完敗。悔しい試合だったけどまだ可能性がある

なんの根拠もなく大宮より磐田との方がいい試合ができそうな気がしていた。
J1で見ていた頃からずっと磐田は王道の戦い方をするチームだし、その分チャレンジャーとしては戦いやすいのではないかなって。
試合が始まって、つくづく感じた、磐田はやっぱり王道のチームなんだって。
チームの基盤が磐石で栄光の歴史を持つチームの底力を見せつけられた。
いろいろなものがVファーレン長崎とは一枚も二枚も上のチームだった。
それでも言いたい
我がVファーレン長崎は素晴らしいチームだったと。
4−2という今シーズン最多失点で完敗だったけれど、悔しい試合だったと感じられた。
おそらく磐田のゲームプランでは長崎は引いてくると見ていたのだろう。普通戦力的に劣るチームはそうするはずだから。でも長崎は試合開始から高い位置からプレッシャーをかけて攻めの姿勢を全うした。
高い位置どりをするとその背後のスペースを狙われる危険はわかっているが、そのリスクを犯しても点を取るという姿勢が痛いほど伝わってきた。
格上の相手に小細工することなく真正面から攻撃的に挑むという選択をして最後までその姿勢をみせてくれた。
この選択をした高木監督と安達ヘッドコーチや三好コーチたちにも感謝だ。
勝ち点1でも欲しい時に強いチームに対して無謀という人もいるのはわかっている。それでも高木監督は勝因がなくて仕掛けるほど無謀な人ではない。選手の状況やチームをみてやれると思ったからだと思う。戦術ははまっていた。意図したやり方で何度かのチャンスを作っていたが、その後のパスだったり、シュートだったりに精度を欠いた部分が目に付いた。これが、我がチームの現状なんだ。
それは、選手たちの努力でしか克服できない。あの中村俊輔選手だって自分のことを努力の人だというくらい。あの名波監督が、福西くんとの対談で今更のように「根性って必要だね」と言っている。天才的MFと言われているこの2人が努力や根性の大切さを身を以て伝えているんだから。
完璧な勝ち方をした磐田のサポーターさんがSNSで「長崎は強かった。ぜひまた戦いたい」と言っていた。先の大宮のサポーターさんも「長崎は怖いくらい強かった」と言っていた。
こんな印象を残せるチームになっていた「Vファーレン長崎」
Jリーグに上がってわずか3年目のチームだ。Jリーグでの歴史は磐田の4分の1もないチームなんだ。そこはしっかりと認識しておくことが大切だと思う。性急に無理を要求したり、選手や監督たちを責めるようなことはまだ早い。
最後の最後まで選手や監督を信じて一緒に頑張ってみたいと思う。

できることは少ないけどね、サポーター集団「ウルトラながさき」さんがまたまた楽しい企画をぶちこんでくれている。
「勝手にゲーフラ祭り」!
今週末のホーム最終戦・セレッソ戦で思い思いのゲーフラをあげようというもの。
ゴール裏ばかりでなく、メインもバックスタンドも3回席もゲーフラいっぱい揚げましょう。
いまの私の、あなたのVファーレンに向けての気持ちをゲーフラに込めてあげましょうよ!
いまからでも間に合うって!
ダンボールに白い紙を貼って気持ちを込めた檄文や絵を書いて…ほらゲーフラ出来上がり!
大きさは幅が自分の肩幅くらいと思えばいい。半分に折って持ち込めば荷物にならないから。
絶対簡単だから、作ってみて!
私もへたくそながら作ったよ。
今回は推しメン選手用のゲーフラは一休みして(彼の復権もできたと思うから)、チームに対する気持ちを正直に書いてみました。

11月14日土曜日はゲーフラとお友達を連れて諫早のスタジアムに集まりましょう。
[PR]
by windowhead | 2015-11-11 10:18 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧