ミヌくん、君が私のMVP!なホーム山口戦

山口のみなさんが初めてトラスタに乗り込んでくるのに、あいにくの雨。
でも山口からたくさんのサポが来場し、長崎のホームの緩さもあるせいかアウエーにきているという緊張感もなく楽しんでおられた。
いつものようにバックッスタンド3階の選手名横断幕取り付けのお手伝い。バックスタンドの一番高いところから開場前のスタジアムを眺める。つくづく美しいスタジアムだと思う。全方位屋根付きのこのスタジアムを山口サポさんたちはどう感じただろうか。
ヴィヴィくんのハロウィンコスチュームはコウモリみたいな黒い羽根を付けた小悪魔風。ダークイメージなのにさらに可愛さ倍増。衣装プロデューサーに花マル!

練習が始まるころには雨も小降りになった。
スタメンが少し変わった。最終ラインがキャプテン、前ちゃん、ミヌくん。杉さん体調が悪いのかな?真ん中をキャプテンにしないで前ちゃんにしたところに監督の意図を感じる。
山口はパスがどんどん繋がる魅力的なサッカーをするということで長崎サポにも人気のチームだが、練習試合とアウエー戦を見た限りでは、ミシャのサッカー全盛期のサンフレッチェのような超攻撃的なワクワク感はない。訓練されてるなという感じはあるけど意外性がないからかな。
ただ、群馬戦のVファーレンでは山口の攻撃を抑えられない。裏どころか真ん中から突破されてしまう。高木監督のことだから、緻密な対応策を練っているはずだけど、選手がそれを表現できるかが課題だなあ。
山口は10番と29番がポイントの選手かな。ここにプレッシャーをかけ、パスの精度を下げさせればリズムがでないはず。試合を見ていて感じたのはこのチームはパスをつなぐリズムがあって、そのリズムに乗ると手がつけられないくらい勢いがでるんじゃないかなということ。リズムが出る前にパスの勢いを削ぐとフィニッシュも怖くない感じ。

試合が始まって驚いたのは、長崎の選手たちの前への勢い。みんな闘志がみなぎっている。特にミヌくん、ヒョンジンくん、ソンドンくんの韓国勢の闘志は目をみはるほどだった。闘志をむき出しにしながらも汚いプレーはしない美しい激しさだった。ミヌのものすごい攻め上がり、ヒョンジンのタイトなチャージ、ソンドンのドリブルがこんなにすごいとは思わなかった。彼らが攻撃を押し上げるので、梶くんがボールをもらいに下りてくることが少なくなり、前目で2トップに絡める。チーム全体が気持ちの見えるプレーをしていた。
それが花開いたのが梶くんの得点。
なんでここに杉様が!じゃなく、なんでここゴール前までミヌが!だった。そのミヌに永井がパスを入れたがミヌちょっと合わず。そのおかげで相手がDFがミヌにつられて、ゴール前があいたところに梶くんの鋭いシュート。梶くん、満面の笑顔、それに飛びついて喜び合う韓国3人衆。その後、永井くんがPKを決めて2得点。その後1点を返されたが、気持ちの見えるヨンジくんを投入して2点を守りきって久々の勝利。

ゴール裏サポからのMVPは梶くんと永井くん、MOMも梶くんだったが、それ以上に輝いて見えた選手がいた。
チョ ミヌ選手。
バクスタの2列目で見ていた男性3人組が、あの3番はすごいね!となんども感嘆していた。MVPたちのゴールが決まっても、最後まで3番ミヌくんの印象は消えないくらい強烈だったようだ。
MVPもMOMも選ばれなかったけれど、私の中でもMVPはミヌくん!
同じようにかんっじている人も多いようだ。
せめて試合後のコメントでも取材して欲しかった。この試合にミヌくんがどんな気持ちで挑んだか、その気持ちの改革と監督の戦術につながりがあるのか、この日のミヌくんの言葉には多くの貴重なものが含まれていたと思う。それが聞けなかったのは残念だ。
クラブ公式でも番記者さんの記事でもいい、チョミヌ選手のロングインタビューをやってもらえないだろうか。ミヌくんに期待しているサポーターはたくさんいるのだから。

b0009103_422574.jpg

清々しい雨上がりの空、ブラボーミヌくん!
[PR]
by windowhead | 2016-10-26 04:05 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧