俊輔とボンバーが極意を語る雑誌を買った

b0009103_2325031.jpg

久々に「Number」を買う。
武豊騎手が表紙の日本競馬特集。競馬を読みたいからではない。久々にあの連載があったから。
「中村俊輔のサッカー覚書」、今回は「2015年版フリーキック論」この4ページのために590円。
だけどぜんぜん惜しくない。中村俊輔の企業秘密が590円で手に入るんだから。
中村俊輔のインタビューは具体的でとてもわかりやすい。ヒロイックな精神論は語らない。おそらくそれは個々人の中のものであり、プロとしては当たり前のことだと思っているからだろう。その代わり技術的なことを素人にもわかるように伝えてくれる。言語力と伝達意欲が並外れて高い人だと思う。
V長崎の前ちゃんにもぜひ読んでもらいたい。
彼のFKもどんどん精度があがっている。おそらくたくさん練習をしているのだろう。俊輔のFK論には前ちゃんに役に立つtipsみたいなものがあると思う。プロの選手に同じプロの選手の技術を手本にというのは失礼かもしれないが、中村俊輔くらいの名手となればその言葉に耳を傾けてもいいのではないだろうか。
太っ腹の「Number」さんがその一部をweb版に公開してくれている。
日本最高のキッカーが語る極意 中村俊輔のFKはいかに生まれるのか」
絶対に続きが読みたくなるはず。

おなじ棚にあった目新しい雑誌「Sporty Life(スポーティライフ)」創刊号
食とスポーツをつなぐ情報誌らしい。
表紙と巻頭インタビューがボンバーこと中澤佑二選手。
ボンバーのストイックな生活スタイルは有名で、俊輔でさえ彼の生活スタイルに敬意を払うくらいだ。
食事という切り口からボンバーのサッカーに取り組む真剣な姿勢が垣間見える。
自分に甘い生活をしている私などは自戒のためにもこの雑誌を身近に置いておく必要がありそう。
ジュニア世代のためのスポーツ和食レシピ や食材、サプリメントなどすごく役に立つ内容。特にスポーツする子供さんをお持ちのお母さんにはおすすめ。
メンタル強化法やスポーツマネジメントについてなど幅広い。
スポーツマネジメントについては、身近なチームに当てはめて読んでみるとわかりやすい。
[PR]
Commented by あいちゃんママ at 2015-10-30 23:10 x
マリノスが誇る37歳!
俊輔と中澤は、今も日本のサッカーをけん引していますね。
二人の真摯な練習への取り組み方を見ていると、この両人を越える選手はなかなか出てきないのではと思います。

マリノスの選手たちは、攻守において素晴らしいお手本が身近にいるのですから幸せなことです。
切磋琢磨して、ぜひともタイトルを取ってほしいです!!!

俊輔と中澤選手には、記録と記憶に残るようなサッカーをこれからも続けてほしいです。
頑張れ~~~!!!
Commented by windowhead at 2015-11-01 14:36
どの試合だったかな?解説の水沼さんが、アデミも俊輔とであって俺もまだまだだなあと思っているでしょうね。と言っていました。アデミのプレースタイルがさらに広がったの(守備に貢献できる)も俊輔をお手本にしているからだろうと思います。ベタベタしてないけと、フレンドリーな2人の先輩たちはマリノスにも他チームに移った選手にも何かのインパクトを与えているんですね。それが彼らが成長して自分たちの過去を語る時に必ず出てくる存在なんだと思います。
by windowhead | 2015-10-29 02:35 | 至福の観・聞・読 | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧