スギさまを見よ!

もうすぐVファーレンの応援で諫早にむかう。
その前にバタバタとブログを更新。どうしても描きたかったことがあったから。
チームはまだホームで勝てていない。今日こそはホームで勝利してほしい。
先日、木村選手が怪我から復帰できそうだというニュースがきた。ヨンジ選手も代表に行ったくらいだからもう復帰できるだろう。ミヌくんはどうだろうか。
昨シーズンに活躍した選手たちが怪我などでピッチに立っていない。
チームもメディアも新しい戦力のPRが第一だったのだろうし、彼らに期待して加入してもらったのだから、彼らが活躍することは喜ばしいことだ。
しかしここ数試合、私の気持ちはなんとなくもやもやしている。
今のチームは個々のプレー、足元の技などたしかにアップしている。
しかし、何か物足りない。
それがなにか、前試合・熊本戦で分かった気がする。
熊本は以前の長崎のようにシンプルに前に!相手より走って、ボール保持者には複数人で厳しいプレスかけて、相手より早くボールの落ちどころに行って、自陣が攻められたらいち早く全員で戻って守りたおすというプレーを見せてくれた。
昨シーズンまでVファーレンはそんなチームだった。
なぜ今シーズンはそのプレーが見られないのだろうか。
守備から攻撃のチームに変身しようとしているのか。
そのわりにはシュートは相変わらず枠に飛ばないし、力強いシュートは少ない。
反面失点が多くなっているが、その特徴的なものが、シュートを打たれる時、キーパーとの1対1シーンが多くなっていると感じる。
カウンターをくらったとき、ほとんどの選手が戻れていない。ゴール前がスカスカ状態が多すぎる。そんな感じの試合が多い。
そんな中で、高杉選手のがんばりが目につく。
村上選手、大海選手が入ったことで、昨シーズンのようにセンターバックの真ん中をやらなくなって、「こんなところにスギさまが!」を期待するところが大きいが、それ以上に相変わらずタイトなプレスをするし、激しく当たられても倒れない。あの細っこい体でなんて強いんだろうと今更ながら驚かされている。
印象的なのは、キーパーの大久保選手との関係だ。
金沢戦で、タクオ選手が水永選手に交わされてゴールを決められた時、ただ一人スギさまがゴールのカバーに入ってきたが、ほんのちょっとの差で間に合わなかった。他のDFはだれも水永選手に追いつけていなかった。(あの足の遅いしょうまに)
このケースの反省があったのか、清水戦でタクオ選手がPKを止めた後、そのボールから2度のシュートを打たれた。1度目に反応してニアに飛んだタクオくんは次のシュートには間に合わない。そのときゴールに入って止めようとしたのはスギさまと神崎選手。残念ながらボールが神ちゃんの手に当たってゴールとなったが、必死でゴールを守ろうとする気持ちが伝わった。熊本戦でも大海選手のパスがかっさらわれてカウンターをくらったが、前にでて止めようとするタクオくん、交わされてもしっかりとゴールをカバーしたスギさまの姿があった。金沢戦後からタクオくんもスギさまもおたがいのタイミングを確認しあったのだろう。
スギさまとタクオくんの間には、昨シーズンから培った信頼関係があると思う。昨シーズン途中からキーパーに入ったタクオくんをスギさまはずっと声をかけて、給水も一緒にしてコミュニケーションをとっていた。その前にいたボランチの黒木選手と合わせて守備の真ん中の軸がしっかりと連携できていたのが昨シーズンの強さの要だったのだと今更ながら感じている。
とにかくスギさまの気迫は凄い。なんとしても勝ちたいという気迫が身体中を包んでいる。TV録画を通してもその気迫が伝わって来る。
今こそ私たちはスギさまを支えなければいけないと思うほど。
新しい選手のチャントを歌うのもいいがスギさまのチャントを歌うときは今なのだ。
昨シーズン、鬼神のごとく頑張った黒木選手に対して私たちはチャントを歌うこともなく、チームのホームページで新しい選手の紹介ばかりで黒木選手の紹介記事は書かれなかった。いるのが当たり前だと思っていた選手。しかし彼は長崎を去った。自分のチャントがあるのを知らなかったそうだ。
今の高杉選手は黒木選手を見るようだ。本当に大切な要の選手。
讃えて後押ししていきたいと思っている。

[PR]
by windowhead | 2016-04-03 09:42 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧