2015シーズン開幕戦のあれこれ

b0009103_2349641.jpg


今シーズンからゴール裏組だが、さすがにこの歳では終始飛び続け歌い続けるコアグループは無理。ゴール裏も端っこのほうを定位置に。その分だけチャントや応援の声は張り上げます。久々にお腹のそこから声を出して歌うのが気持ちいい。詩吟のお稽古よりずっと声が出るわ〜〜。
クラブ創設10周年記念の開幕戦での紙吹雪は、ウルトラさんのユースト放送で聞いていたので、500万円くらい準備。(お金じゃないよ万札大の新聞紙で500万円ってこと)見渡せば付近のみなさんも札束もって準備している。
紙吹雪撒く時ときのみんなの顔がこの日一番楽しそうだったなあ。
その後のお掃除は覚悟の上だったが、撒いた人たちがそれぞれに自分の周辺を片付けていたので、最後に残って拾い集めるのはA席側に飛び込んだ札を回収する作業くらいだった。

紙吹雪に13基の花輪,大旗の数もまた増えて賑やかなゴール裏だったが、試合のほうはホーム開幕なのに0対1でジェフ千葉に負けてしまった。
開幕前に札幌とのTMだけしか見ていないので、こんどのチームのベースがどんなものかわからないが、クラブや監督の発言では昨シーズンよりも力のある選手が集まっているとのこと。まあ昨シーズンも初年度より質の高い選手を取ったと言っていたっけ。その発言を信じれば一番力不足ということになるJ初参加の時の選手達が一番結果を出していることになる。個々人の力は別として、3シーズンの開幕戦だけを見ても初年のチームが一番「野生的な勢い」があったのは確かだ。
42試合の中の最初の1試合負けただけじゃないかと言われるかもしれないが、昨シーズンホームで負け続けられる体験があるので、仕切り直しのホーム開幕戦には何が何でも勝って今シーズンは違うぞという勢いが欲しかった。そう思わせる試合をして欲しかった。

前日J1が開幕し、マリノスも初戦完敗した。中心の中村俊輔が足首の手術で開幕に間に合わず、期待のFWも怪我人ばかりというチーム状況で挑んだ開幕戦だったので致し方ないという見方もあるだろうが、それでもサポーターの人がこんなことをつぶやいていた。「いつの試合も試合が終わった時ユニフォームが一番汚れているのは36歳の俊輔だった。今回彼がいなかった。そんな中でいつもの俊輔ほどユニフォームが汚れていた選手がいただろうか」と。
チームの中心であり技術力が高い中村俊輔は当然のごとくJリーグで最も多くファウルを受けているというデーターがある。その彼が怯むことなく1試合に何度もスライディングしてボールを奪い返す。チームの中心である責任と自負からだろう。
この言葉を長崎の選手達にも言いたい。ゴール前で身体を投げ出してでも相手を止める気迫があったのか、突き飛ばされても、転んでもボールを渡さないとあがいただろうか。一昨日の長崎の黒木選手にはそんな覚悟が感じられた。梶川選手や木村選手には点を取るぞという意気込みが垣間見えた。でも全体として今ひとつ必死さのようなものが見えにくいチームだった。
まあ新しい選手にしてみれば初めての長崎での試合だし、戸惑うことも多かったのかもしれない。きっと次のホーム戦の時はワクワクする試合を見せてくれるだろう。期待してるね。


話はちょっと変わるんだけど……言っていいかな????困るかな??
あのね、大久保択生選手、
私やSさんは彼のことをご近所のおばさん気分で応援しているんだけど、おばさんたちがとっても気になっていることがあるんですよ。
開幕日にSさんが「択生くんて結婚してたんだね」って突然聞いてきたのね。「え〜っ、初耳、なんで?」と聞くと、Sさん曰く「サッカーダイジェスト版の選手名鑑のプロフィールに「既婚」と書かれているとのこと。私は大きいサイズもポケット版もエルゴラッソの選手名鑑を買っている。エルゴラ版は2冊とも「未婚」になっている。ちなみに昨シーズンはダイジェスト版でもエルゴラ版でも「未婚」。記事のミスかしら? もし「既婚」が正しければシーズンオフに変わったのかな?
おばさんたちには、どちらでもたいした影響はなく「応援してあげたいご近所の男の子」的存在なんだけど、もし、もし、シーズンオフに「既婚」になったのなら「おめでとう」ぐらいは言わせてよ、みずくさいぞ!なのね。もし記事のミスなら「択生君、災難だったね」というしかないか。

どっちなんだろうね。…ああ、おばさん的野次馬根性、ごめんなさい。もし変わったのならおばさんたちお祝い贈るからね。


b0009103_2274899.jpg

今日浜町で素敵なことに出会った。
好文堂書店の入り口のボードにフォトブック「ヴィヴィくんと」の紹介PRが貼られていた。
おそらく女性の書店員さんが書かれたものだろう。可愛くって素敵で足が止まってしまった。
なんだかとっても嬉しくなって、また1冊買ってしまった。このまま行くと我が家には「ヴィヴィくんと」が何冊も平積み状態になりそう。先日ヴィヴィくんからサインしてもらった1冊はいつもお世話になっている人に贈ることにします。他クラブサポさんだけど、絶対に喜んでくれるはず。
[PR]
by windowhead | 2015-03-11 02:04 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧