俊輔のプレーを見て我がチームを思う

広島を迎えてのホーム戦、マリノスついに勝ち点を落としてしまった。
前節のアウエー磐田戦でバカ勝ちしたせいか、ファンサポの間でも期待が高かったのかもしれない。負けたこともあるし、俊輔はじめ学くんや他の選手もボールロストが多かったりもあって、評価の低いゲームとなっているが、私にはとても興味深いゲームだった。
寿人がいない広島はやっぱり寂しい。青山もいなかった。でもあのチームは下からも外からも出てきた選手がきちんと仕事する選手に成長できるチームなんだなあ。そして、森崎兄弟のようにザ・ヒロシマな選手がきっちり仕事をする。外国人選手もきちんとチームを理解している。改めてすごく完成度の高いチームなんだと思う。
マリノスは、いつもどこかピースが足りなかったり、壊れたりしている感じ。今は訓練不足の猟犬を飼ってる感じ。
俊輔のパフォーマンスは、小さなほころびはあったけれど、それでも両チーム合わせても頭一つ抜けていると思う。
最近の試合では、試合後に必ずメッセージを残してくれるので、チーム状況とその日のプレーの意図がつかみやすい。
浦和戦では、初登場の外国人と同じく若い選手の前線だったので、どうしても守備から入るプレーに終始せざるを得なかった。ミシャから皮肉をいわれても、「今のチームの現状ではこのやり方がベストなんだ。サポーターの皆さんもイライラすると思うけれど今は辛抱してほしい」というメッセージをくれた。何いう俊輔がいちばん辛抱しているはずだ。
磐田戦では、辛抱したサポーターに大量得点の喜びを味あわせてくれたが、彼自身の気の緩みはなかった。

俊輔サポの私としてでなく、Vファーレン長崎サポの私として、広島戦の俊輔のプレーから、2つのシーンと1つの事実をもらった。
1つは、俊輔がPKをもらったシーン。PKの成功でなく、その前のところ。パンゾーが右サイドから切れ込んでペナルティエリア内にクロスをあげた。そこに飛び込んできた俊輔がヘッドであわせた。ディファンスが遅れた千葉ちゃんがハンドで防いでのPK。飛び込んできた俊輔を見てて、あるシーンを思い出した。Vファーレン長崎が勝利した昨シーズンのアウエーセレッソ戦。最後の最後にゴール前に飛び込んできた梶川選手のゴールシーンだ。キーパーの手に落ちる寸前のボールに向かって飛び込んできた梶川選手のゴールは鮮烈だった。俊輔も言っているがペナルティーエリアに入っていくことが大事。今のチームの攻撃が淡白に感じるのはここに入れてないからかもしれない。

もう1つのシーンは、88分。飯倉選手から伊藤選手へのカウンターのキックに、広島DFがオフサイドを仕掛けた。それを察知した俊輔が2列目から全力で追いかけた。現地でみていた俊サポさんは、ど迫力の爆走だったと表現していた。結果は追いつかなかったが、おそらくすでに12キロ近く走っている時間帯に、力を振り絞って走る執念とフィジカルに脱帽だった。解説の玉乃氏もこのシーンをちゃんと捉えて言及してくれた。
昨シーズンのVファーレンでもハーフェーライン手前からボールを持って走り上がる古部選手を追いかけて走り、最後の最後のパスを滑り込みながらゴールに押し込んだ前田選手の走りを思い出した。
諦めないで最後まで走りきる馬鹿正直さが以前のVファーレンにはあった。今シーズンいちばん腹がたったのは、熊本戦だったかな?大卒ルーキーDFが、エンドに出るのを見越してボールを追うのをやめた矢先に相手選手がそのボールに追いついてゴール前にクロスをあげたシーンだった。若者が力の出し惜しみをするのは美しくない。私は相当怒っていた。新人DFくんも、この恥ずかしいシーンは一生忘れないだろう。

そして最後の1つの事実とは、この日の俊輔のトラッキングデーター。
13キロ走っている。その節のランキングでは3位。37歳のMFが13キロ走る。それだけではないガンバ戦11,952キロ(その時の遠藤のデータ11,112より長い)、浦和戦12,402キロ(柏木7,890より長い)磐田戦12,067キロ(小林祐希11,184)そして、広島戦13,060キロだ。
37歳が毎試合走る距離としては驚異的ではないだろうか。おそらく俊輔の走りには他の人ほど無駄な走りはないだろう。それでも12キロ近く走るのだ。それだけ走っても精度の高いパスを出す、クロスをあげる。指示を出す、試合後はすぐさま歩きながら若手選手の指導をする。
勝ちたい、今シーズン優勝したいという強い気持ち(彼の中での目標だろう)が彼にその上の頑張りをもたらしているのだと思う。

今のVファーレン長崎の選手は、間違いなく中村俊輔ほど走っていない、若いのに。無駄に走ればいいってもんじゃないという声が帰ってきそうだが、それを跳ね返すのが中村俊輔のデータなのだ。少なくとも若さ以外は俊輔に勝っていない選手達なら、もっと走らなければ。走って走り込んで、それでも正確なクロスがあげられるようになるまで精進するくらいの気概で闘って欲しい。
J2、Vファーレン長崎の選手にだって等しく日本代表になる権利はあるのだ。だからこそ頑張って欲しい。
29日の試合には、レジェンド・キングカズが来てくれるはずだ。キングに恥ずかしいプレーは見せられないよ。
キングを悔しがらせるだけのプレーをして、勝ちましょう。
[PR]
Commented by nagatti at 2016-04-27 22:53 x
よく読ませてもらってる者です。
ずっと俊輔が好きで、俊輔を尊敬してやまない者として、いつもすてきな言葉の数々に納得です。

今季のマリノスは、よく走ってていいです。全員が無印のような清々しさを感じます。
そして、V長崎のそれが薄れたことに気をもんでいます。

古部がいなくなったから?奥埜がいないから?理由はわかりません。
ですが、走ることで相手を飲み込んでいたV長崎のサッカーではなくなっています。
「頑張ることの美しさ」を感じません。

新エースの永井のポテンシャルは感じます。でも、すぐ倒れる。
自分の形以外の部分の淡泊さ、試合終了まで見ていられません。
水永は今でも戦えています。相手を道連れにするような彼の頑張りがなつかしいです。

元々、俊輔の華麗さにほれこんだのですが、今は、彼の献身性に、感心します。
ろうそくの火が消えてしまう前ではないかと心配になります。

V長崎ファンとして、原点に立ち返ることを期待しています。
Commented by windowhead at 2016-04-30 17:54
nagattiさん、訪問、コメントありがとうございます。

V長崎に関して同じように感じていらっしゃる方がいることに安堵しました。試合後に倒れこむ選手がいません。奥埜や古部や黒木は精魂尽き果てるまで戦っていたし、山田も金久保もできなかった自分に腹を立てて地団駄ふんでいました。そんな子供っぽいがむしゃらさがVファーレン長崎というチームが人の心を打ったのだと思うのですが、今は淡白すぎて、試合後に歯がゆさがのこります。TVで見ててもいいかという気持ちになっていく恐ろしさ。
ここに俊輔のことを書くのも、その熱量の違いを誰かに知って欲しい。そんな気持ちからかもしれません。中村俊輔を1日でも長くみていたいというのも同感です。ただ手を抜かない激しさを持っているから彼は今も私たちを引きつけているのです。高杉がそんな熱量で戦っているのが救いかもしれません。
by windowhead | 2016-04-26 19:40 | 10-25shun | Comments(2)