最優秀新人賞はヴィヴィく〜〜ん

12月30日は J's Goal主催「第2回Jリーグマスコット大賞」の発表日だった。

b0009103_1865771.jpg


わがヴィヴィくんは「最優秀新人賞」に輝いた。
おめで
とう!
十分な活躍です。
J1のみなさんには、まだお目にかかっていないマスコットでありながら、堂々の新人賞。
おそらく今シーズン、シーズンとおして話題になったマスコットのひとりだもの。
可愛さだけで(とは語弊があるが、ヴィヴィくんの持ち味は可愛さのバリエーション)上り詰めたなんて、アイドルさんみたいじゃないですか。
そのかわいさが自然体なのか、計算されたものなのか見分けがつかないくらい、見分けるまでもなく可愛いから許す!と云ってしまうかわいさに「あざとかわいい」という言葉まで出てきたくらい(エルゴラさんの新人賞より)

先日浜の町にサンタ姿のヴィヴィくん登場。
お仕事で商店街のイベントに参加していた模様。
イベント終了後、ファンのみなさんから頂いたプレゼントをアテンドのお兄さんに持ってもらって、楽しそうに商店街をスキップして行くのです。

b0009103_1885496.jpgいやいや、ここは某Dズニーランド?
商店街のプロムナードは、ヴィヴィくんのステージ!
スキップしながらお兄さんにまとわりついたり、通りの人に愛嬌振りまく姿はミュージカル見ているみたい。
さらに魅力の幅を広げたみたい。
そして街を歩く人たちも、春ぐらいまでは「あれ何?ヴィファーレンのゆるキャラなの?」という反応だったが、今ではだれもが「あれはヴィヴィくんだよ、ヴィヴィくんがいるよ」と名前を呼んでいる。
1年間、ほんとうによくがんばったね!
個人的にも、私を楽しませてくれてありがとう!
ヴィヴィくんのおかげで、新しい交流も生まれたからね。
来シーズンは、新人賞をフルに活かして写真集やカレンダーも出してもらいましょうね。
Vファーレン長崎に、ヴィヴィくん特需が訪れますように。

それはそうと、マスコット大賞ですごく気になることが1つ。
「東京ドロンパ」はなぜいずれの候補や賞に上がらないのかしら?
そのクオリティーやパフォーマンス力、企画力を見ても
Jリーグマスコットの頂点は「東京ドロンパ」だと思う。
すでに殿堂入りしているのかしらん。
ドロンパの登場で、マスコットの質が変わったと思う。
それまでは存在すればよいというか、まあ内輪でうけるようなちょっとした技があればよかったが、ドロンパはそれを一蹴した。
ローラースケート、一輪車、竹馬からEXILEのダンスまでこなす。
グリーティングの仕方もまるでミッキーみたいな表現力。
ただものじゃない。
こんなに素晴らしいマスコットが無冠でいいのかなあ。

ドロンパのグリーティングやパフォーマンスをU-Tubeで見ると、Jリーグマスコットとゆるキャラの違いがなんとなく分かると思う。

ヴィヴィくんも、東京ドロンパ先輩を見習ってオリジナリティをきわめてね。

あ、そういえば、Vファーレンでヴィヴィくんに一番近い年齢だったこうのしゅうとくんが、ドロンパのお家に帰ってしまいました。
しゅうとくんの、メッセージがとてもすてきでした。
Vファーレン長崎のすべての関係者、ファン、サポ、長崎の人々に感謝の言葉をのべ、さらにチームメイトには格別の感謝を述べています。この挨拶で、Vファーレン長崎のチームワークが本物だったとことが証明されました。ウルっときちゃいました。
来シーズン、しゅーとくんがドロンパとハイタッチしてシャーの3連発が出来ることを祈りましょう。
しゅーとくんは、浜の町でよく見かける選手でした。
私服がおしゃれ。都会っこって感じで可愛かったなあ。

イケイケガンガンの33番やまだくんもサインしてくれたよう。
一安心で、お正月を迎えます。
[PR]
by windowhead | 2013-12-31 18:12 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧