80才のVファーレンデビュー

少し前友人から電話があった。
「母に、あなたが年甲斐もなくVファーレンを応援に行っているよと言ったら、私も行きたいと言うのよ。よかったら一度一緒してくれる?」
「はい、はい、では栃木戦に行きましょう。」
切符はどうする?「方法教えて、自分で取ってみる」
バックスタンドでワイワイ応援したいけど、今回は80歳越えのお母様のことを考えてメインスタンド側にしましょう。

当日(11/3)は朝から生憎の雨、どうも試合開始までに止みそうもない本降り。80歳のお母様には無理かもね、と思っていたけれど約束の時間にお母様を乗せて友人の車が我が家に到着。お母様は以前銀行からもらったというタオルマフラーまで持っている。
スタジアムに到着するとお母様、グッズを買いたいとのこと。オフシャルショップのテントでは残念ながらヴィヴィくんぬいぐるみは売り切れだった。新しいタオルマフラーを購入。

メイン側席を取った時はまず横断幕を見るのが習慣になっている。
なんとなんと、久しぶりに「佐藤由紀彦」の幕があった!
ぐっときます。掲げてくれた人、ありがとう!
試合前の練習を終え引き上げてくる由紀彦選手に向かって思い切って「ユキヒコ〜」って叫んだら、しっかりこちらを確認してくれて拍手で応えてくれた。感激!やっぱり長崎の屋台骨は由紀彦。
b0009103_156534.jpg
栃木のお目当ては、三都主と榎本だったけど、三都主いないや。おそらく翌日行われる三浦 淳寛引退試合参加のため来れなかったのかな。
赤ずくめの達也、相変わらずかっこいい! けどね、誰かに似ているのよその姿が……。そうそうロアッソくんに似てるわ〜。
観戦中のお母様、タオルも回すし、「テレビでは見るけど、実際のゴールはすごいね。それが2つも見られるなんてわくわくするねえ」と奥野選手、佐藤選手のゴールにおおはしゃぎ。
挙げ句の果ては、次にくる時はぜひともあちら側で応援したいと、バックスタンド側のサポーター集団ウルトラスさんたちがいる辺りを示すしまつ。
日焼け覚悟なら、異存なしよ。
試合は2対0でVファーレン長崎の勝利。
前の席にいた可愛い赤ちゃんと女の子を連れた若いご夫婦は、21JUNKIのユニフォーム姿。守護神金山選手のご友人で千葉から応援にかけつけてくださったそうだ。パパさん、サッカー選手のような体型だった。

友人もお母様も、雨が苦にならないほど楽しいひとときだったようだ。
「今日はありがとうね、おかげでサポーターデビューできたわ」これ80ン才のおばあちゃんの言葉。
つぎも一緒にいきましょうね。来シーズンはファンクラブ入りだね。
来シーズン参戦にそなえて足腰鍛えておくそうです。

サッカーのある日常って、いいね。そんな1日だったな。
[PR]
Commented by まひろ at 2013-11-10 16:07 x
初めまして!V.ファーレンで検索したら、こちらに辿り着きました。ご友人のおかあさま、80歳でV.ファーレンデビューされたのですね。うちの母(80歳)もサッカー観戦はおもにテレビだったのですが、この日の試合がV.ファーレンデビューでした。
こちらの記事を母に読んで聞かせたところ、お仲間がいらっしゃることに喜んでおります。
Commented by windowhead at 2013-11-12 00:59
まひろさま、コメントありがとうございます。
お母様、初参戦たのしんでいらっしゃいましたか。
サッカー観戦って、年齢に関係なく楽しめる人には楽しいことですよね。
諫早のスタジアムに行くたびに観戦する人々の数や層が広がっていてうれしいですね。
日常にJリーグがあることの素晴らしさを噛み締めながら、Vファーレンの躍進を最後の最後まで応援しましょうね。
by windowhead | 2013-11-08 01:56 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧