戸石での始動!を見学

Sさんと一緒に戸石の練習場(十八銀行フィールド)へ。
すでに15人以上のファンサポーターの人たちが来ていた。
平日なので圧倒的に女性が多い(いや、Vファーレンの練習場見学者はいつも女性が多いのです!)
それと、TV局や新聞社の人たちなど取材の人たちも多い。
顔見知りのサポさんと挨拶を交わしながらグランドを見るとすでに2人の選手がグランドに出ていた。
ヒョンジン選手かな?もう一人はわからない???
サッカー関係のニュースやファンの発信情報を見ていると、いくつものチームで選手たちの多くが移籍などで流出して昨シーズンと全く違ったチームになってしまったと悲観的に語られている。
Vファーレン長崎も昨シーズン終了時から14人の選手がこのチームを後にした。
それでも14人の選手が昨シーズンから引き続きこのチームに残っている。
梶川選手、大久保選手、リ・ヨンジ選手たちは昨シーズンの活躍などを見ても他チームに引き抜かれるのは覚悟していたがVファーレン長崎を選んでくれた。梶川選手の完全移籍加入にありがとう!と叫ばなかったサポはいないはず。
神崎選手、高杉選手、前田選手、佐藤選手というこのチームのスピリットを引き継ぐ選手たちがしっかり残ってくれたのはサポにとってはいちばん心強いことだ。
さらに、チームの柱の選手が抜けていっている状態で木村選手と岸田選手をレンタル延長してくれた柏と鳥栖にも感謝したい。
昨シーズンの悔しさを知っている選手たちに加えて、新しく14人の選手が加わった。

フィールドに続々と選手たちが登場してきた。
みんな昨シーズンと変わらない。オフが短いので変わる暇もなかっただろうなぁ。
新しい選手たち、まだはっきり顔と名前がわからない、ごめん!
フィジカル中心のトレーニングというより、きっと軽いウォーミングアップという感じ。
キーパーとフィールドプレーヤーに分けての練習。その合間にそれぞれの選手のデーターを取っているのかヨブさんが測定したりチェックしたりしている。すごくていねいなフィジカルトレーニングなんだなあ。
個人取材でもあっていたのか梶川選手や永井選手、ロドリゴ選手の顔が見られなかったのは残念だったが、すこし大人っぽくなった新しいチームの姿が見られた。
今シーズンはプレーオフなんて関係なく自動昇格を目指すチームでなければならない。
J2で4年目はすでに新参者ではないし、3年で2回のプレーオフ経験は、J2では強豪という見方をされるのは当たり前だろう。
おそらく選手たちはその思いを強くしていると思う。選手たちのちょっとした動きにもその決意を感じさせるものがあった。
新しいVファーレン長崎に新たな期待を持ちながら、今シーズンも行ける限り応援に行きたいと思うし、サポートできることはサポートしたいと思った。
[PR]
by windowhead | 2016-01-13 14:08 | Vファーレン長崎 | Comments(0)