「週刊サッカーダイジェスト」の後退に感じたこと

週刊サッカーダイジェストが週刊から隔週刊になるらしい。
少し前「週刊サッカーマガジン」が休刊になったのに驚いたが、ついに毎週発売されるサッカー雑誌がなくなった。
あとは週3回発行の新聞「エルゴラッソ」があるが、雑誌とはちょっと違うし。
サッカーダイジェストの隔週刊への後退は、やっぱり経営難からなのかしら、書けるライターや記者たちが少なくなったからなのか、


たしかに私もサッカー雑誌を買わなくなった。
今定期的に購入するのは、「サッカー批評」(最近は分裂して「サッカー批評」と「フットボール批評」に分かれたので、どちらを買うかはその時のライターと内容によるけれど)と「月刊J2マガジン」のみ。その他の雑誌は立ち読みでパラパラめくり、中村俊輔のインタビューなどがあれば買うというスタンス。

「J2マガジン」は応援しているVファーレン長崎の情報が必ず掲載されているから。
「……批評」は、日本のサッカー界全体を見渡せるから
では、俊輔の所属する横浜Fマリノスの情報は…と言われると、残念ながらそれを得る雑誌がない。
「週刊サッカーダイジェスト」がその位置のはずだが、この雑誌はどちらかというと日本代表と代表選手のほうに重きを置いている感がある。そのため日本のトップリーグであるJ1の各チームの情報がJ2よりも少ないという不思議な現象になっている。この1年「ダイジェスト」に何度マリノスの選手なりチームの特集があっただろうか。中澤選手のコラムや俊輔選手という特別のコンテンツがあるマリノスはまだいいが、中位以下の他のチームはどれほど取り上げられただろう。表紙だってしかり、代表選手が優先だもの。
代表に足を置いているので、ライターの書き方もJリーグに対してどちらかというと上から目線が否めない。応援しているチームや選手達を代表選手に比べて…、海外に比べて…というような見方で書かれても、その記事を読みたくならない。闇雲に誉めろとは言わないが、せめてプレーヤーにたいしてのリスペクトくらいは感じさせる書き方をして欲しいと何度思ったことか。
雑誌側としては、Jリーグよりライトな代表ファンを購買層に取り込もうというスタンスだったのかもしれないが、ライトな代表ファンはサッカー雑誌のサッカー記事など読まない。イケメンランニングを載せる「サッカーi」のような雑誌もすでにある。
本当に日本のサッカーの情報が欲しいのはJリーグの各チームを応援するサポーターやファン達だと思う。自分のチームが他のチームと比較してどうなのか、自分たちのチームが批評家やライターからどう思われているのか、チーム内のエピソードなど、知りたいことがたくさんあるはず。
「J2マガジン」はそのようなサポーター・ファンの思いをうまくくみ上げた作りになっていると思うし、いろいろな選手の顔が見えて楽しい。
いっそサッカーダイジェストも「J2マガジン」のような編集でJ1に特化した雑誌になってくれないものかなあ。
J1各チームの情報が同じウエイトで毎回きちんと掲載される情報誌がのどから手が出るほど欲しいのだ。W杯があってJの記事が減った今シーズンは特にそう感じた。
今の日本代表戦はお祭り騒ぎでしかない。「いまそこにあるサッカーを愛せよ」というロック総統の言葉のように自分たちの身近なチームを応援し、毎試合足を運ぶサポやファンが毎回心待ちにするような情報発信するというスタンスが大手メディアや出版にも欲しいと思っている。
[PR]
Commented by pupunta at 2014-12-25 22:41 x
メリークリスマス

来季からJ1は2季制ですよね。
ナンたらカンたら難しい優勝決定方式が導入されて。
収入の増加目的らしいですが…
サポ、やらファンやらは、どうなろうとチームの観戦にでてくるから、そんなのはほっぽっといて、スポンサー様の気を引こうっていう御算段だそうです。そうでしたね?村井さん??
Jのライト層を増やそうというんならば、もっとJの一般人への日常的露出を多くする算段をしたほうがいいんじゃないですかね?!
そのためには、雑誌が減ること、番組が減ることにはもっと危機感を協会は感じるべきですよね。
ビッグクラブを作る前に、Jを大きくすることを考えたほうがいいんじゃないですか。今一般人は”J”の存在を知りませんよ。代表はナンとか知っていてもね。
だって、そういう記事しか目にしないんだもの。一般の新聞や、一般のTVでは。
ねえ!!

シュンサンは、お正月のTVで来年も頑張るようですすね♪

Commented by windowhead at 2014-12-26 10:52
PUPUさん、コメントありがとうございます。
なし崩しの2ステージって感じですよね。村井さんさんの発言をチェックしていますが、彼にはビッククラブしかないような感じ。地方のクラブの現実を聞く耳持たずその声を、自分の理想でねじ曲げて押し込めて行きます。それを批判できるサッカー記者や評論家もいない。残念な現実ですね。
俊輔恒例のお正月FKは一般の人にJリーグに興味を持ってもらう良いコンテンツです。これはまたシュンサンでなければだめなんですよね。天皇杯もないお正月のたったひとつの楽しみになりそうですわ〜〜〜
Commented by takataka3816 at 2014-12-27 20:51
J1の有力チームサポ以外にとっては毎週の試合結果がちょろっと書かれてるだけで買う価値はありませんからねぇ。
JsGoalのプレビュー&レポートの方がはるかに読み応えがあります。
J2マガジンは自分の好きなチームが取材されてる時は買います。読み応えもありますね。
Commented by windowhead at 2014-12-27 21:58
takataka3816 さん、コメントありがとうございます。
JsGoalのプレビュー&レポートは使えますね。一番の良さは早さとボリューム。試合後、その日のうちに監督や選手の感想が読めるのはすごいこと。それを考えると紙媒体の時代ではないのかもしれませんね。J2マガジンのよさは同じ形式同じ質問が全クラブに向かってなされているところ。比較する面白さがありますね。
by windowhead | 2014-12-24 14:24 | フットボール周辺 | Comments(4)