あちこちで始動

Vファーレン長崎も横浜Fマリノスも沖縄キャンプ中。
マリノスの「比嘉さん」は沖縄では有名人らしく、サインを求める人数が俊輔より多かったとか。そんなシーンを一番喜んでいるのは比嘉さんをお気に入りの俊輔だろうなあ。

今日飛び込んできた感慨深いニュースは「リケルメの引退」
10番の似合う名選手の一人。俊輔くんも彼のプレーが好きでリスペクトしていたっけ。
リケルメと俊輔は同い年で生年月日が全く同じ、二人とも1978年6月24日生まれ。そしてメッシも9歳年下の6月24日生まれ。10番が似合う3人が6月24日生まれというのも奇遇なことだな。俊輔君はリケルメの引退をどんな気持ちで受け止めているだろうか。「健康第一、自分で限界を作らない」というのが今シーズンのテーマとTV番組で書いていたっけ。怪我がありませんように、病気がありませんようにと願うのが中村俊輔ファンの一番の願い。
驚いたのはあの幸野志有人選手もtwitterでリケルメ引退を惜しんでいた。「小さい頃から一番好きな選手!」とつぶやいていた。そうなんだ、長崎にいたころのしゅーとくん、時々あっというような技術をみせていたなあ。彼がリケルメが好きだということを知っていたらもっと違った見方ができてもっとしゅーとくんのプレーを楽しめたのになあ。ちょっと悔しい。これからFC東京でスタメンとるはず。ドロンパ以外にFC東京を見る楽しみが増えた。

そうそう、長野パルセイロに移籍した山田晃平選手の背番号が決まったようだ。なんと彼、33番を着けることになった。昨シーズン半ばパルセイロに行ったときは23番だったけれど完全移籍で長崎で背負っていた33番を背負ってくれるなんて、すごくうれしい。Vファーレンホームページで紹介された彼の移籍の挨拶の中で「長崎でのサポーター・ファンは、僕の財産です」と言っていた。33番を背負うことはこの言葉が彼の真意であることを証明しているし、彼本当に長崎のファン達が好きだったんだなあ。
こうへい君もしゅーと君もキャピキャピしたような賑やかな選手だったけれど、まごころとサッカー愛は半端ない素晴らしい男たちだったと改めて実感している。さらにパルセイロには金久保くんがいる彼は14番を背負うらしい。彼の持っているチャンス運はきっとパルセイロでも発揮されるはず。J3も楽しみ!!

さあさあお気に入りの選手達が動き始めた。
私も始動!新しいことにチャレンジ!
[PR]
Commented at 2015-02-06 21:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by windowhead at 2015-02-08 21:50
nyanlove0218さんコメントありがとうございます。
昨シーズンの山田選手の背番号は26でしたっけ。私の思い違いでしたか。ご指摘ありがとうございます。
長野の方の情報では、今シーズンの33番については山田選手たっての希望のようです。長野ではこれまで31以上の番号は選手の希望があっても使用されなかったとのこと。彼の特別の思いがチームに受け入れられたんじゃないかとのことでした
by windowhead | 2015-01-27 10:03 | 10-25shun | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧