湘南の勢いに出ばなを挫かれたみたいなホーム敗戦

b0009103_22421971.jpg

ホームで3−0で負けたのは初めてかも。
昨年のガンバ戦でも3−1だもんなあ。
湘南はそれほど怖い相手とは思ってなかったんだけど、なぜなんだろ?

諫早駅で一緒になった湘南サポーターさんとスタジアムに行く途中
「今年も山口選手を貸していただいてありがとうね」
「いやあ、契約上、今日出場させられなくて、すみませんねえ」
「大竹はまだまだ時間かかる?」「そうね、5月頃かな?うちにはほかにもいきのいい選手がたくさんいますから、楽しみですよ〜」「あの〜昨年のGK今年はなぜいないの?」「実はブラジルの所属チームが吹っかけてきて〜〜」などと、楽しい探り合いしながら到着。

試合前のウォーミングアップ、ヴィヴィッドな青の練習着姿の湘南チームがピッチに飛び出してきた。
まさに飛び出してきたというような若い勢いにちょっとたじろいたわ。
昨シーズンJ1の湘南にこんな勢いは感じなかったが、このチームは思ったより推進力があるかもしれない。
この時点から、もしかしたら長崎チームもサポもちょっと受け身になったのかも。
得点差ほど力の差がある相手ではなかったという感じは試合が終わっても変わらない。だからよけいに悔しい。
審判員にもちょっと疑問感じました。ゲームのコントロールもイマイチだし、ホームでありながらストレス感じるジャッジが多かったと思う。


今朝の長崎新聞に監督、選手たちのコメントが出ていた。
「そうだよね」と思ったのは奥埜選手のコメント
「積極的にやればやれない相手ではなかったので悔しい。球際の部分で負けていた。そこで勝って一回攻めた後も拾うことがチーム全体でできれば、攻撃に厚みが出たと思う。」
奥埜選手の悔しさ、とてもよくわかる。
彼は最後まで気持ちでも負けてなかったもの。
奥埜選手のコメントは納得できるとともにそう感じているんだとわかってほっとした。

試合後は、いつも通りグリーティング中のヴィヴィくんに会いに行く。湘南サポさんたちも遠慮がちにヴィヴィくんに写真お願いしていた。気前のいいヴィヴィくんはみなさんの写真に応じていた。
湘南サポさんに好感度を与えたものがもう1つ。
サイドカー付き自転車によるグッズの移動販売。「サポーターショップが来てくれるなんて便利だし、面白い企画ですね」と言ってヴィヴィくんシールなどグッズを買っていた。
この自転車は、昨シーズンヴィヴィくんが乗ってスタジアム一周していたものですね。
おしゃれな移動グッズ販売は、長崎ならではのスタジアム風景かも。
サッカー雑誌なんかで取り上げてもらえるといいね。
b0009103_22433369.jpg

b0009103_22444962.jpg


入場者数が5000人に達しなかった。
さらなる県民へのPRや具体的な集客活動が必要ではないだろうか。
[PR]
Commented by hiro at 2014-03-13 21:32 x
やられましたね、湘南に。やっぱり山口選手の不在は痛かったですね。
気持ちを切り替え松本戦に挑んでほしいですね。

ちなみゲーム終了後は湘南のバス付近にいましたのでwindowheadさんとニアミスだったんですね。
Commented by windowhead at 2014-03-14 01:27 x
hiroさん、コメントありがとうございます。

本当に山口選手が要だということを再確認させられました。
また、あの3バックのメンバーがどのような意図で組まれたかもちょっと知りたいと思いました。

私もヴィヴィくん出待ちでその付近にずっといましたので、すれちがっていたのかもしれません。
それとスーツ姿の高杉選手や山田選手に遭遇しました。彼らのプレーも早く見たいです。
松本は行けませんが、初のアウエー勝利を勝ち取ってきて欲しいです。
by windowhead | 2014-03-10 22:48 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧