理不尽なお電話いただいちゃった

ほんとにこれでいいのかな、

6月12日19時からココサテで開催予定だった『V・ナイトミーティングaboutグッズ&ココサテ』
12日中止の連絡電話が10日午後7時過ぎに入った。
理由は参加者が少ないためとのこと。
連絡を入れたスタッフによると、多くの人の意見が聞きたい。そのためにはやはり土日でないとだめのようだ。改めてしかるべき土日に必ず開催するので、今回は取り止めにする。とのことだ。
参加申し込みした人は何人いたのか聞いたら、一桁ではあったが数人いらしたようだ。

ふーん、そうなのか。それでいいのか。
一桁の人数だったら開催する価値がない、GMや事業部長が出席するのはもったいないと言われているわけで、それって失礼じゃないのかしら。
すくなくとも開催申し込み時には、規定人数に足りなければ当日参加もOKとはあったが、取り止めにすることもあるとは、書かれていなかった。先ほど確認したが間違いない。それにこのミーティングはファンサポーターが要求したものでなく、Vファーレン側が募集してきたものだ。募集して〇人ならまだしも一人でも参加申し込みがあったら開催するのが主催者の責任のはずだよね。
私も申し込んだからには遅れないようにと、その週の仕事の時間を調整したし、せっかくのチャンスなので、きちんとした提案をしたいと思い、J1他チームのグッズ状況も調べたし、集客やファン層を増やすための土壌作りとなる提案も考えた。「パワーポイント」でプレゼン資料も作っていたのになあ。
知り合いのサポさんはアルバイトの休日を変更してもらったと聞いている。
スタッフさんは、取り止めではなく必ず再度開催しますのでと言われるが、その日を私たちが出席できる日に合わせてくれるわけではないので、次に出席できるかどうかはわからないわけだ。
体よく切り捨てられちゃったねって感じ。
クラブとしては大人数が集まり盛況で実りある時間だったというニュースリリースが出したかったのだろうから少人数ではニュースとしての効果がないと踏んだのだろう。
数人のファンやサポーターとじっくり意見交換するという太っ腹は持ち合わせていらっしゃらないわけだ。
GMや事業部長は忙しい方達かもしれない。しかしファンサポーターだって暇人ではない。どちらの時間も平等のはず。その考え方とっていただかないと、気持ちは離れてしまう。

すっきりしないなあ
[PR]
by windowhead | 2015-06-11 02:11 | Vファーレン長崎 | Comments(0)