜひともJ1に残ってくれるように今度は鳥栖をホームで応援しに行こうと思っている。
長崎のサービスはまだまだ内向きに必死なのかもしれないが、ぜひともアウエーのサポーターに向けて心配りをしてほしい。自分たちがアウエーで心細いときに親切にしてもらうといつまでもその地を好きになるものだよ。また長崎に来てもらうためにも、アウエーサポーターは大事にしなくっちゃ。



b0009103_154114.jpgb0009103_1543153.jpg最後に、ヴィヴィくんぬいぐるみをプチ整形しちゃいました。
上のが整形前(購入したまま)、下が整形後
少しだけ可愛くなった気がするが、まだまだ本物のヴィヴィくんの可愛さにはほど遠い。
[PR]
by windowhead | 2013-07-28 15:44 | Vファーレン長崎 | Comments(0)