チリはバルサより魅力的だった

ブラジルVSチリ戦の楽しいこと!
始まったとたん眠気も吹っ飛ぶ面白さ。
とにかくチリがすごい、エキサイティング。
スピードといい、身体を張った守備といい、コンタクトの激しさといい、流れるような連携といい、すべてがワクワクするチームだった。
PK戦までもつれ込んだが、ブラジルが開催国でなかったらチリが勝ってたんじゃないかなあ。
「このチリ代表はバルサより魅力的だわ!」

日本代表は本来チリのようでなければいけなかったんだろうね。
ブラジルをリスペクトしながらも怯むことない精神力。気持ちの強さやぶれない姿勢って、本当はチリのチームのようなことを言うんだろうな。
ブラジルやチリくらいの確固たるサッカースタイルを完成させてから「自分たちのサッカー」がやれたのやれなかったのって言えるんだと思ったし、攻撃的サッカーってこれなんですよ、この身体を張ったぶつかり合いが、今度の日本代表にできたかっていうと甚だ疑問。チリやブラジルに比べたら日本代表は根拠のない自信に酔っていた過保護っ子という感じ。
とにかく、寄せの速さと激しさ、献身的な守備、最初から最後まで走りきる気力とスタミナ、負けない精神力のぶつかり合いはこのW杯で最高のゲームだった。

このゲームにやたら感動しているかもしれないが、それにはちょっとした訳がある。
この日、J2Vファーレン長崎がアウエーで最下位の富山に負けた試合をTV観戦していた。
激しい雨の中だが、Vファーレンのプレーが終始中途半端に見えて仕方がなかった。
闘っているんだけど、本当にすべてを出し切っているかというとそんな感じがしない。寄せが甘いし、遅い。どこか自信がなくて臆病になっている感じがする。日本代表みたいだった。
たしかに富山は所々事情もあって勝たなくてはいけないという気迫もあった。それ以上に試合日の2日前、キャンプ中の横浜Fマリノスと練習試合をしているのは大きなアドバンテージだったと思う。
でも昨シーズンのVファーレンは相手がガンバであろうが最下位チームであろうが、目一杯走って、目一杯守って、挑んで行くようなサッカーをしていたと思う。まるで昨日のチリのような勢いだった。
だからこそ、このチームに惹かれたんだもの。
今のチームは少しうまくなった分だけ、失敗を恐れる臆病さが出てきているんじゃないかな。きれいに上手になんて色気が出ちゃって判断が遅れてんじゃないかな。
お願いだから、へたっぴでもいいから、挑んで行くようなサッカーしてくれないかな。
どんな相手でも「リスペクトするけど、勝つ!」という気持ちをもう一度取り戻して欲しい。新参者のイケイケサッカーをもう一度見せて欲しい。

「like Chile!」
[PR]
by windowhead | 2014-06-30 03:44 | フットボール周辺 | Comments(0)