「あの子」が聞こえる8月9日

8月9日、北京オリンピックのさなかですが、長崎ではオリンピックよりもやはり「原爆祈念の日」でした。


小学校5年生の1学期末に長崎市中心部にある「新興善小学校」から浦上地区にある山里小学校に転校しました。路線バスでも30分もかからない地区なのに、ぜんぜん違った文化圏だなあと子供心に思ったものです。浦上地区は敬虔なカトリック信者の町です。そして、原爆の被害を強く受けた町でもあります。
山里小学校も多くの生徒が犠牲になっています。私が転校したころも、校区の被爆者の方から原爆の経験談を聞いていました。担任の美しい女の先生の腕には被爆によるケロイドが残っていました。プールの授業のとき、水着姿の先生は「まだ怪我の中にガラスの破片が残っとるとよ」とケロイドを触らせてくれました。

この学校には、校歌以外にもうひとつ大切な歌がありました。
校歌のメロディーは今ではほとんど覚えていませんが、もう1つの歌は今でもちゃんと歌えます。
「あの子」というタイトルのその歌の歌詞は、「長崎の鐘」や「この子を残して」の著者、永井隆(医学)博士によるものです。
原爆によって一瞬に消えてしまったあの子
学校の壁に、人々の記憶に残っているあの子の名残り
もういないとわかっていても、夕暮れになると帰ってきそうで迎えにでてしまう残された人の気持ちがとてもやさしくて悲しい歌なのです。


あの子

壁に残ったらくがきの
幼い文字のあの子の名
呼んでひそかに 耳すます
ああ
あの子が生きていたならば

運動会のスピーカー
聞こえるへやに だしてみる
テープ切ったるユニフォーム
ああ
あの子が生きていたならば

ついに帰らぬおもかげと
知ってはいても夕焼けの
かどに出てみる葉鶏頭
ああ
あの子が生きていたならば


とても美しい歌です。
山里小学校の生徒の合唱で聞けるサイトを見つけました。
小学生の澄んだ歌は心に沁みます。
http://www2.nbc-nagasaki.co.jp/peace/uta/index.html

山里小学校のホームページも

http://www.nagasaki-city.ed.jp/yamazato-e/
[PR]
Commented by ヤレヤレ at 2008-08-10 09:43 x
おはようございます。

この時期はやはり色々な思いが湧いてきますね。 ある意味で広島に生まれて良かったと思っています。
校歌以外にと言う事で俺たちも登校日に必ず歌っていた歌を思い出しました。 ついこないだも友達と飲みながら8・6に歌いました^^; それは『似島』という曲で原爆で色々なものがなくなったけどいい所なんだよ、明るく生きていこうって感じの歌でいつまでも心に残っています。
多分俺たちはじじぃになっても歌っていると思いますよ。
と言うか歌います。
Commented by windowhead at 2008-08-10 15:32
ヤレヤレさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

広島、長崎にとって8月は特別の思いを蘇らせる月ですよね。自分は経験していなくても、身近にその話をしてくれる人がいます。その話を子供の頃から聞いていることが、意味をもつのだと最近思います。また聞きでもまたまた聞きでもいい。知らない、教えられないよりずっと大切な経験になると思います。
「似島」という歌を持っているヤレヤレさんや「あの子」を持っている私がネットを通して知り合ったと言うのも何かのご縁。
今後とも、サッカーと中村俊輔を応援できる平和の保つために小さな努力をしていきましょうね。
by windowhead | 2008-08-10 00:34 | 日日抄 | Comments(2)