いよいよ九州ダービー!帰ってきたのかよ〜

b0009103_23280617.jpg

いよいよ今日、ホームにアビスパ福岡を迎える。

あの日、アビスパ福岡のゴール裏に眦を決して乗り込んだ。プレーオフ。
あの人もこの人も本当に真剣な顔で、チャントを歌い続けたけど、勝ち上がれなかった。
負けた長崎の選手たちにもっともっとコールを送りたかったけれど、彼らが早く引っ込んでしまったので、気持ちの高ぶりを持た余した長崎ゴール裏は勝ち上がったアビスパ福岡にさらに勝ってもらおうと、「アビスパ福岡」コールをした。
「行っちゃえJ1」と書いたボードを掲げアビスパコールをするU氏の悔し涙とコールする長崎サポの声が全国に放映された。
アビスパの選手たちも長崎ゴール裏に来て挨拶してくれた。
喜ぶアビスパ選手たちをひとりじっと見つめていた黒木選手の姿があった。一番勝ちたかった一人だったはず。彼は、その後一足先にJ1にあがった。
アビスパのほうでは、アビスパサポの漫画家さんによって、J1に駆け上がる城後選手の後ろ姿が描かれたが、城後選手の背中はVファーレン長崎のユニフォームを背負っていた。
長崎の悔しさも背負ってJ1に行くよ!というメッセージ。心に響いた。
井原監督は、長崎から古部選手を引き抜いた。けど、悔しくなかった。井原さんだからこそ古部選手の献身的な守備をわかってくれてるんだと、喜んで送り出した。

アビスパのホーム開幕戦は、井原監督に因縁のマリノス戦。井原さんをレジェンドとして尊敬している中村俊輔のFKに沈められた。
中村俊輔のFKの成長のきっかけは、実は井原監督にあるんだ。最近出た中村俊輔のFK集DVDの中で、「マリノス入団したころ、FK練習の壁に井原さんや小村さんたちがいた。この人たちにぶっつけるわけにはいかない。FK練習はもの凄い緊張の連続だった」と語っている。井原さんの壁が育てたFKの名手との対決だった。

あれからワンシーズンを経て、「行っちゃったまま」でいいのに、アビスパさんはまた九州ダービーに帰ってきた。
古部選手も長崎に帰ってきてくれた。
長崎のユニフォームを背負ってくれた城後選手も今日は背負った長崎の思いを返しに来てくれるだろう。
アビスパのメンバーをみると、ゾクゾクする。これJ1時代より強化されてないか?
山瀬や駒野までいるよ。ウエリントンには煮え湯を飲まされているからね。
強敵だ。
でも勝ちたい。
練習見学してないので、今日の予想ができないけれど、とにかく全力で!
今シーズンの長崎は調子がいいときは、攻守の切り替えが早いし、球際もしっかりタイトにいっている。だから前を向いたプレーができている。
気持ちが守りにならなければ、強敵でも臆することなく戦えると思う。気持ちが守りになると反則が多くなるから、それだけは避けてほしい。
誰がスタメンかな。
そろそろ畑ぼうにもゴールしてほしい。
城後を迎え撃つDFに杉さまがいてほしい。
ベーちゃん、前ちゃん、杉さま、三浦くん、あのプレーオフの悔しさを知っている選手たちが登場してくれることを望みながら。
今日は、仕事なので試合開始ごろにバックスタンドに駆けつけることになりそうだ。
青のチームがくるので、今日は少しオレンジ多めのスタイルで行きましょうか。




[PR]
by windowhead | 2017-04-15 09:59 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧