魂が磨かれる場所から

ブラジルW杯を闘う23人が決まった。
「ああ、決まったんだね、あ、青山、蛍、柿谷、学は予想通りか、あ、豊田残念だったね」
そんな感じで発表を受け止めた。
なんでだろう、南アの時までは、日本代表の試合を見るのは大きな楽しみだったのに、今回はそれほどワクワクした気持ちはない。絶対見たいという選手がいないというのもあるが、それよりも日本代表より大切なチームが身近にできたからだろう。

Twitterでも流れてきたが今度の日本代表はJ2を経験した選手が多い。23人中12人がJ2でプレーした経験を持つというのは、これまでの日本代表にはなかった特徴だ。柿谷や斉藤はJ2でその才能や人柄に磨きがかかって飛躍的な成長を遂げた選手といっても過言ではない。

「J2は魂が磨かれる場所」という名言がある。
我がチームのキャプテン佐藤由紀彦選手が、過去にヒーローインタビューで発した言葉だ。
この言葉で彼はJ2に落ちた柏の選手たちを叱咤激励し1年でJ1復帰に導いた。その後、この言葉はJ2チームの道を照らす光になり、背すじを正す力になっている。
J1と比較にならない厳しい環境で中断期もない長いシーズンを闘わなければいけないJ2は個人の技術の高さだけでは勝てない。チームとしてのまとまりと闘う気持ちを保ち続けなければ昇格を勝ち取れない。J1から来た選手には自分のプライドとの戦いもある。
若くしてそのような場を踏んできた選手が多いというのは、これまでと違った意味での期待が沸く。海外組などというメディアに作られたスターではなく、見る者の魂を振るわすプレーを見せる選手がでてくるかもしれない。

W杯期間をふくめた約2ヶ月、J1はお休みに入るが、幸か不幸かJ2は試合が続く。私にとって日本代表より大切なチーム「Vファーレン長崎」はJ2に所属している。現在なかなか勝てないでいる。深刻な課題でW杯観戦どころではない状態だと思う。そんなチームを支えるにはスタジアムに行って応援するしかない。ファンサポーターも日本代表どころではない。それでもチームで課題を克服してくれると信じている。
そして、次かその次のW杯のときVファーレン長崎の選手が日本代表候補になってくれることを期待する。そのときは純粋に選考発表のワクワクドキドキを楽しみたいと思う。



b0009103_3551315.jpg

稲佐外国人墓地のメタセコイア。メタセコイアは上を目指してまっすぐに伸びる。

[PR]
by windowhead | 2014-05-13 04:01 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧