新大工町、同潤会アパート、キタジ…

ああ、年を取ったなあと実感することばかり


1週間前、ビルの窓に映った月を眺めて電車に乗ったらVファーレン長崎支援会の女性とバッタリ会った。ヴィヴィくんも来ますよ!という言葉に誘われて翌日、新大工町商店街に足を向けた。久しぶりに行くなあ。若ママ時代によくお買い物やママ友とおしゃべりしていたにぎやかな商店街だ。昔ながらの市場が2つ、デパートビルの中にも市場があり、新鮮でおいしい食材の集まる商店街として長崎でも屈指の場所だった。
そこにヴィヴィ君まで行くとなるとさぞや賑やかだろうなあと。
商店街の入り口に足を踏み入れて驚いた。休日の昼間だが、あまりの人通りの少なさ。
商店街真ん中あたりに少し人が集まっている。そこがヴィヴィくんが来るイベント会場だった。
ヴィヴィくんとVファーレン応援に集まった人以外は、ちらほら通行する人だけという感じ。
車で行ける大型商業施設が周辺にでき、新大工に集まっていた人がそちらに行くようになったのだろう。ついには新大工町のシンボルの1つだったデパートが閉店を決めた。
自分の歴史の中にあった町が寂れていくのは、ショックが大きい。
せっかくヴィヴィくんからサインまでもらったけど、有頂天にはなれないなあ。
Vファーレン長崎を支援してくれている商店街だもの。Vファーレンといっしょにがんばるよね。

その帰り道、タイトルに惹かれて買った警察小説が久々に力強くて今週はそれを読んでいた。
「代官山コールドケース」 佐々木譲著、文芸春秋刊
このストーリーに出てくる時代の代官山は私にも懐かしい。亡くなった弟が当時猿楽町に住んでいたので上京したときは、代官山が拠点になっていた。弟がとても気に入っていたのが同潤会アパートの姿だった。中にあった代官山食堂とかいう小さな食堂のおばさんは長崎出身だよとか言っていたっけ。その同潤会アパートがあった辺りに数年前行ったが、あまりの変わりようで道に迷った。ヒルサイドテラスのトムズサンドウィッチや駅前の美容室ステッサはもうなくなっているだろうなあ。
弟と歩いた思い出の場所が、本の中で想像でたどれるのが少し嬉しかった。
「代官山コールドケース」 佐々木譲さんは、どんなきっかけでこの小説を書いたのかな?そこがすごく気になる。

本も読み終えてそろそろ週末、またサッカーモードを取り返そうとしていた矢先に、飛び込んできたニュースがロアッソ熊本の北嶋 秀朗選手が今シーズン限りで引退というもの。
中村俊輔ファンにとってキタジの存在は格別のものがある。
様々な選手が俊輔のいるチームを打ち負かしているが、私に撮っては市立船橋のキタジはその頂点にいる。柏レイソルの太陽はイクオール「キタジ」だった。
今シーズンは、ロアッソ熊本で頑張っていた。幸運なことに、Vファーレンのホーム戦でキタジのプレーを見ることができた。ずっと膝の故障を抱えてきたと聞いている。途中出場だったが、やっぱり怖い選手だった。
中村俊輔と同年の選手が引退して行く。
俊輔のプレーをあとどれくらい見ることができるのかなあと、つい思ってしまう。
これからの一試合、一試合がとても貴重なものになってくる。
ぜひとも今シーズンはマリノスに優勝してもらいたい。

俊輔とヴィヴィくんが元気の素だ!!ワイワイワイ!!
b0009103_1422887.jpg

[PR]
Commented by みちこ at 2013-10-18 17:04 x
秋めいてきた毎日です。

同潤会アパート、私も東京にはじめて行った時に
友達と、ここよね、とか言いながら前を通ったことを
思い出しました。あの頃と比べると東京も巨大に
なりましたね。
Commented by windowhead at 2013-10-20 11:07
みちこさん、こんにちは、お世話になっています!

そうですね、東京、私にとっては巨大になりすぎて怖いくらい。
でも、ビル群の下にまだまだ幕末の人々の足跡が残っていそうで
だれかに発見してもらいたいと、東京での歴史発見には注目し続けています。
こんど上京した時は、ひさしぶりに代官山行ってみたいと思います。
きっとまだ私が遊んでいた頃の面影がのこっているはずだから。
西郷山公園どうなっているかな?
本、楽しみにしています。
by windowhead | 2013-10-18 14:16 | 日日抄 | Comments(2)