オランダ、スペイン戦は衝撃だった

あーやっぱりW杯始まるとブログ書く時間もなくなるなあ。
4年間ずっとザッケローニに共感できなかったので日本代表に思い入れができない。
だからW杯もそれほど熱心に見ることもないと思っていた。
ところが毎日時間がないほどだわ。
その訳は、スペインVSオランダ戦を見てしまったから。
ブラジル/クロアチア戦、スペイン/オランダ戦、コロンビア/ギリシャ戦、日本/コートジュボアール、イングランド/イタリア戦、アルゼンチン/ボスニア・ヘルツェゴビナ戦、ドイツ/ポルトガル戦、ロシア/韓国そしてブラジル/メキシコ戦か、録画中心とはいえよくもまあこれだけ見たこと。
それもこれもスペイン/オランダ戦の衝撃が大きかったからだろうなあ。
最後はヘロヘロになってパスもつなげないスペインを見るとはおもわなかった。
終始オランダの迫力とスピードはすごかったわ。あの大きな身体で厳しいプレスを仕掛けてくる。ボールを持っていない選手たちのバトルも激しい。身体の当て方も半端ない。スペイン風のサッカーはめいっぱい研究されているなあ。身体が大きいってやっぱり脅威だと思い知らされた感じ。
日本代表は、最終的に身体的に優位な選手を切り捨てた。パワープレーができる栗原や中澤,闘莉王や豊田や川又を選ばなかった。パワーよりもアジリティを選択した。それがとても不安になるほどスペインの負けは強烈だった。

そういえば少し前、中村俊輔選手が自己のモバイルサイトで中断期の挑戦として胆嚢炎の手術、高地トレーニング、筋肉を大きくすることをあげていた。どちらかというとしなやかさを大事にしてきた俊輔選手が筋肉を大きくしようとしている。高い技術力とクレバーなサッカー脳で相手をいなすプレーが俊輔の真骨頂だったが、その彼がパワーを求めている。スペインサッカーが大好きな彼だが、スペインが研究され尽くしサッカーの主流がかわりつつあるのに対応する準備かな。

この前のVファ−レン長崎と山形の試合でボールを受けるために走るディエゴ選手に走りながらがつんと身体をあてる高杉選手をみて、おおオランダみたい!と思ったり、激しくあたるけれどファウルにならないのは技術力なんだなあと感心したり。高杉選手にものすごく興味が沸いてきた。

オーストラリア、オランダと引き分けたと思ったらやっぱりオランダ、勢いは本物だ。優勝候補なのかもしれない。次はスペインとチリ戦だが、録画準備。スペインがどう修正してくるか。
[PR]
Commented by pupunnta at 2014-06-19 12:08 x
ほほう、なるほど・・・
風さんはそう思われますか??

おひさしぶりです。
(いつもお邪魔はしているんですが、お声をかけるのは久しぶりかも・・・)

うん、なぜ『レッジーナぶり』に筋肉をつけようとしているのかなあと思っておりましたよ。
相変わらず、風さんともちょっと違うへんなとこ見てW杯楽しんでます。ガーナとUSAの『髪形対決』とかね?!
Commented by windowhead at 2014-06-20 00:22 x
pupunntaさんコメントありがとうございます。

これまでのW杯は日本代表に気をもんでいましたが、今回からは世界のサッカーが楽しめています。
いつも見られない中米サッカー、好きです。
俊輔くんは、スペインサッカーが好きですが、リアルを見ていると思います。今のマリノスではスペインサッカーできませんからね。
W杯後の彼の分析を楽しみにしています。
自らさらに前線の仕事をする気かなと、いい年してそれもいいじゃん。
Commented by nnn at 2014-06-23 03:12 x
日本って変わりませんね
遠藤が自伝本みたいなので2006代表では海外組メインで出番がなく自分や他の選手はふてくされて腐ってたって言ってたけど、もしかして今回またそういうのがいたりしてw
中田が言ってたとおり本田はコミュもしっかりとってやってるけど相変わらずマスゴミが対立を煽りそれを真に受けた馬鹿が洗脳され騒ぐ。日本サッカーが進歩してるとしてもサポの民度が低すぎますよね~ww
イタリアとドイツに住んでましたけどやっぱり向こうのサポ達は全然違うなと思いました。所詮日本のサポはサポごっこにすぎないなと感じました。歴史が違うから仕方ないとは思いますけど日本のサポはマスゴミに面白いように踊らされて見てて面白いw
と、まあ日本はお笑い枠でしか興味ないのでいいんですがオランダ強いですね~。あと予選から注目してたコスタリカが実力を150%発揮してダークホースになってるのが嬉しく思いますw
あの限界突破が続くとは思いませんが頑張ってほしいです。
今大会は日本以外熱い試合が多くて面白い!
by windowhead | 2014-06-19 02:34 | フットボール周辺 | Comments(3)