なぜ負けた、モヤモヤを語りあいたいよね

ザスパクサツ群馬に3:0で負けた。
ココサテで見ていたが、監督や選手がうまくいっていたという前半にもどこか安定感が感じられなかった。前日ルヴァン杯決勝戦を見ていたから物足りなかったのかもしれない。
いろんな意味で1点目を入れられた時が一番ショック。中盤にぽっかり空いていたあの大きなスペースが焼き付いている。

なんかこのまま「負けたけど次に向けて応援しよう」では自分のなかで納得がいかず、かといって誰かその話をしあう相手もなく、翌日この試合の録画を見て、続けて再びルヴァン杯決勝見た。
浦和も3バックで両サイドが高いポジションをとるし、守備になると両サイドが下りてきて5バックになる。単純に長崎も同じだからと素人考えもあったが、なによりミシャのサッカーが好きなのでお口直しの意味が大きかった。
やっぱり両方見てみると参考になる部分が多かった。
素人なので感覚的な言い方をするといろんな部分で鋭さとメリハリが違う。

そんなこと言うと、「それはJ1とJ2の差だから比べちゃ可哀想」と サポさんからお叱りが帰ってくることが多い。でも  Vファーレン長崎はJ1を目指しているんだから、その域に達しないとJ1に上がれないし、J1で生き残れないんだよね。J1を目指すって、現実を見据えるととても難しいことなんだよなあ。
なんだかんだ言いながら最後は「まあサポは応援するしかできないから目一杯応援するけどね」に納まるしかないんだけど 気になる点は解決せずモヤモヤ続いている。

こんな時こんな話をする仲間がいるといいんだろうなあ。
そこに行けばサッカーの話をする人たちがいて、持論を戦わせたり、疑問に答えてくれたり、世間話のようにサッカーを語る人たちがいる。そんなところが長崎には不足してるんだよね。

ホームで試合があったあと2回ほど参加させていただいた諫早のKATARODEさんのペーニャ。駅前のパンとワインのお店「Roojee」(ロージー)さんがあることが本当に羨ましい。
長崎市内でもペーニャができてこないと文化としてのサッカーは根付かないのかもね。

サッカーの内容を語りたい女性だってたくさんいるはず。
その人たちとの接点を見つけて、まずはお茶会でもするかな。お茶のテーブルにボードを置いて、クッキーやチョコを選手に見立てて試合の細部を話してる女子がいてもいいじゃない。
例えばミスマープルみたいに中高年のご婦人が集まって手芸や編み物しながら、サッカー談義というのも憧れるね。

サッカーは応援するだけでは物足りないーーずっと感じていること。


b0009103_19462288.jpg

ミスマープルたちがフットボールを語っていたら、それはまた楽しいかも
[PR]
by windowhead | 2016-10-20 19:50 | Vファーレン長崎 | Comments(0)