<   2004年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

台風前の美しい夕焼け

b0009103_2322181.jpg

今度は九州に上陸の模様。夕焼けがとても美しかった。みとれている間は台風のことも忘れるくらい。
[PR]
by windowhead | 2004-08-29 23:20 | 日日抄 | Comments(0)

私の中では終わったわ!と言いつつも…


早々と男子サッカーが負けたところで、私の中ではアテネ五輪は終わった!
しかし、新聞もテレビも毎日毎日五輪の露出度が高いため、ついつい眺めてしまっていると、なかなか素敵なシーンと出会うものだ。

・「康ちゃんばかりじゃないんだというところも見せたくて…」100背泳ぎ銅メダルの森田智己のコメントがかわいい。丸刈りの19歳か…。平山相太の喜ぶ顔がみたかったなあ。

・男子体操・鉄棒を見ていて、体操も演技なんだと思う。アメリカ選手の力技でぐんぐん押すような鉄棒にすごいなあと思ってみていたが、日本の鉄棒は違った。なめらかで美しい。鉄棒の大きさに対する演技者の体格がぴったり調和だとれている。大柄すぎると鉄棒がこわれそうだし、小さすぎると技が晴れないし…。そんな意味でもバランスがとれていて、美しい。技の難度はわからないが、隅々まで神経の行き届いた美しさでは圧倒的だったなあ。

・ビーチバレー負けたらしい。それにしてもいつも疑問に思いながらそのままになっていることをここで書くね。
ビーチバレーのユニフォームは絶対におへその出たセパレーツ水着でなければいけないのかなあ?あのユニフォームが似合うのはUSAくらいで、他の国の選手は晴れがましくユニフォームを着けているようにみえない。日本選手もスタイルが良くて似合うんだけど、覚悟を決めて着用しましたって、感じがするんだなあ。
ビーチバレーのユニフォームの規定、知っている人、教えてください。

まだまだいいシーンに出会うことだろう。

あなたが応援するアテネ五輪!
[PR]
by windowhead | 2004-08-18 11:44 | 日日抄 | Comments(0)

子犬を抱いた特攻少年兵の微笑み

13日の「情報ステーション」の中で「17歳死の出撃 微笑だけがのこされた」という短いドュメンタリーがあった。
17歳で出撃した特攻隊兵・荒木幸雄氏の短い一生を追ったもの。荒木幸雄氏とは、子犬を抱いて微笑む姿を新聞社のカメラマンの写真に残した人。(特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会ホームページの写真がそれ。子犬をかかえているのが故荒木幸雄氏)
幼なさの残る少年兵たちの微笑みが記録されたこの写真は、それに出会った人の心を捉えて離さない。6,7年前製作された「君を忘れない」という特攻隊を描いた青春映画でも、子犬を飼うシーンがあり、やりきれない思いだった。

出撃日が決まった時は近寄りがたいほど厳しい表情をしていた彼らが、出撃当日、にこっと笑って飛び立ったという話には胸が締め付けられた。
戦果確認機も同行しない出撃だったという。見捨てられた子犬の群れのような出撃に、若い彼らはお互いを励まし合いながら飛び、突っ込んでいったのだろう。
彼らの最後を見届けて伝える者もいない。

2週間ほど前、近所の方のお葬式に列席した。故人は少年兵として16歳で駆逐艦に乗ってキスカ島撤収作戦に参加したそうで、戦友という人が弔辞を読まれた。おもむろに生成り色の戦闘帽を出してかぶり、一言一言語りかけるように、一緒にすごした戦争中の戦いの思い出を読み、おまえも逝ってしまうのかと呼びかける。
読み終えた戦友は、戦闘帽を取ると、大きく振り回しながら「もり~~、さようならぁ~~」と祭壇に向って叫んだ。まるで、沈んでいく船に最後の挨拶をするように。その瞬間、心を鷲づかみされたようで涙がこみ上げてきた。戦友同士は、月日がたっても、16歳のままのようだ。

16歳、17歳というのは、五輪サッカー選手・平山壮太君より若い。ちょうど高校野球の選手たちの年齢。こんな子たちが、戦場の真っ只中で、無名の死と向き合う姿は、想像するにはつらすぎる。

8月15日だけ、イベントのように戦争特集をするのはどうかという意見もあるが、オリンピックと重なっている今年は、その戦争特集も少ないような気がする。
そんな中で「17歳死の出撃 微笑だけがのこされた」はとても貴重なレポートだった。

私は護憲派。平和憲法は最大の国際貢献だと信じている。
[PR]
by windowhead | 2004-08-15 14:49 | 男たちの眺め | Comments(0)

おはよう今朝も快晴

b0009103_914456.jpg

港はべた凪で水面は鏡のように空を写している。 対岸の三菱長崎造船所に係留している船の色が映える。 赤の船は自動車運搬船かなぁ?教えてほしい。
[PR]
by windowhead | 2004-08-11 09:15 | 日日抄 | Comments(0)

8・9長崎の空

b0009103_1930262.jpg

久しぶりに雨。でも30分位ではオシメリ程度。今年も暑い原爆祈念日だった。雲は秋の予感というには早すぎるかな。
[PR]
by windowhead | 2004-08-09 19:31 | 日日抄 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧