「魂のMVP」を阿部勇樹にあげたい。

浦和レッズ、おめでとう。
あの守りは浦和の本領発揮なのでしょう。

ゲームの面白さは、やはり、先日のフロンターレVSガンバに軍配が上がるんだけど、浦和のようなゴール前のがちがちの守備がないと、アジアでも勝てないんだなあと実感。
本当によく2点を守りきったよね。

永井のMVPは当然なのでしょう。
私が見ている浦和のゲームで、永井という人は、本当においしい得点をかっこよく決める人との印象があったので、今回も得点は永井だろうなと予測していました。

そして、阿部勇樹も、まさに阿部勇樹らしい得点だったなあと…。
あのヘディングは、ぎりぎりいっぱい身体を伸ばしてもう壊れてしまいそうなヘディングだった。
あの追加点で浦和はずいぶんと気分的に楽になっただろうけれど、やはり永井のフリー状態でのシュートのような派手さがないため、TVでのリプレイも少ない。
阿部勇樹という人はなかなか報われにくい人だ。

阿部勇樹は、昨日は右サイトバックだった。
阿部勇樹はいくつのポジションをこなせるのだ!
彼は、最近ではDFに定着しているようだが、もともと優秀なMFだった。今の浦和でだって、彼がMFで通用しないはずはないのに、DF。それも固定したポジションではないような…。日本代表に行って、DFに定着している。
日本代表では、中村俊輔や遠藤がいるが、3人目のフリーキッカーは阿部勇樹だと思っていた。しかし、代表ではいつのまにか3人目は憲剛になりつつある、阿部勇樹の技術力が落ちたわけではないと思うのでアピール不足?オシムは秘蔵っ子に我慢する子の役を与えたまま忘れているのかと思うほど。
浦和でだって、ポンテ以外に中盤で個人技の高い人は目に付かない(小野は怪我ばっかりだし)けれど、なぜか阿部勇樹にその役は回ってこない。
TVに映りにくい地味なポジションをきっちりとこなし、目いっぱいがんばる阿部勇樹をみているとツーンと切なくなるときがある。
たとえば、ガンバの明神は、同じように地味だが高い技術力でチームを支えている。彼は”職人”と呼ばれ大人なプレーができる人と尊敬にも似た評価を受けている。
阿部勇樹だって、それくらいに評価され、それをもっとアピールしてもらっていいはずなのに。
昨日のゲームのゴールシーンを流すなら、3回に1回くらいは2点目の阿部勇樹のゴールシーンを流せよ~。
ちょっと一過言ありなコメンテーターよ、ここだよ、君の出番は。阿部勇樹のゴールシーンを解説しなきゃ。あの場所に走りこんできていた阿部勇樹のゲームを見る目や、ヘディングでの得点力のことなど、もっとほめていいんじゃないの。

昨日の試合、いやACLを通しての浦和の「魂のMVP」は、自己犠牲に近いような頑張りを続けている阿部勇樹だと、勝手に思っている。


考えてみれば、私は、ジェフにも浦和にも、興味がないほうなので、阿部勇樹の浦和移籍にも「ほー、すごい金額だ!」くらいしか関心がなかった。それなのに、これほど阿部勇樹という選手をもっと目立たせてあげたいなあと思ってしまうのは、なぜなんだろう。
思うようにならない世界で、ひたむきに頑張る若者の代表のように見えて、いじらしく感じているのかもしれない。
涙もろそうな表情が気になるのかもしれない。
そういえば、私は、阿部勇樹という選手のプロフィールをほとんど知らない。

年末のクラブW杯では、輝かしく目立つピカピカのゴールシーンを阿部勇樹にプレゼントしてくださいと、だれか神様にお願いしてくれませんか。
(わたしがお願いすればいいんだけど、私の中の優先順位には、中村俊輔の早期復帰と佐藤寿人のJ1残留という2つのお願いがあるわけで、3番目になると、あまりご利益は残ってなさそうなので…。)

最後に、改めてレッズサポーターって「すごい」の一言。
上空からのファンタジックな映像は世界中から賛美の言葉が山のように届いているのでは。
[PR]
Commented by raichi at 2007-11-16 01:51 x
おひさしぶりです。
私など、根っから底意地が悪いのか、
今日は、
阿部勇樹が「千葉に帰ります。」と、爆弾宣言したところを想像して、
ひとりで心臓をバクバクいわせてました。
Commented by windowhead at 2007-11-16 10:41 x
raichiさん、コメントありがとうございます。
raichiさんのサイトを拝見し、那須選手や阿部勇樹選手が切なく見えるというコラム、共感です。
阿部勇樹が千葉に帰るという夢のような出来事が起きてくれればいいなと思わないでもないです。
赤いユニフォームの阿部勇樹は、なんとなくチームメイトから阻害されているような感じがするんですね。まだ黄色のイメージが強烈に残っているからなのかなあ。受け入れてもらえるように自分の主張を隠して必死でなじもうとする転校生みたい。
それが切ないのかなあ。

そういえば、少し前、松田直樹のゴールキーパー姿を見ました。あのときも、胸がジーンとしました。でも切ないというのとは少し違う。いじらしいというか、またまた松田直樹という選手が好きになりました。私のささやかにして絶大な望みなのですが、もし、中村俊輔がマリノスに復帰するのなら、絶対に松田直樹が現役でマリノスにいるうちにして欲しいと。マツさんとシュンの立場は昔のままでしょうから。勝手な想像ですが、二人が一緒にピッチに立つ姿を見てみたいのです。
Commented by raichi at 2007-11-16 23:16 x
>松田直樹のゴールキーパー姿
あ、みちゃいましたか。
あれは、うちのかわいい番犬“テツ”が、マツの『時にはルールより本能』というDNAで、あろうことか!手を使ってしまったあとしまつです(笑)。

坊ちゃんも苦労中ですねぇ。
大活躍した翌年は、なかなかいつも苦しい=01年。
まぁ、本人が強くなってるし、日本にいるより雑音もないので、
あまり心配はしてないです。
マツには、マルディーニぐらいまでやってもらわないと困るので、
チャンスはありますね、きっと。

阿部勇樹に対するジェフサポの気持ちはわかりませんが、
はえぬきというのは、いつまでもかわいいものです。
私は、物語好きとして、
「そーなったら、すごいぞぉ」と、思ってみただけですからね。
なんというか、阿部勇樹には、“確信犯”的な空気も感じます。
古畑任三郎ドラマの犯人役とか、はまりそうです。

あさってはそんな黄色いフクアリです。
うちの生え抜き11番の年間新記録のかかった残り3試合です。

それでは、また。




by windowhead | 2007-11-15 17:47 | 紙のフットボール | Comments(3)