躍動感と一体感が感じられたホーム金沢戦

b0009103_18271940.jpg

アウエー京都戦を前に練習見学してきました。
見学者も少なかったので、選手たちはファンサービスに時間を取られることなく元気にチームバスで出発しました。
いつも思うのですが、アウエー出発時は選手たちの準備やコンディションのことも考えて、ファンサービスは控えめにしたほうがいいように感じます。雨の日や寒い日に練習後長い時間引き留めると身体が冷えてしまわないか心配です。
若い選手が多くなったからか、いつものハーフコートで全員参加ゲーム(勝手に呼んでいます)は賑やかです。いろんな選手の声が飛び交います。昨シーズンは梶くんが一人でワイワイ言っていましたが、今年梶くんがいても、それに負けないくらい元気です。
出発日の今日はなかったのですが、今シーズンの練習場でよく見かけるのが、全体練習が終わってからの、各人の居残り練習。
二人組、三人組、一人でコーチとマンツーマンなど小さな塊があちこちにあります。
三好コーチのキーパー特訓も昨シーズンから楽しみに見ています。三好さんはキックがうまいので、ゴールの極をついてきます。見学のT氏が「PKになったらキッカーは三好さんに交代したらいいよね」などと冗談言ってます。「本当それいいかも」と反応してしまいます。
幸野選手がフィジカルコーチとやる練習も試合で効いているなあと感じています。
ときどき、監督さんからのご指名特訓も見られて、練習場が昨シーズンとはまた違った趣です。


ホーム金沢戦でのスーパーゴールでプロ初ゴールを挙げた翁長選手。
このゴールがJ24節のベストゴールに選ばれました。おめでとうございます。
バックスタンドにいると、後半すぐ近くで翁長選手が見られます。ボールを自分の足元に収めるのがうまいなあと思って見ていた選手です。いつも反対サイドでの攻防が多くて、フリーの翁長選手は両手を挙げて、サイドチェンジをアピールしています。でも、次の試合からは翁長選手もマークされるんだろうなあ。終盤にあのスピードで長い距離を駆け上がったり、2人、3人DFかわしてミドルを打つんだから、相手にとっては自由にさせたくないでしょう。
木村選手のゴールは本当に嬉しかったゴール。待ちに待っていたのはきむくんやチームメイトだけでなく、サポーターも。ヘディングだけどゴール前の密集で決めてくらるのはきむくんらしい。シーズン初ゴールおめでとう。
もう一人、気になっていたのが北谷選手。マリノスに入ったばかりの頃から知っているのでなんとなく愛着があります。前ちゃんの指示でしっかり守れていたし、攻撃にも参加するし、キックも得意なのでいいボールあげてました。昨シーズン期限付きで行ってた山口ではすごく成長したんだなあと感じます。
途中から入った中村選手、ファンマ選手、パジャルド選手たち、前線で献身的なプレー。終盤の金沢の攻撃にも前田選手が統率するDF陣と増田選手がしっかり守ってホームで2勝目!
この日のVファーレン長崎は「躍動感と一体感」のあるいいチームになっているなあと感じさせてくれました。
なによりうれしかったのは、この試合でVファーレンはカードを1枚ももらっていないのです。

フェアプレーでの勝利はサポーターにとっては最高のプレゼント!

洸一くんに1点決められたのは、まあ「よし」としましょう。
それくらい佐藤洸一はまだ私たちの選手なのです(これサポのわがまま)。でも洸一くんはすでに金沢の人気者になっている模様。がんばれ。






[PR]
by windowhead | 2017-03-24 18:40 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧