カテゴリ:私的危機管理( 16 )

「生存指導書 ー生き抜くために」のこと

長いことブログを書いていると、書いた本人も忘れていたような文章に思いがけないアクセスがあって驚くことが多い。最近も2007年4月17日に書いた「手帳にメモした「生存指導書」の巻頭言」という文章に多くのアクセスがあっていた。おそらく韓国の痛ましい海難事故が要因なのだろう。
テレビで、傾いて沈んでいく船に装備されているのにほとんど使われないままの拡張式救命筏が映し出された。すでに沈没しかけている船の救命筏が使われていないことを想像する。とても悲惨な映像だ。

b0009103_7154217.jpg

アクセスのあった昔の文章には、拡張式救命筏の中身について書いていた。
救命筏の装備品の中に耐水性のある紙に印刷された「生存指導書ー生き抜くために」という200ページ弱の冊子がある。
食糧や水の注意のほか、釣りの方法、陸地発見方法、応急手当て、救難信号の使い方やボートの修理方法まで、遭難の際の重要事項が日本語と英語で書いてある。
その冊子の最初にはこんな文章が書かれている。

「生き抜くために、望みを捨てるな
救助は必ずやってくる。
遭難、漂流と人生最悪の極限ではあるが、
強い精神力で3日は生き延びよう。
後は10日も生きられる。
海は不毛の砂漠ではない。
食料の魚、プランクトンもある。
又、魚肉の50~80%は真水である。
船が沈んでも世界はある。
何も恐れることは無い。
過去の遭難の犠牲者は海の為に死んだのではない。
恐怖のために死んだのである。
飢えや渇きによって死ぬには長時間かかる。
最後の1秒まで生き延びる努力をしよう。
死を急ぐ理由は何にも無い。
家族が待っている。」


「生きる希望と生命力は比例するといわれます。望みを捨てた時が、終わりの時です。どんなに絶望的な状況でも『生き抜こう』と思うことが、生還の第一歩です」「もし数人で漂流した際は、団結です。仲間が多いほど知恵が生まれ、生還のチャンスが広がります」と仲間と励まし合えば恐怖を乗り越え、希望を持ち続けられるとも言っている。
救命筏には、小さな室内灯がついていて、「生存指導書」が読める明るさになっているらしい。

私たちの日常でも、「生存指導書」が教える精神は大いに役立つ。
大きな災害が続いて、非常時の物品の準備をしている家庭は多くなっているだろう。でも気持ちの準備はむつかしい。
希望を持ち続ける精神状態を作ることがとても難しい世の中になっているのかもしれない。
それでも「希望を持って生き抜くぞ!」というプラス思考を身につけよう。

改めて「生存指導書」のことを思い出させてくれたアクセスに感謝!
[PR]
by windowhead | 2014-04-23 07:18 | 私的危機管理 | Comments(3)

ときは元禄14年師走半ばの…

b0009103_13583640.jpg
そう、今日は元禄赤穂事件の 赤穂浪士 討ち入りの日。
いつからかこの事件が美談の「忠臣蔵」として日本人に浸透しています。

「時は 元禄15年 師走半ばの14日(トントン=扇で机をたたく音) 江戸の夜風をふるわせて 響くは 山鹿流儀の陣太鼓 しかも 一打ち二打ち三流れ‥ 」 江戸好みだった父親がこの季節によく口にしていたものですが、講談の一節のようです。

「笹や笹 笹や笹 笹はいらぬか煤竹を 大高源吾は橋の上 明日待たるる宝船…」こんな唄も口ずさんでいました。これは「笹や節」という江戸の俗謡の一節のようです。

昨日、twitterのTLも「年の瀬や水の流れと人の身は」「明日待たるるその宝船」と其角と大高源吾の両国橋の別れの有名な発句が流れていました。

うろ覚えながらも12月14日というと、これだけの歌が口をついて出てくるのですから、私の中の日本人も相当に忠臣蔵好きなのでしょう。
いや断言します。好きなのです。

しかし、あるときある本と出会ってから、この日にもう1つの言葉が頭の中を占めるようになりました。
「吉良供養」です。

b0009103_1415925.jpg
漫画家で江戸文化研究者でもあった杉浦日向子さんの作品集「ゑひもせす」の中に収められている作品のタイトルです。

吉良供養は、忠臣蔵・吉良邸討ち入りの段を史実をもとに客観的な視点で漫画を使って再構築しています。
「勧善懲悪」「忠臣の誉」も視点を変えれば、復讐の対象を間違えたテロ行為でもあるわけです。
一人の討死もなく天晴れ主君の仇をとった47人の赤穂浪士に対して、寝込みを襲われた吉良がたは、23人の死者と16人の負傷者をだしています。死者の中には満14歳の茶坊主もいます。主君を守るためにあえて寝所に踏み込んだ吉良の忠臣は誰かもわからないくらい顔を無残に切り刻まれていたとも書かれています。当時吉良家の当主であった吉良義周(上杉家からの養子で18歳)は、この事件の責任を問われて流罪となり、幽閉先で20歳で死んでいますが、流罪だったため検視まで埋葬も許されなかったそうです。

杉浦日向子さんは作品の始めにこう書いています。
「大義」が殊更物々しく持出される時人が大勢死ぬ。快挙とも義挙ともはた壮挙とも云われる義士の討入はまぎれもない惨事だと思う。


「日本を取り戻す」とか[決断」とか「自衛隊を国防軍」にとか挙句の果てには「拉致被害者は戦争するぞ攻め込むぞと脅せば取り返せた」などという言葉が聞こえだしています。平和であることで利益享受したような政治家たちが返す刀で国民を「平和ボケ」と言って、一つの方向にむかせようとしている風にも見えきます。
忠臣蔵に戻りますが、赤穂浪士たちの討ち入りの後押しをしたのは、庶民の無邪気な期待感でもあったと思うのです。NHKドラマ「薄桜忌」を見ていても、かたき討ちで人気者に祭り上げられた堀部安兵衛たちが、その庶民の期待感を利用して真の復讐(主君の名誉回復)を画策するシーンがありました。

この国は、知らず知らずのうちに、多くの人が死ぬ方向にかじ取りしているのかもしれません。
断じてその片棒はかつぎたくないですよ。だからこそ「国家」だの「愛国心」だの「平和ボケ」だのという言葉には注意したいと思います。否定するのではなく、それを発信している人が誰なのかを確かめる必要があるということですね。

「大義悉く滅す」杉浦日向子さんの言葉を心に刻んだ「吉良供養」の日です。
[PR]
by windowhead | 2012-12-14 14:06 | 私的危機管理 | Comments(4)

忘れないために、奢らないために

未来に伝えていきたいWebアーカイブ集(戦争・地震被害)
http://matome.naver.jp/odai/2131036635504428201

長崎でも もうすぐ 7月23日や8月9日がやってくる。
[PR]
by windowhead | 2011-07-16 10:08 | 私的危機管理 | Comments(0)

「いま私たち市民にできること」を見よう

国境なき医師団日本の友人から、こんな番組があるよ、と情報がありました。

4/5(火)22:00から NHKBS11で
「いま私たち市民にできること」という番組が放送されます。

この番組の趣旨書もPDFで添付されていました。

こちらにおいて置きます。

http://50s.upper.jp/kokuti.html


取り組みに興味があります。
ぜひ、見てみようと思っています。
[PR]
by windowhead | 2011-04-05 10:30 | 私的危機管理 | Comments(0)

今日はツイッターがつながりにくい

今日は、午前中からツイッターホームはくじらさんばっかり。

たくさんの人がアクセスしているのだろうが、何をつぶやいている?

ワールドカップの日本代表初勝利のことかな。

そういえば、昨夜、日本代表が戦っている最中は、サッカー系のタイムラインがほとんど動かなかったなあ。

みんな集中してみているんだなあと…。

その前の、デンマーク、オランダ戦では、ゲームの展開ごとに、のべつ複数の呟きがながれてきていたので、

日本、カメルーン戦でのタイムラインの静けさがやたらと目立つ。

そういう私も、ほとんど、つぶやくことなく日本代表が勝つまでテレビから目が離せなかったしね。

そんななかで、流れてくるつぶやきが、それなりに、おもしろい。

まったくワールドカップは関係ない人たちもたくさんいるんだなあと、実感させられた。

お国自慢や、おいしいお店を教えあう町おこしメンバーたち。

ブブゼラの音が耐えられないので、消音にしてモーツアルトを流しながらW杯を眺めているというオペラファン。すぐに、ワグナーはどうよというRTがついていた。

孫さんは、ツイッター上でもiPhonやi-Pad利用者たちに対応しているし、

父の日のプレゼントは○○を、などというビジネスツイートも、(夜に送るなよ、何件も)

日本中の人々は、その時間いろいろなことをしているんだなあ。


で、朝のワイドショーがこそって、日本代表の勝利を放映したため、昨夜観戦していなかった人たちがいっせいに「日本代表おめでとう!」ってつぶやきあったのかなあ。


最近、くじらさんの登場が頻繁になってきているツイッター。

この状態が解消されないと、ビジネスツールとしては、不安が残る。

すでに管首相のなりすましも登場しているというツイッターの世界。

ここでも安全と安定が課題になりそう。
[PR]
by windowhead | 2010-06-15 15:20 | 私的危機管理 | Comments(0)

プレミアリーグにも影響が出始めたとか

ロイター通信によれば、イングランドプレミアリーグの各クラブの負債はあわせて約30億ポンド(約5270億円)。その3分の1が、マンU,チェルシー、リバプール、アーセナルのビッグ4が計上している。
米国サブプライムローン破綻などから発生し世界的に広がる金融危機は、クラブ経営にも影響を及ぼすのは必至であり、ビッグクラブでも破綻する可能性があり得るという。
欧州サッカーという、私にとってはファンとして身近な対象である世界にも金融危機の波が押し寄せつつあるというのは、思いのほか衝撃的なニュースだった。

もう1つ国内では、福岡博多のど真ん中に建設構想中だったオリエンタルランドの「ディズニーの屋内アミューズメント施設」が建設断念らしい。福岡キャナルシティー隣接であれば、かなりの集客が見込まれるし、福岡へはアジアからの観光客も多いようなので、それなりの収益は見込めるのでは…と素人なりに考えるのだが、九州の中心都市福岡をもってしても、オリエンタルランドが目指す収益は見込めないとの判断なのか。
これももしかしたら、誘致していた不動産会社のほうへの投資や融資が思うようにいかなくなったためなのかもしれない。
日本にも世界的な金融危機の影響は、たしかに出てきていると思う。

与謝野大臣は、日本は経済の底がしっかりしているから、ヨーロッパのような影響はでてこないと言っているが、信じていいのだろうか。東京や首都圏は以前からの好況がまだまだ続いているので危機をかんじることもないのだろうが、地方はずっと冷え込んでいる。知人が店をたたんだり、知り合いの社長さんの会社が倒産したりと、危機感はものすごく身近にある。大丈夫大丈夫と言っておきながら、ある日突然お手上げですと、なにもかも投げ出されるのでは取り返しが付かない。
大きな影響を受けたヨーロッパの不況の波が日本に押し寄せてくることは多かれ少なかれ必至のことだろう。本当にそれにも耐えられるだけ日本の経済の底はしっかりしているのか?


首相は解散選挙より、景気対策と言っている。確かにそうだろう。しかし、具体的にどのような景気対策を考えているのだろう?
今回の首相は、アニメ好きなせいか、ターゲットを決めたらそれを打ち破ることに情熱を燃やしそうなお方。目標達成にまい進する情熱はいいのだが、視野がやや狭くないだろうか。まるで、日本の首相ではない自民党のトップとしての誇りしか彼の頭の中にはないような…。
打倒小沢民主党、総選挙勝利にしかフォーカスしていないような…。
国会の論戦で小沢氏を打ち負かし、民主党に勝つことだけに終始しているような首相。
そのようにしか見えない。

最近、NYにいる知り合いが、メールでとてもおもしろいジョークを送ってくれた。
NYやDCのアッパークラスの人たち向けの紳士服アドバイザーをしている人だが、彼がDCに行った時のこと、ある大学の国防や外交を学ぶクラスで最近こういうジョークが流行ったそうです。

「世界最強の軍隊とは?北朝鮮か中国人の歩兵に日本人の前線指揮官(でも彼らが日本人の言うことを聞くのか?)、ドイツ人の参謀に、アメリカ人の司令官、そして締めは英国人の首相。」

さて、このジョークのオチは、
「この軍隊を弱くするには、首相を日本人に換えればよい。」

というものらしい。
悲しいかな、反論ができない。
[PR]
by windowhead | 2008-10-08 13:59 | 私的危機管理 | Comments(0)

手帳にメモした「生存指導書」の巻頭言

「日経PC21」に掲載されている幸田真音氏のコラムに「生存指導書」のことが書かれていた。
船などに積んである救命艇や拡張式救命筏の装備品のなかにオレンジ色の表紙の「生存指導書」がある。海上で遭難した時のサバイバル法が事細かにかかれているが、その本の「巻頭言」が紹介されていた。

「生き抜くために、望みを捨てるな
救助は必ずやってくる。
遭難、漂流と人生最悪の極限ではあるが、
強い精神力で3日は生き延びよう。
後は10日も生きられる。
海は不毛の砂漠ではない。
食料の魚、プランクトンもある。
又、魚肉の50~80%は真水である。
船が沈んでも世界はある。
何も恐れることは無い。
過去の遭難の犠牲者は海の為に死んだのではない。
恐怖のために死んだのである。
飢えや渇きによって死ぬには長時間かかる。
最後の1秒まで生き延びる努力をしよう。
死を急ぐ理由は何にも無い。
家族が待っている。」



私たちの日常でも、「生存指導書」の精神は大いに役立つ。すぐに手帳にメモした。


もう10年以上前だがオフロードバイクに乗って山を走っていた時期がある。そのころはオフロードの先輩たちからいろいろとサバイバルの方法を教えてもらっていた。
彼らはサバイバル用グッズにも興味があって、廃船になる漁船の拡張式救命筏が廃棄されているという情報が入るとすぐさまその場所までいったほど。そのとき、救命筏の装備品を実際に見て、触れた。
すでに筏はこじ開けられていて、装備されていたはずのものもずいぶんなくなっていたが、それでもオレンジ色の角柱型プラケースに入った食料や発炎筒や救急医療具などが残っていたのでさっそく拾い集めて、自分のバイク用緊急時装備に入れ込んだりした。そのとき、2冊ほど説明書のようなものも拾ったが、その1つが「生存指導書」だったのかもしれない。(これは一緒に行ったM君が発炎筒と一緒に持ち帰った。…もう時効だよね)
救命筏には、小さな室内灯がついているらしいが、「生存指導書」が読める明るさになっているらしい。この「生存指導書」の役割の大きさを実感する話だ。


日常持ち歩くバッグの中に、非常事態に使えるものがどれだけはいっているかチェックしてみた。
ミニマグランプ(バッグが小さいときは入れない。そのときは携帯電話で代用する)、ミニサイズのビクトリノックス(十得ナイフ)、飴玉、キーホルダーに付いた磁石、ボート用ホイッスル、筆記用具、ハンカチ、そんなものかなあ。


ちなみに、拡張式非常用筏には、次のものが装備されているそうだ。

【参考資料】膨張式救命いかだの艤装品と用途
品名   (用途 )
浮き輪   (水中漂流者収容用 )
安全ナイフ   (本船離脱の際のもやい綱切断用 )
あかくみ   (いかだの内部に浸水した海水等の排水用 )
スポンジ   (床面の水分を取るために使用)
シーアンカー  ( いかだの安定を良くし、風によりいかだが流れえるのを防ぐ)
櫂   (本船離脱のため )
修理用具   (パッチ、ゴムのりなど気室の応急修理用 )
ふいご   (気室の空気補充用 )
救難食料   (1万キロジュール/人)
飲料水    (1.5リットル/人 )
コップ   (飲料水の等量配分のため)
応急医療具   (負傷者の応急手当用 )
船酔い薬   (出来るだけ全員が服用する)
船酔い袋   (嘔吐物収容用、いかだ内衛生環境保持のため)
保温具   (人体の体温低下を防ぐ為のもの)
缶切
笛   (聴覚信号、合図用 )
釣り道具   (漂流中の魚釣りのため)
行動指導書   (いかだに乗り込み後、直ちに取るべき行動を示したもの)
生存指導書   (必ず読むこと、生存する方法を示す指導書 )
救命信号説明表   (救命信号の送受信の解説 )
落下傘付き信号   (夜間の長距離用(有効距離12海里)
信号紅炎   (夜間の近距離用(有効距離1~5海里) )
発煙筒信号   (昼間最も有効な信号(有効距離5海里))
水密電気灯   (モールス信号発信可能 )
日光信号鏡   (日中に有効な信号)
レーダー反射器   (救助船のレーダーにキャッチされる )
取扱い説明書   (艤装品の使用方法)
安全弁閉止プラグ


これが、海上遭難時、力をあわせて生き残るための究極の品物なんだなあ。
[PR]
by windowhead | 2007-04-17 02:57 | 私的危機管理 | Comments(0)

ネット詐欺にひっかかったかも…みなさんも注意してね。

他にも同じような経験の方がいらしゃるかもしれませんので、私の今回のケースを記録しておこうと思います。

●先日、公開しているメールアドレスに某金券ショップからのメールが来ました。
●ホームページアドレスが書かれていたのでアクセスすると千葉県下の金券ショップのようでした。社長の顔写真もありました。
●1万円(千円券×10枚(1万円分)が1セット)の図書カードが25%くらい割引というので、早速購入手続きをしてお金も振り込みました。郵便局から振込みでした。(5枚買うつもりでしたが、なんとなく気になり結果1枚を買うことにして7千なんぼかを振り込みました)
●振込み確認メールが来ました。
 HPには、確認後、簡易書留で送付とありました。
●それから4日後、まだなにも届きませんから、「発送はいつになるのか?」とメールを送りました。これが2月3日です。
●すぐに、「商品が未だ届いてないとの事ですが、大変申し訳ありません。至急お調べし、早急にご回答致します。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします。」との返事がきました。
●それから、待ち続けているのに簡易書留は到着しません。
●業を煮やしてその後、2回ほどメールで催促するのですが未だに品物が届きません。
●そして、いつのまにか、そのHPはなくなっていました。
●2月3日のメールの返事に、ホームページを移転する旨が書かれていました。2月16日ごろ楽天に移転予定となって、URLも記載されていました。そのときアクセスしてもまだホームページはありません。今日アクセスしても、やはりありません。
●月末になっても品物がこないなら千葉県の消費者センターと楽天に届けを仕様と準備していました。

この時点までは、まだ少し信用はしていました。
が、今日、これが詐欺メールだったのではと確信できるようなことが起こりました。

さっき、神奈川県の「チケットセンター●●●」というところから「商品券&図書カード1万円分が22%OFF!7800円で激安販売!!」というメールが入っていました。

●文面が、私がひっかかった千葉県の業者とまったく同じです。
●ホームページアドレスが、前の業者と同じ。アクセスした現在では、ホームページもありません。さらに、3月30日にはホームページは移転する(楽天市場申請中)というのまで同じです。
もちろん、掲載されている楽天のURLをクリックしてもなにもありません。なんと、このアドレスも千葉の業者と同じです。
●そして、今回の神奈川県の業者の代表の名前が千葉の業者と同じでした。
●ここに、業者名を書きたいのですが、もしということもありますので、伏せています。ただ、ひらがな3文字、業者の住所は神奈川県大和市深見東●丁目となっています。
●さらに、こわいのは、「配信停止」用のメールアドレスまで書かれています。配信停止のメールで、ロボットで集めたメールの実態を確認することができるわけですね。

ほぼ100%に近い確率でこの業者は詐欺だと確信しました。

ひっかかったのが、とてもくやしいのですが、私のような被害者を増やすわけにはいきませんので、以下に、今日来たメールの全部(URLや業者名は伏せますが)を転載します。
同じようなメールが来た人も来ていない人も注意してください。
わたしと同じように被害にあったと思われる人は、消費者センターか警察にとどけましょうよ。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

  ◆チケットセンター●●●◆メール通信№3(3/1隔週号)◆

    1万円分の商品券&図書カードを7800円で!
   数量・期間限定、開店記念セールだけのお得販売です

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯
     ★★★ 開店記念セール第2弾 ★★★
 全国共通百貨店券・JCBギフトカード・全国共通図書カード
  10000円分を7800円で販売です!(22%オフ)
┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷

■数量・期間限定開店記念セールだから出来る超お得セール!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国で使える「全国共通百貨店券」「JCBギフトカード」
「全国共通図書カード」10000円分を7800円での
激安販売です! さらに送料は当社負担!
またとない開店記念&新春セールだけの超お得セールです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■お申込みについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※お申込可能数量には上限がございます。
※期間限定となっていますが、販売数量には限りがございますので
 売り切れ次第、セール期限内でも終了となります。
※今回の開店記念&新春セールはモニター販売となります。
 ご購入頂いたお客様には、簡単なアンケートをご用意しており
 ますのでご協力をお願いいたします。(個人情報等は記入不要)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「金券販売の●●●」が、平成18年12月19日、通信販売専門
ネットショップ「チケットセンター●●●」としてOPEN!
今回は開店記念セール第2弾、「全国共通百貨店券」
「JCBギフトカード」「全国共通図書カード」の激安セールです。
全国のデパートやお店、書店で使えます。
使用期限はありませんので、この機会にご購入されておけば
とってもお得です。

      詳細は当社ホームページでチェック!
             ↓
    http://・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.com/index.html

■ご注文方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ここ(↓)をクリックして当社ホームページへ。
  http://・・・・・・・・・・・・・・・・・・・/index.html
2.トップページの「開店記念セール第2弾」のバナーをクリック。
3.ご説明にしたがって、お申込み下さい。
4.折り返し当社より、御注文番号・お振込先・お振込金額等を
  お知らせいたします。
5.銀行振込みにて御入金下さい。 なお、お振込手数料は
  お客様のご負担となりますので、ご了承下さい。
6.お振込日(午後2時30分以降のお振込は翌日扱いとなります)
  の翌日に商品を簡易書留郵便にて発送いたします。
  (ご注文金額が5万円を超える場合は書留郵便にて発送。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ご注文について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※商品は、千円券×10枚(1万円分)が1セットとなります。
※価格は、1セット(1万円分)が7800円となります。
 (2200円引きの22%オフとなります。)
※送料は当社で負担させて頂きますが、速達をご希望のお客様は
 別途速達料金270円が加算されます。
※御注文はお一人様各商品10セットまでとさせて頂きます。
※御注文受付期限は、3月7日(水)までとなりますが、販売数量
 に限りがありますので予定数量に達し次第、期限内でもセール
 終了となります。早期終了が予想されますので、ご了承下さい。
※商品は簡易包装となります。(今回の開店記念セールでは
 贈答用包装は行っておりませんのでご了承下さい。)
※ご購入頂いたお客様には、当社の販売方法、対応、ホームページ
 のご感想に関する簡単なアンケートをご用意していますので、
 ご協力をお願いいたします。(個人情報等の記入は不要です)
 アンケートはお振込のご案内メールと一緒になっていますので、
 商品到着後にご返信下さい。
※各商品の絵柄、図柄のご指定はできません。
※同業者様や転売目的の御注文はご遠慮下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
         チケットセンター●●●
     http://・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.com/index.html
―――――――――――――――――――――――――――
    〒242-00・・ 神奈川県大和市深見東・・・・・・
          TEL ・・・-・・・・・・・・
          チケットセンター●●●
          代表 ・・・・・・・・・・・
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

※ホームページアドレスは平成19年3月30日より
  http://www.rakuten.co.jp/・・・・・・・・・/
  へ移転の予定です。(楽天市場申請中)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
■事業者:チケットセンター●●●
■神奈川県大和市深見東・・・・・―――――――――――――――――――――――――――――――――
特定商取引法施行規則 受取りを希望しない場合の連絡方法
弊社からの広告メールの配信停止を希望の場合は、下記のメールアドレスの
件名に「配信停止」と記入して送信してください。
cancel26@・・・・・・・・・.com
[PR]
by windowhead | 2007-03-01 12:54 | 私的危機管理 | Comments(5)

コメントスパムの対処方法ってないのかなあ

ずーっとなやまされているコメントスパム。
毎日日課のようにスパムのコメントを消し、URL拒否に登録していたが、らちがあかない。
コメント許可をログインユーザーのみに制限したが、やはりスパムがはいってくる。
スパムコメントがつけられる記事は決まっている。
この記事を削除すれば、自動制御で送られてるようなスパム被害は解消できるのだろうか。

ついに、ここ2日くらいコメント拒否設定にしてみた。

しかし、どう考えても、コメントやトラックバックを拒否するということは、ブログの特長を消すことであって、ならばブログとして成立しないことになる。
やはり、コメント拒否やトラックバック拒否はやめたい。

というわけで、いっそ、ブログを読んでくださっている方から、お知恵を拝借しようと考えた。

みなさんも、コメントやトラックバックのいたずらにあっていませんか?
対処方法、撃墜方法を教えてください。
ブログサービスによってスパムが多い、少ないがあるのでしたら、よりよいブログサービスの情報もいただけるとありがたいなあ。

気心のしれた人が集まることができるソーシャルネットワークを奨めてくれる人もいるのですが、閉鎖性という方向に進むのはどうかな~~というのが本心。
インターネットの感動は、知らない人との出会いや共感と思っている。

有効なコメントスパムやトラックバックスパムの対策をご存知の方、教えてください。
[PR]
by windowhead | 2006-12-25 02:53 | 私的危機管理 | Comments(3)

ブログの特長が悪用される悲しさ

最近、コラムを書くフィールドをブログからもとのHPに戻そうかと真剣に考えている。

FTP作業もなく、どこからでも書き込めるブログのフットワークのよさに感激し、もう3年ほどブログを使ってきた。
HPは別に持っているが、どちらかというと、そちらの更新より便利なブログにシフトしてきたが、最近、ブログの特長でもあるコメントやトラックバックを使ったいたずらや悪質なビジネス利用が目に余る。
とくにトラックバック。
トラックバックがかけられているので、楽しみにその記事に行くと、まったく記事のない準備中のブログだったり、関係ないビジネスや商品一覧のブログだったりで、腹が立つ。
たしかに、トラックバックはだれがかけてもいい。しかし、TBのもともとの主旨は、関連記事、関連事項のつながりのはず。土方歳三と出逢い系になんのつながりがあるというのだ!!!
先日は、中村俊輔の記事にロナウジーニョ…というTBがかけられていたので喜んで飛んでいったら、その先は、コラムもなにもないサッカー商品を並べた個人サイトだった。ロナウジーニョはロナウジーニョモデルの靴かなにか。
たしかに関連はあるが、それ、反則でしょう。
人の玄関を利用して自分のお店に客を引き込むと言うやり方、姑息すぎないだろうか。おまけに、入り口を使わせてくださいねということわりもなしに…。
トラックバックを小商いに使うというやり方を教えているサイトなり本なりがあるのだろう。そうでないと、最近どんどん増えてきているのが自然発生とは思えない。

ついにいくつかの記事でTBを禁止してみた。
しかし、それでは本当にちゃんと関係のあるTBをかけたい人をもはじくことになる。
それは、なんのつながりも出てこないただのコラムサイトということになり、ブログの特長の一つを制限することで、ある意味ですでにブログではなくなっていることになる。

コメントもおなじように、意味不明のいたずらのようなものが増え始めている。
毎日毎日ブログを開き、記事を書き込む前に、いたずらのようなコメントやトラックバックを掃除することが日課になってきている。
悪質コメントやトラックバックを掃除しながら、とても腹立たしい気分と悲しい気分になる。とくに商品やビジネスを売ろうとしている人たちが、こんなに姑息は方法をとることに気分は落ち込んでくる。ITのビジネス活用とは、こんなことなのか!人の気持ちも考えないで小金儲けをすることがビジネスなのか?少なくとも大人がやることではないはず。
もし、そのようなことを教示している本などがあるのなら、その本の著者を訴えたいくらい。


ブログがブログであるためには、トラックバックとコメントは必須アイテムだ。
それが、悪用されたり、いたずらの対象になってきているのなら、すでにブログの機能はバージョンアップが必要なのかもしれない。

「ミクシー」などのソシャルネットワークに誘われることも多いが、本来、閉ざされた仲間内だけの世界というものは、私が求めるインターネットの世界とは相反するので、積極的に取り組みたいとは思っていない。

結局、自分のお金を出して自分で構築したホームページが一番安心であり、理想の形に近いものであると思えてくる。ただ、コメントをどのような形でもらうか?その方法を考え中だ。(なにしろ、ホームページにメールアドレスを表示すると、すぐさま迷惑メールが山ほどくる現状だから。


インターネットを悪の温床のように忌み嫌っている進歩したくない人々のまちがった認識を改めてもらって、さらに役に立つ次世代の情報手段としてインターネットを定着させるためにも、人のことを考えた利用の仕方をしたいと思う。

最近は、良心的な人はTBするとき、ほとんどコメントを残してくれる。本来はその必要はないのだが、やはり同じような嫌な思いをしたことからの配慮だろう。二度手間をかけているみたいで心苦しいが、私も最近は同様にしている。
普通に使っている人が、それほど気を使わなければならない状況にまでなってきているブログのトラックバックやコメントの悪用。
なんとかならないものだろうか。
[PR]
by windowhead | 2006-05-21 13:12 | 私的危機管理 | Comments(4)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧