ピンクの新聞にVファーレン

「エル・ゴラッソ」と言っても長崎でピンと来る人は少ない。
サッカーファンにとっては「エルゴラ」という呼び方でなじみの深いピンク色のタブロイド版のサッカー専門新聞「エル・ゴラッソ」は長崎では宅配もスタンド売りもない。どうも長崎だけではなく九州では取り扱っていないよう。

俊輔サポ仲間のTさんから時々送られてくる「エルゴラ」
俊輔とマリノスが大きく取り上げられているとTさんの好意で少し遅れて我が家にエルゴラが届く。
14日のJリーグアウォーズの特集が送られてきた。
ご存知の通り今シーズンのMVPが中村俊輔だったから。
そして、エルゴラが独自に選ぶMVPも中村俊輔だった。
独自性の高いエルゴラでも俊輔がMVP。やはり、今シーズンは中村俊輔。昨シーズンの佐藤寿人といい今シーズンの中村俊輔といい、だれも意義を唱えようがない完璧なMVP!おめでとう!

エルゴラさんは、J2も選んであった。
その中になんとなんとなんと、Vファーレンがいろいろでてくるではないですか!
さすがにMVPやMIPはないけれど、3つの賞を受賞しているVファーレン長崎関係。
監督賞=高木琢也監督、
マスコット賞=ヴィヴィくん
チームワーク賞=ヴィファーレン長崎
b0009103_16257.jpg

これ、すごいことなんじゃないのかな。
でもこのすごい事実を知っている長崎のVファーレンファンって少ないはず。
早速、ヴィヴィくんサポお仲間(勝手に入れてもらった)さんに報告!
このことを多くの人に知ってほしい(おおげさ!舞い上がりすぎ)から記念すべきエルゴラはヴィヴィくんサポで「ヴィヴィくんおりがみ」作者さんのいる喫茶店の雑誌棚に殿堂入りをお願いした。

ちょっと驚いたといえば、昨日こんなことが
仕事場のある浜の町で、話題の人に出会いました。
「ドンキホーテ」の前で無防備にたたずむ大男。なにやら人待ち風情。
私たちスタジアムでどれほどたくさんこの男の名前を叫んだだろうね。Vファーレンサポーターが一番多く叫んだのは「シュート」か「ジュンキ」のはず。
ちょっといたずら心が動いたので声かけてみました。
「札幌に行っちゃうんですね、残念だなあ」
まさか黒服のおばさんに声かけられると思っていなかっただろう大男は驚きながらも人の良さそうな顔で「あ、はい、そうなんです。すみません」なんて、本当に申し訳なさそうに謝るものだから、こちらも恐縮しちゃって「頑張ってくださいね。いっそのこと札幌からJ1のビッグクラブに行ってね。活躍してくださいね。」と応援してしまった。
うちとの対戦の時は活躍してもらっちゃ困ります。札幌よりさきにJ1に上がらなきゃこの大男を取られた悔しさは癒えないよね。
長崎のサポが大好きだった金山 隼樹選手。
Vファーレン長崎が育てて花開かせた最初の選手と言ってもいいのかな。「うちの子」取られちゃったサポの気持ちは複雑だけど、怒れないしなあ。ホームに札幌を迎えた時は、愛情をまぶした最大級のブーイングで御出迎えです。
これからも選手たちは変わって行ってもマスコットだけは長崎にいてくれる。
ヴィヴィくん、あざとかわいいに磨きをかけて、いつまでも。
b0009103_4432173.jpg

[PR]
Commented by PU at 2013-12-19 11:05 x
はやくJ1へおいでよぉ~~
待ってるよぉ~~

Commented by windowhead at 2013-12-19 23:20
PU さん、コメントありがとうございます。
いきたいよ〜〜〜。
ヴィヴィくんをJ1デビューさせたいよ〜〜〜〜
来シーズンはじまるのがたのしみです。
by windowhead | 2013-12-19 04:37 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧