ほんと、2−0はこわい

アウエー讃岐戦は諫早県総でのパブリックビューイングで観戦した。
雨の1日だったのでうちで見ようかなと思っていたが、グッズの相割り最後の日だし、せっかくクラブが企画したパブリックビューイングなので、行かなければね!とギリギリに向かって、ぼっち観戦。
それでもやっぱり多くの人がいる場所で見るのは楽しい。
前半はVファーレン長崎のワンサイドゲームといってもよいような試合運び。
練習見学でみたような攻撃パターンが決まったり、危なげない試合運びで2−0。
フィニッシュの精度が上がればあと2点は入っていたよね。もったいないね!と余裕で言い合えるくらいのゲームだった。
あー、やっぱり新戦力の実力は高いんだなあ。昨シーズンみたいにガツガツいかなくてもさらりとこの得点だもんなあと思ったりしたが、心の奥では2−0はこわいよという悪い予感も。
ハーフタイムにヴィヴィくんグッズを買ったりして余裕のおしゃべりしていたら、後半、讃岐が違ったチームになったようにアグレッシブになった。プレスが早い、セカンドボールがことごとく相手に渡る。長崎のラインがだんだん下がってきた。やばいよなあ。
そう思っていたら、讃岐の選手のループシュートで1点返された。
あのループに択生くんが後ろに下がる反応が遅かった。ループけられた時点ではそのポジションで取れると感じていたのだろうが、じゃあ、なぜ?おそらくボールが途中で変化して予想以上に伸びたのだろう。そういえば、中村俊輔選手が、今シーズンのボールについて語った映像に、「今シーズンのボールはパシパシしている。ブレ玉が蹴りやすいボールだし、ゴールキーパー泣かせのボールだと思う」というようなことを語っていた。ボールの特徴を端的に語ってくれた「変化しやすいボール」。長崎の選手達はボールの特徴が見えていただろうか。そんなことを練習で感じたり話し合ったりするのだろうか。
2−1になって、長崎の選手達の気持ちにゆとりがなくなったような感じ。スギ様のファウルは仕方ない部分もあったけど、その前のところでボール出させちゃダメでしょう。
いやなPK。もう本当に神様仏様でお祈りしましたよ。「止めろたくお、止めろたくお、とめろたくお…負けない、負けない、負けない」
左下を狙ったシュートを止めた!けど、その弾いたボールを相手が拾って、ゴール前の混戦に、シュートされて側に飛んだ択生くん、クロスバーに弾かれたボールがまた相手選手の前に。そのボールをファーサイドに蹴られて、それがゴールにつながる。その前のシュートでニアに飛んでいた択生くんは間に合わない。スギ様と神ちゃんがゴールに入って守ったが、決まってしまった。
その後、交代準備していた前ちゃんを入れずにロドリゴを入れてパワープレーに行ったが、ゴールならず。惜しいシーンもたくさんあったのに、決定的な時枠に飛ばないシュートは相変わらずの長崎。前ちゃんを入れてくれた方が決まっていたのかもしれない。ロドリゴではまだまだコミュニケーションが不安だし、個人のパワーはそれほど感じられない。ミラクルかもしれないが決定的なゴールゲッッターではないよなあ彼は。
残念な引き分け。
PK阻止してもその後に得点されたらPKのファインプレーも掻き消えてしまう。ゴールキーパーって本当に過酷なポジションだわ。
昨シーズンクリーンシートを続けていた択生くんにしてみたら、失点の多さが気になるところだろうなあ。
とにかくチーム全体でディフェンスの連携をあげてくしかないのだろう。
これまでの長崎みたいにガツガツ元気なプレーももう少し欲しい気がする。ヨンジくん、木村くん、ミヌくんの復活が待たれるし、ロドリゴや中村くんもいいけど、北川くんという勢いがつけられる選手もいる。昨シーズンから長崎に所属していた選手達の力と意気込みは絶対にチームの活性に役立つと思う。彼らの登場も待っている。

試合後は、ヴィヴィくんの販売力に負けてグッズ購入に熱をあげて、讃岐戦のPV思い出づくりになっちゃった。
b0009103_10155567.jpg

[PR]
by windowhead | 2016-03-16 10:12 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧