ワールドカップはここからよっ!

残念ながら日本代表はグループリーグ敗退に終わった。
ご多分に漏れず、スポーツ新聞各紙トップで日本代表の不甲斐ない闘いぶりを激しく批判。
始まる前までは、これまでの代表で最強!と持ち上げていたのに手のひら返すような節操のなさ。
毎度のことなので、別に驚くこともない。ましてスポーツ新聞だもの。大げさに煽るのが彼らの使命だしお仕事。
批判が酷すぎるという人は同じ新聞が代表を持ち上げていた時、お世辞がひどすぎると思ったかしら?スポーツ新聞は勝っても負けても同じことやってるのよ。

監督も選手もプロ。結果をだせなかったら批判されたり更迭されるのは当たり前と思っているはず。それは私たちの日常でもそう。仕事で失敗したら叱られるし、減給や失業だってありうる。同じことなのに「彼らは頑張ったのに批判するのはおかしい」という人が多いのに驚いている。
結果を出せなかったチームの中心選手が強く批判されるのも当然のこと。これまでの代表の中心選手たちはもっと酷いバッシングや行為を受けているが、それから逃げることなくきちんと傷つき、次のステップの糧にして成長してきている。その経験が本物のメンタルの強さを育むのだ。
頑張った過程も評価しましょうというのは、子供やアマチュアであってプロ選手への賛辞にはならない。そんなこと言われたらきっと選手は落胆するだろう。本田選手なら自分のプロ意識を傷つけられたと思うはず。
贔屓の大切な選手のがんばりを評価したいという気持ちはファンならだれにでもある。それはファンその人が心の中でそう讃えればいいこと。またはファン同士で確認し合えばいいこと。それを他人に押し付けてはいけないよね。
タイムラインに流れてくる“批判するメディアは人でなし”的な流れがちょっと気になった。マスコミ・メディアの記事の質や信憑性を糾弾するのならわかるが、批判するなというのは、子供っぽすぎないかなあ。メディアの存在意義を否定することになるもの。

今日のタイムラインを見ていると、なんだかワールドカップは終わってしまったような雰囲気になっているので、つい偉そうなことを言ってしまったが、ワールドカップはまだまだ続いているし、これからが面白い。
勝ち抜けてきたチームがどんなサッカーを見せてくれるのか、最後に勝ち上がるのはどこの国か?きっと日本代表で闘った選手たちも何かの方法で見るんじゃないかな。
個人的にオランダ代表が気になっている。かなりいいところまで行きそうだけど、これにメキシコが勝って番狂わせなんて楽しみも密かに期待している。

いや、その前にJ2の試合がある。
何としたことかわが町のチームの対戦相手カターレ富山がマリノスと練習試合してるのだ!マリノス、なんてことをしてくれる!怒るよ、もう。
[PR]
by windowhead | 2014-06-27 02:55 | フットボール周辺 | Comments(0)