ラッキーってなんだ

b0009103_19353523.jpg

6月8日のセレッソ戦。
いろいろ思うことがある。
試合ももう1回見直そうと思っている。
それにしても、私たちも選手たちも、まだまだ初心なところがあったってこと。
経験値の高い選手なら、あのアディショナルタイムのゴールの後、そのボールをポストから出して、もう1点取りに行っただろう、まだ同点なんだからって、ある人に言われた。
そうなんだ、それが違和感だったんだ。
大喜びでハイタッチしあった後、ピッチを見たら、永井選手はまだゴール裏にいたし、プレーは再開されてなかった。そして喜んだ分の残り時間で、幸せは指の間からこぼれ落ちた。

b0009103_19481883.jpgセレッソは楽しみだったけれど、今回はむっくんはこれなかった。
グッズ売り場にむっくんの33番はない。残念。セレッソの女性人気の元になったのは2013年の柿谷復帰からだけど、その年セレッソに移籍したむっくんのファン対応の仕方が、女性たちのハートをつかんで、練習見学に行く女性ファンが増えていったのもある。むっくんはセレ女ブームの影の立役者の一人だと思っている。だからもう1度這い上がってきてほしい。
そうそう、セレッソサポのお兄さんが小粋な履物履いていた。地下足袋なんだけどおしゃれな和柄。内側が紫色。あるきやすそうだったね、日本のスニーカーだわ。


アンラッキーがいっぱいだったけど、いいこともあったよ。
ヴィヴィくんマグネットをゲットできた幸運!
「マグネットわらしべ長者」ストーリーのはじまりはじまり
最初に2個のマグネットを買った
上本選手と田中ひろと選手が出てきた。まあくじ運あまりよくないので、こんなものかなとそれを持って席に行き、Sさんに話すと、Sさん「田中ひろとくんのゆずってくれる?という。
田中ひろとくんの黙々プレーするところが好きなんだって。
ひろとくんを譲ったお金を持ってもう1回チャレンジ
梶川選手が出てきた。今シーズンは、なぜか梶川選手はよく私のところに来てくれる。
すると私の横に、梶くんファンの大大ファンの彼女が立っていた。
お名前も知らないんだけど、彼女からは会うといっぱい梶くん愛を聞いている。
絶対に欲しそうな彼女はなんとヴィヴィくんとヨンジ選手と前田選手のマグネットをセットで梶くんとかえっこして!という。
もちろんOK!
三浦選手のバッジを差し上げていたSくんからお返しにとタクオ選手のマグネットももらった。
すごーく幸せ!
その後、富沢選手が販売員さんチャレンジだったので、もう1個マグネットにチャレンジ。
なんとスギ様だ〜〜〜
という経緯で我が家の冷蔵庫には6個のマグネットが並んだ。
冷蔵庫の守りは硬いぞ!
ここに、私がご飯を食べさせてあげたくなる選手ナンバーワンのミヌくんがきてくれると、申し分ないのだけど、そこまではとてもとても欲深すぎるよね。
b0009103_19373272.jpg


それにしても梶くんはいい仕事してくれます。
いつもだれかのためにシャカリキです。
その姿を見ていると、ちょっと切なくなってきます。
気がきく子だから、気づく子だから無理もいっぱいしているのだろう。
永井くんだけでなく、私にまでアシストしてくれたもの。

そんな梶川選手の笑顔が見たいね。
目一杯手をひろげて身体中で大喜びする姿は、最高だものね。
きっと次は見られる1そう信じて応援、応援。
欲張りなおばさんは梶川くんの「ゴールシーン」も見たいのだぞ!
[PR]
by windowhead | 2016-06-09 19:41 | Vファーレン長崎 | Comments(0)