紛れもなくJ1だ!対戦相手は身近な先輩たち


b0009103_06070676.jpg
J1昇格が夢のようとふわふわしてたのがついこの前のような気がする。
新しいチームも始動し、ユニフォームも決まり、新背番号も決まり、ついに初戦の対戦相手も発表された。

記念すべきJ1最初の試合はアウエーで「湘南ベルマーレ」
そしてホーム「TRANS COSMOSスタジアム」に迎える最初のJ1チームは「サガン鳥栖」
どちらもVファーレン長崎にとっては歴史も古い大先輩チームだが、J2で対戦したことがあったり、お隣の県だったり、と手前味噌ながら極端に緊張しなくていい感じがありがたいな。

湘南さん、まちがいなくうちより強いチームです。ダントツ1位で昇格したし、なんどもJ1を経験している。J1から降格してすぐにまた昇格を勝ち取るって並大抵なことじゃないのにそれを実現させているチーム。
今シーズンの補強も浦和から梅崎司選手や広島のミキッチ選手など的確にパワーアップできる花形選手をとっている。
うちがなかなか勝てないあの湘南がさらにパワーアップしているだろう。
そんなチームの監督さんが昨シーズンの自チームを除くチームの選手から自分がベストだと思うチームを作るというJリーグのシーズンオフ企画「マイベストチーム」にVファーレン長崎の選手を選んでいた。
その選手は、今シーズン再びキャプテンをつとめる杉様(高杉選手)!
チームに長くいてその存在は大きかったと評価。チームの要としての評価を受けているのがうれしい。
長崎サポさんにとっては何度か訪れている湘南ベルマーレのホームも、J1同士という立場で見るとまた違った景色にみえるかもしれない。新鮮な気持ちでぶつかっていけるね。

「サガン鳥栖」はいろいろな意味で長崎がお手本にしたいチームだ。
なんといっても昇格してからずっとJ1の中位前後にい続けている。降格争いに巻き込まれたことがないというのはすごい。
昇格初年のホーム初戦対マリノス戦から今シーズンまで年何度かアウエーチーム応援で鳥栖に行っている。アウエーチーム応援といってもゴール裏に入るのではなく、メインやバクスタのアウエー寄りの自由席で応援している。当然周りには鳥栖のファンサポさんが居る。その中でアウエーユニ着てもアウエー応援グッズで応援してもOK。いがみ合うこともいじわるされることもなく、お互い自分たちが応援しているチームに声援を送っている。サッカーが好きな者が集まって自由に自分が好きなチームを応援しているW杯の時のスポーツバーみたいな感じなのかな。このフレンドリーな雰囲気は絶対にお手本にしたいと思う。
アウエー入り口から入る客に対して個数限定だけど毎回お土産があるのもうれしい。ちっちゃなパックに入った苺やお米や塩飴やクッキーや丸ボーロとお茶などいろいろもらったなあ。遠いところまで来てくれる相手サポーターさんたちをお客様として迎える気持ちがすごく伝わって来るお土産だった。長崎人は長崎は観光県なのでおもてなし上手と自認しているようだが、形だけでなく心から迎えてくれているんだという気持ちにさせてしまう鳥栖のホスピタリティは手強いよ。試合前も試合中も試合後の街中の飲食店でもアウエーサポとしていやな思いをしたことがない。いろいろな意味でご近所にいる頼れる先輩だ。
鳥栖さんとの試合はダービーだ!肥前ダービー、シュガーロードダービー、九州ダービーといろんな呼び名を考えて盛り上がっているけど、ダービーというのはややおこがましいのではないだろうか。
ダービーとは、様々な因縁で絶対に負けられない対戦相手との試合。長崎と鳥栖にはまだそんな因縁もなければ、V長崎にはサガン鳥栖ほどの歴史もない。そもそも初めてこちらがその土俵にあがったばっかり。初対戦なのだ。
この初対戦ですばらしい試合をして、長崎やるね!と認めてもらうことが大事。長崎はあなどれないぞ、長崎との試合は絶対負けちゃダメだぞと鳥栖サポさんたちが思ってくれて初めてダービーは成立すると思う。
鳥栖さんから「これからは鳥栖と長崎の対戦は◯◯ダービーと呼びましょう」と言われるように、試合もスタジアムの雰囲気もおもてなしも応援も、クラブ、チーム、選手、サポーター、地域も含めてすばらしい試合ができるような雰囲気と環境をつくっていかなければね。
アウエー鳥栖戦のとき、鳥栖側から「ダービーだ!」と言ってもらえるようにがんばりましょう。本当のダービーはその時から始まるんじゃないかな。




[PR]
by windowhead | 2018-01-13 07:48 | Vファーレン長崎 | Comments(0)