見せてくれ、「ひたむきさ」を

「ん〜もう、しろうとだぁ、しろうと観客並みじゃ〜ん」
ほら、サッカー観戦初心者の人はシュートが外れたらそのシュートが弾かれてボールはまだ活きていても「あ〜あ」って緊張を解くでしょ。そんな感じだったわ、ギラバンツ戦の失点は。
ゴールで大喜びした観客も選手も相手のリスタートに気持ちが対応できてなかったのかな。相手の右サイドの選手にボールが渡った時点で、大久保選手と1対1になる!ディフエンンス間に合わない!というのが私でも見えてしまうくらい素人っぽい失点だったと思う。
その前の得点の仕方がとてもいい形だったのに、この失点で陰が薄くなっちゃった。

なんだろう、この手詰まり感。
セットプレー取っても、FK取っても入る気がしない。(キッカーがいないからなあ)
競ってもきちんと競り勝てていないし、ミドルシュート打つなら中途半端な打ち方はしないでよ。
相手が引いて守ってきたら攻撃の形がつくれない。だれか動けよ!
なんか、ボランチが長崎らしくないい…ような。
仕掛けるなら最後まで仕掛けようよ!パスするならもう1呼吸速く!
もう、もう、クロス上げるのへたくそ!

いろいろ言ったけれど、そんなの分かってます。そんなのもひっくるめてVファーレン長崎なんだから、そのチームを丸ごと好きになって応援してるんだからさ。
でもね、なんか最近違うんだよなあ。
なんかね、Jリーグの、J2の普通のチームになっているみたいな…。
昨シーズンより上手な選手たちが加入してチーム力があがったのかもしれない。
でも、その分だけ普通になっているような。
昨シーズンホーム開幕のガンバ戦を思い出してみたりする。
もう、何点取られるか、ぼろぼろだろうなあって、試合見る前から覚悟してたけれど、点取られても取られても長崎の選手は勢いを落とさなかった。そしてついにあのガンバから1点取ってしまった。結果1対3。
このチームの初々しさとひたむきな感じがいいなあ、応援したくなるなあと思わせてくれるチームだったよね昨シーズンのVファーレン長崎。
Vファーレン長崎の魅力はへたくそを乗り越える「明るいひたむきさ」ではなかったのかな。「明るいひたむきさ」が「イケイケ」になっていた。
乗せればゴール前まで行ってしまう山田くん、難しいゴールにかぎって決めてしまう洸一、彩ちゃんのFK、泥臭く汗かきゴールするショウマ!負けず嫌いのガキみたいな奥埜くん…。
自分たちより上のチームばっかりのなかでチャレンジャーだという気持ちで闘っている姿がたくさんの勝ちを引き寄せたんだと思う。

今のチームもいいが、昨シーズン主力だった選手たちはピッチに立てるよう競争に勝って欲しい。
山田くん、ショウマ、スギさま、小笠原くん、井上くん、待っているよ〜。
そして、プレーの行き詰まりを感じたときいつも思うのは「由紀彦がいてくれたら」。

もう一度、「ひたむきさ」を感じさせるチームを見せて欲しいな。
[PR]
Commented by tomoyoshikatsu at 2014-04-06 17:17
1 ー 1 のドローだったんですよね? しかし J2 東京V 横浜FC 何故此処に??と 思うのは……ロートルな証拠でしょうね 21 × 2 = 42試合を H & Aですか?……素人なもんでm(._.)m
Commented by windowhead at 2014-04-06 20:46
そうです1−1のドロー。でも2点落とした感じ。
J2は40試合以上あるので、ワールドカップ時もお休みなしです。ザックジャパンにあまり思い入れがないのでJ2が6月7月日常的にゲームがあるのが喜ばしいのです。あ、横浜FCはもともとその位置でしょう。横浜FマリノスはJ1ですよ、ずーっと。
Commented by hiro at 2014-04-07 21:06 x
windowheadさんの言うとおりですね。
昨シーズンはひたむきさがあり、見ていてワクワクしました。
確かにテクニックは上がったのでしょうが、何かもどかしい・・。
観客数も伸びないし・・。
何か手立てがほしいですね。やっぱり由紀彦選手かな~。
Commented by windowhead at 2014-04-08 01:42
Hiroさんコメントありがとうございます。
やっぱりHiroさんももどかしいですか。
昨シーズンは、へたくそでもFKやシュートが入るような予感がしてその通りになることがあったけれど、今シーズンはそういう予感を感じないです。選手の個性も平均化したみたい。
おばさんファン仲間でも話題は集客です。
サポが集客を心配する、その割に運営側は動いている気配がないというのは変な感じです。
昨シーズンの選手のビラ入れみたいにまだまだ選手が街にでなければいけないんじゃないでしょうか。
ビラ入れじゃなくても、ヴィヴィくんが行くイベントに選手も行くとか。
リフティング技をみせたりコツを教えるだけでもいい。それくらいならあまり負担にならず街中にVファーレンの選手が浸透できるんじゃないでしょうか。これなら由紀彦じゃなくてもいいし、スギ様なんかでてくれると女子枠がっちり増やせるんじゃないですか。
私らおばさんだって、ちょこっとリフティングやってみたいもの!
Commented by hiro at 2014-04-08 20:23 x
コメントに対するコメントありがとうございます。
今季(昨季後半からですが)の試合を観ていて躍動感、スピード感があまり感じられません。個人的にですが山田選手の懸命さに心打たれやサポが多かったと思います。
それとJのチームがある街という雰囲気では無いように感じます。V・ファーレンのスポンサーのCM(例えばエレナ祭のCMに金久保彩選手がでるとか・・)に出たりもっとメディアを利用すべきかと思います。もっともっと浸透してくれたらな~、と思います。
by windowhead | 2014-04-06 13:16 | Vファーレン長崎 | Comments(5)