佐藤寿人、おめでとう!

サンフレッチェ広島がセレッソに勝ったようだ。
残念ながらこちらではTV放送がない。
YAHOOの速報をリロードしながら確認、確認。
2-3で試合終了。
これで正真正銘、J2優勝でJ1にカムバックだね。

佐藤寿人、今日も得点しているようだ。今日で22点。
本当に、よかった。本当におめでとう。

昨年のJ2降格が決まった日、泣きながらサポーターに1年で昇格すると誓った姿が今でも目に焼きついている。
そのときの言葉のなかに、このメンバーで!というものがあった。結果的には駒野やウェズレイをのぞいては、ほぼ「あのときのこのメンバー」がチームに残ってがんばった。

本当にうれしい。
寿人のブログに、前試合(J1昇格が決まった試合)の後、吉田のクラブハウスに「やべっちFC]からお祝いの花が届いていました!という報告が、花の写真とともに掲載されていた。
今年のサンフレッチェ広島は、だれもが応援したくなるチームだった。楽しいサッカーを見せてくれた。そして、そのチームを引っ張り続けたのはやはり佐藤寿人だと思う。
昨年までは、ウェズレイという相棒がいたが、今年はワントップ。小柄な寿人にどのようにしてボールが通るのだろうかと、心配していたが、中盤頃からその心配は不要だと思い知らされた。
寿人は、進化している。
これまでは、ターゲットのフォワードの周囲でこぼれ玉や裏を狙った飛び出しで得点していたが、今年は、自分からスペースをつくり、そこにボールを呼び込んでいる。
寿人の走り出しに引っ張られるように前線にボールが入ることが多くあった。
これは、寿人の進化。
そして、その進化のきっかけを作ったのは、昨年のアジアカップ時の中村俊輔の言葉だったらしい。
そういえば、中村俊輔は「寿人は人がいいから出てくるボールにあわせようとするけど、もっと自分から要求するような動きをしたほうがいい。もし、そこにボールが出せないのなら、それは自分(俊輔)のほうが悪い。」というようなことを、言っていた。
佐藤寿人は、その言葉を素直に受け止めて、それを実践していったのだ。
それができてくると、バーレン戦で再会した中村俊輔は、「最近得点しているようだけど、j2はゆるいんじゃない」と言って、寿人をさらにあおっている模様。
俊輔は、この得点を来シーズンはJ1でみせてくれよ!と寿人をたきつけているのだ。
寿人は寿人で、中澤に「がんばってくださいよ、J2は本当に大変ですから」と言っていたようだから、あおったり、あおられたりはお互い様。日本代表は、なかなかいいコミュニケーションがとれているようだ。

さあ、これでサンフレッチェ広島は、次は何をめざすのかな。
勝ち点100越えというあっけにとられるような記録を目指すというのもある。
天皇杯優勝も目標になる。
佐藤寿人は可能な限りゴールを積み重ねてほしい。
ゴールを決めると、両手を広げて、ゴムマリのようにはじけたステップで走りこんでくる佐藤寿人の姿が大好きだ。

佐藤寿人、おめでとう!!

●昨年オシムジャパン合宿時の寿人と俊輔の話
サムライ通信合宿初日 若手に与える中村俊輔の"存在感
●佐藤寿人と俊輔の話は東京中日スポーツにも掲載されていた。
【蹴球探訪】寿人が語る 広島スピード復帰の秘密(東京中日スポーツ)
[PR]
Commented by ヤレヤレ at 2008-09-28 19:11 x
決まりましたね~!! 早かったです!! 広島でも中継はなかったです>< 今日は広島市民球場がホームで最後の試合だったので、そっちに取られてしまいました^^; 優勝はTVのニュース速報でいち早く知る事ができましたが・・・寂しいです!! 今晩広島のスポーツ番組でやると思うんで、録画して見ようと思います!!
今年のサンフレは何が1番良かったかと言うとチームの雰囲気です!! 絶対上がるんだという気持ちを全員持ってましたし、試合後のパフォーマンスを見てもローカル番組見てもみんな仲が良いです!! 本当にチーム力が素晴らしかった!! 
windowheadさんも書いておられますが、俊輔と寿人は良い関係のようなんで先発から使ってみて貰えないでしょうかね~^^; 岡田氏ですからね~ないですかね~ぇ><  サンフレのように選手同士の関係の良さがチーム力UPに繋がるんですけどね~!
>さあ、これでサンフレッチェ広島は、次は何をめざすのかな。
みんなで勝ち取ったJ1ということで、あまり出てなかった選手、サテライトの選手に出てもらいたいです!! それが自ずと来季のタメになりそうで!!すいません、長々と書いてしまいました!! 
Commented by windowhead at 2008-09-29 09:56 x
ヤレヤレさん、サンフレッチェ、やりましたね!
一度も首位を明け渡さない圧倒的な強さを見せ付けながらも、決して殺伐とした雰囲気のチームではないのが、サンフレッチェのよさですね。まるで高校サッカー部みたいなみずみずしさが溢れていた。
アントラーズのようなふてぶてしい強さより、サンフレッチェのようなしなやかな強さのほうが好きというのは、個人的な好みですが、来シーズンが、早速楽しみになっています。

出場機会に恵まれなかった選手やサテライトの選手たちに実践を体験してもらい、J1を自前の選手たちで戦えるような選手層を造って言ってほしいです。
絶対にブラジルの選手は取らないようにお願いしましょう。クボタツの再度の覚醒を願っています。
by windowhead | 2008-09-28 15:39 | 紙のフットボール | Comments(2)