<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

龍馬は何回長崎の地を踏んだのだろう?

8月初め、ある公民館講座を担当した。先方から示されたタイトルは「龍馬と長崎」だ。
龍馬のエピソードにはあまり興味がない私でも司馬遼太郎の『龍馬がゆく」くらいは読んでいる。
長崎と龍馬の関連で私が一番興味があったのは、
「龍馬はいつからいつまで、何度長崎に来たのか?」
「どんなルートで長崎に入ったか?」 だ。
せっかくだから、この際、それを確認してみようと思った。長崎龍馬会の知人から、龍馬関連の詳しい年表をいただいたので、これをもとに、龍馬の行動表を作ってみたが、なかなか興味深いものになった。

龍馬が最初に長崎を訪れたのは、元治元年(1864)2月23日龍馬30歳のとき。勝海舟に随行して長崎の地を踏んでいる。勝は、外国艦隊が長州攻撃をかけるということでそれを慰留する役目を負って来崎した。このときの龍馬はただの腰ぎんちゃくみたいなものだったろうね。二人は、大阪から「翔鶴丸」に乗って今の大分県佐賀関まで行き、佐賀関からは、陸路で途中、横井楠南を尋ねたりしながら、九州横断して、島原に着き、そこから船で長崎に入っているようだ。長崎での宿舎は「福済寺」。4月4日まで滞在し、往路と同じルートで帰っている。


<<坂本龍馬の行動表(長崎に関連した元治元年から慶応3年まで)>>

元治元年(1864 )
江戸→大坂→京都→大分→熊本→①長崎(約1ヶ月半滞在)→熊本→大分→大坂→京都→江戸→下田→神戸→京都→神戸→江戸→京都

慶応元年(1865 )
京都→鹿児島→熊本→太宰府→下関→西大寺→京都→周防→三田尻→山口→下関→京都→周防→②長崎(数日)→下関→③長崎(数日)→下関→兵庫

  ※③時に亀山社中結成

慶応二年(1866 )
兵庫→大坂→伏見→大坂→下関→④長崎(1,2日)→鹿児島→霧島→鹿児島→⑤長崎(約10日)→五島→下関→小倉沖→山口→⑥長崎(約10日)→鹿児島→⑦長崎(約10日)→下関→⑧長崎→下関→⑨長崎 (5ヶ月位の間に数回行き来)

 ※この年1月、近藤長次郎が自刃 
  2月、龍馬、寺田屋で幕府の捕手に襲われ、お龍に気転で逃れる。
  ④はお龍を伴って薩摩の船で長崎に立ち寄り、近藤長次郎墓に墓参。
  そのまま船で薩摩へ。お龍との新婚旅行と言われる行動は④と⑤の間で行われている。
  ⑤の後の五島行きは、この年の5月長州藩からの兵糧を積み鹿児島に向け出航し、
  五島沖で座礁したワイルウェフ号の後処理と同航海で死亡した池内蔵太、黒木小太郎ら
  の弔いのため。

慶応三年(1867 )
長崎→下関→⑩長崎(約1ヶ月半)→鞆の浦→下関→⑪長崎(約20日)→下関→大坂→京都→兵庫→土佐→下関→⑫長崎(約1ヶ月)→下関→高知→大坂→京都→福井→京都

  ※⑨時に海援隊結成(海援隊本部は小曽根邸に置かれた)。
    ⑩から出航は「いろは丸」に乗船。鞆の浦までの間で衝突沈没。
    ⑪からの出航は 土佐藩船「夕顔丸」に乗船。後藤象二郎に「船中八策」披露


こうして、数えてみると、12回長崎に来ていることになるが、慶応2年、長州と長崎の間を何回も往復しているので、15回くらいは長崎に足を踏み入れていることになる。
そして、初回以外はすべて船を使っているところが龍馬らしい。

龍馬にとって、船と長崎は、本当に将来の活動の拠点として自分のライフプランに位置づけていたのだということがはっきりとみえてくる。
将来の飛躍の前に、国内のごたごたが早く治まるように、ついには荒治療に手を貸した、その最中に暗殺されたということだろうか。

この行動表を見ていると、やはり龍馬は、幕末最高の「パシリ」(良い意味で。腰が軽く、行動力がある人、社交性がある人が、人と人の間を用件をもって行き来すると、物事はスムーズに進んでいくのだ。)だったと…。龍馬だったら「パシリ」と言われても、侮辱されたとは思うまい。彼の本来の目的は、倒幕後の地位や権力ではなく、海外貿易だったから。開かれた未来を夢想するなら、パシリでもなんでもして、さっさとスタートラインを作りたかったのだと思う。

「行動表」を作ってみると、改めて龍馬の行動力に敬意さえ感じてしまう。
[PR]
by windowhead | 2006-08-25 18:44 | 長崎と幕末維新 | Comments(0)

エレガントな選手は難しい?…そんな代表なら興味なしだなあ。

今朝、朝日のスポーツ欄の「オシム語録、狙いは」という記事のなかに
「エレガントなプレーと効率的なプレーは両立しない。あまりにもエレガントな選手は難しいかもしれない」
という談話が掲載されていた。セルティックの中村俊輔を意図した質問への答えらしい。

これで、いっそう今後の日本代表に興味がなくなった。

勝つことが最優先らしいからそれでもいいのだろうけど、それなら高校サッカーでも草サッカーでもなんでもいいや!ってことになるね。
確かに日本人は日本のチームが勝つことを楽しみたいのかもしれない。でも、すばらしいプレーを見たい。特異な才能がなせるファンタジックなゲームを見たいという心理は意味がないのだろうか。

先日の、トリニダード・トバコ戦、イエメン戦のつまらなかったこと!
特にイエメン戦のつまらなかったこと。ジェフの選手がはいっているから、トバコ戦より、イエメン戦がよりオシムイズムが発揮されたチームなんだろうけど、発展途上とはいえ、あれがオシムサッカーなのかと。
ゲームをTVで見ながら、小野や中村や稲本のプレーを重ねてしまう。
なんなのだろう?オシムジャパンと言われるチームのゲームを見ていると、黄金の中盤と言われた選手たちがいかにすばらしいプレーヤーだったかが如実に見えてくるのは。

いまの日本代表は走り回るだけのがさつなチームにしかみえない。ゲームの流れを変える可能性があるフリーキックやコーナーキックを雑に蹴るし、セットプレーのカバーもない。頭を使うと言うことはヘッドで押し込むことだったの?それすら枠をはずす、どこに頭を使って走るというプレーがあったのか?と言いたくなるようなつまらないなゲーム。若いエネルギーが走り回るだけのサッカーなら高校サッカーを観れば~~。
こんな幼稚なチームを4年かけて、この前の代表クラスに成長させるのだろうから、まあ長い目でみてあげるべきなんだろうけど、スターがいないチームを見るのは根気がいるよね。

エレガントなプレーは現代サッカーのトレンドではないかもしれない。しかし、スペインやアルゼンチンやブラジルのいないサッカーがどれほど魅力に欠けるか想像できる。どのチームが好き?どの選手が好き?と聞かれたら多くのサッカーファンが、華麗なプレーをするチームや選手を挙げることだろう。だれだって、華やかなサッカーが見たいのだ。

広い視野とゲーム構成力をもち高い技術も併せ持つ小野や中村は今の日本代表に組み込むのは無理があるだろう。発展途上の選手とはあまりにギャップがありすぎるから。

洗練された選手は海外で活躍していて欲しい。
小野君、また海外に出て欲しい。日本のチームで自分を持て余しているのではないだろうか。
中村俊輔選手は、チャンピオンズリーグがある。代表に呼ばれればできる限り応じたいと健気なコメントをしている中村だが、チャンピオンズリーグに専念し、そのエレガントなプレーでできるだけ多くのゴールに絡んで欲しい。

今の日本のサッカー界には、ドイツワールドカップとジーコジャパンはなかったことにしたいというような風潮が感じられる。その中心にいたものを消し去ってリセットしたいという雰囲気が、過剰にオシムと彼の指導を持ち上げているような気がする。
「古い井戸」と言われた選手たちを消し去ることで「新しい井戸」は芳醇な水を湛えることができるのかな?少なくとも「古い井戸」は世界を知っているのでは?ならば、その経験を「新しい井戸」に伝える場を用意したほうが「新しい井戸」はより多くの水を湧き出させることになるのだろうに…と素人ながら疑問を感じる。

まあ、オシムがエレガントな選手が不要というのなら、それでもいい。
日本代表戦を見る必要がなくなっただけ。
それより、さっそくスカパー契約を本気で考えることになりそう。
チャンピオンズリーグでがんばる中村俊輔を見るために時間とお金をそちらに向けよう。
華麗なプレーがあってこそのプロという見方があってもいいでしょう?
子どもたちが憧れる選手こそすばらしい選手という見方があってもいいでしょう?
美しいプレー、楽しいプレーで魅せる中村や小野は、いまオシムが召集したどの選手よりも子どもたちにサッカーの夢を伝えられる選手として存在している。
日本代表というのは、今「勝ち」だけが欲しい大人たちだけでなく、子どもたちの夢に応えるという使命もあるはずだ。オシムは子どもたちにサッカーってファンタジックで楽しいものだというメッセージを伝えられるのかな?それとも、それは彼の仕事ではないのかな?


「エレガントな選手は要らない」というオシムの発言は、私にとっては日本代表を見切るきっかけになってしまった。残念なことに…。ついでに、スカパー契約のきっかけにもなりそうだ。


そうそう、それでもJリーグはチェックするよ。
それもセレッソ。久しぶりに名波のプレーが見られる。
[PR]
by windowhead | 2006-08-19 12:13 | 紙のフットボール | Comments(0)

お盆16日は「飴屋のゆうれい」と「地獄絵」に会える日だった。

b0009103_224201.jpg
日本各地にある「赤子塚伝説」だが、長崎にもある。
長崎では、「飴屋のゆうれい」という通称で呼ばれている民話がそれ。

長崎市伊良林1丁目にある浄土真宗本願寺派のお寺「光源寺」が、その民話のお寺になっている。
「光源寺」には「産女(うぐめ=長崎では「うぶめ」ではなく「うぐめ」と言っていたらしい)の幽霊像」があり、毎年8月16日にご開帳となる。

b0009103_2253320.jpgお寺の本堂で、子どもたちと一緒に、紙芝居仕立てになった民話を聞いてから、幽霊像が祭られている部屋に通される。その部屋は戸を閉ざし、暗さを演出してある。ろうそくの明かりの中で初めて対面した幽霊像。木彫に黒髪のかもじがつけられ、裾に行くにつれ細くなった白い着物が着せてある。目にはギャマンを入れてあるそうで、光の当て方で青くきらりと光るようだ。幽霊像を納めた箱の箱書きや由緒書きによれば、この像が作られたのは延享5年(1748)らしい。昔は夜のご開帳だったが、子どもたちが本気でこわがるので、昼の行事に変更されたそうだ。

幽霊像にお参りしたあと、参拝者には、昔ながらの「米飴=アメガタ」が配られる。この「アメガタ」は、福岡県柳川大松下のもの。毎年そちらから取り寄せている。筑後柳川はこの長崎の「光源寺」を開いた松吟法師が出られた「光源寺」があるところ。そのような関係で柳川の飴なのかな?

また、このお寺から寺町どおりを少し街中のほうに行った麹屋町には、昔、通称「ゆうれい井戸」というのがあった。光源寺の「産女のゆうれい」とこの井戸の言い伝えがいっしょになって、長崎独特の赤子塚伝説「飴屋のゆうれい」になっているらしい。

b0009103_226654.jpg「飴屋のゆうれい」の民話の概要は以下のようなものだ。

「昔、麹屋町の飴屋に真っ青な顔をした京なまりの女が尋ねてきて、飴を1文分買っていった。翌晩も、翌晩も1文分づつ買っていく。7日目の夜、尋ねてきた女は、お金がなくなりましたが、どうか飴をめぐんで下さいというので、飴屋の主人は哀れに思い飴を渡した。
ずっと気になっていた主人が女の後をつけると、女は光源寺の山門をくぐり、本堂裏の新しい墓に消えた。
翌日、その墓を掘り起こすと、墓の中には、女の死体の横で元気そうな赤ちゃんが生きていた。住職は、その墓の持ち主を調べ、肉親に赤ちゃんを渡してあげた。肉親は大変喜んで赤ちゃんを受け取った。
それから数日後の夜、また飴屋の戸をたたく者がいた。飴屋の主人が戸をあけると、前に尋ねてきた女が立っていた。
女は、子どもを助け、肉親に届けてくれたことに感謝し、そのお礼がしたいので、欲しいものを言ってくれという。飴屋の主人は、この町内は水が少ないので困っている。と言う。すると女は自分の櫛を見せながら、明日の朝、この櫛が落ちているところを掘りなさいという。翌朝、主人は近くで櫛を見つけ、そこを掘ると新鮮な水がこんこんと湧いてきた。主人は町内の人と相談し、この場所に井戸を作った。この井戸はどんなに日照りが続いても水が切れることがなく、町内の暮らしを豊かにした。いつしか、この井戸は「麹屋町のゆうれい井戸」と呼ばれるようになった。…というお話。


このような赤子塚伝説はいろいろなところにあるらしいが、長崎の「飴屋のゆうれい」の特長は、
・幽霊は地元の女ではなく、京都なまりだった。・見つかった赤ちゃんの父親を探してその人に届け、父親からも感謝されたこと。・その後、幽霊が恩返しにくるところなど。

ちなみに、京都の六道珍皇寺近くで「京都名物幽霊子育飴」(みなとや幽霊子育飴本舗)が売られているが、その由来書きでは、ここの幽霊から生まれた赤ちゃんは飴屋さんが育ててのち高台寺のお坊さんになったという。余談だが京都の「幽霊子育飴」はべっこう飴系。


b0009103_2262711.jpg光源寺で「産女の幽霊」を拝見し、飴をいただいたら、数軒隣の三宝寺に行く。
お盆の16日は地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休むとされる閻魔賽日。三宝寺の閻魔堂で、16日のみご開帳の「地獄相変図」を拝見。地獄の様子を詳しく描いた大きな掛け軸だった。

盛夏の炎天下、あの世とこの世の境目を歩きまわったような半日だった。
この世のできごとだった証のようにバッグの中に「アメガタ」が1本。

※掲載の写真は上から・産女の幽霊ご開帳風景、・路地に残る幽霊井戸のポンプのなごり、・光源寺でいただいた「幽霊飴?=アメガタ」・三宝寺の地獄相変図、
[PR]
by windowhead | 2006-08-17 02:31 | 日日抄 | Comments(3)

吉村昭作品を読み返しながら…

去る7月31日、作家・吉村昭氏がなくなった。

膨大な資料から導き出した事実に裏づけされた物語は、まるで平凡な日常を積み重ねているように淡々としているのだが、作品全体に大きなうねりをもって読者を飲み込んでいくダイナミックさがある。
司馬遼太郎の歴史小説が、ヒーローがヒーローとしてある歴史小説なら、吉村昭の歴史小説は普通の人が結果的に名を残すことに成る過程の歴史小説だと思う。

私にとって特別な吉村作品を挙げると
1.「戦艦武蔵」
2.「暁の旅人」
3.「幕府軍艦「回天」始末」

「戦艦武蔵」は圧倒的な作品だった。事実を積み重ねて書いていく手法のお手本とも言うべき作品。戦艦武蔵を造った会社で働いたことがあり、作品の中に登場してくる数人の方にお会いしたこともあり、武蔵建造の長崎在住とうこともあり、臨場感溢れる作品だ。今も読み返している。

「暁の旅人」は、幕末の医師・松本良順を書いたもの。臨床医学に賭ける良順の魂のすばらしさ、人柄の大きさが伝えられていると同時に、良順を指導したポンペのすばらしさを再認識させる作品になっている。
長崎では、西洋医学といえばシーボルトとその弟子たちが取り上げられ事実の姿以上に美化されているが、近代西洋医学の実践を伝え、多くの医師を育て、日本の近代医学の礎を築いたのがポンペであることを、この本から知ることができる。


「幕府軍艦「回天」始末」は、短編だが、幕末の洋式木造艦「回天」の行く末を追いながら、戊辰戦争のなかでの艦船の役割を知ることができた興味深い本だった。


吉村昭氏は 長崎に何度も取材に来られていて長崎のことを密かに気にかけてくださったようだ。

以前訪問した「三菱重工長崎造船所資料館」の展示に、あの豪華客船「ダイヤモンドプリンセス」号火災関連の展示コーナーがあった。
その中に、一枚の長崎新聞の切り抜きが展示してあり、「作家・吉村昭氏が長崎新聞に寄せられた激励の記事」というようなキャプションが付いていた。記事といっても、読者投稿のコーナーの小さな投稿記事だ。
大作家が一般読者と同じスタンスで読者投稿欄に投稿して、三菱長崎造船所の人々と長崎の人々にエールを送っているのに、ちょっとじーんとさせられた。
その後、吉村氏の随筆集「縁起のいい客」を読んだら、投稿のいきさつと、その後のことが書かれた「図書券」という随筆に出会った。ほんわりと温かいが未来に向けての希望が感じられる随筆だった。
一人の市井の人としてありつづけたいとう吉村昭氏と作品に流れる良質のヒューマニズムがぴったりと一致するような爽やかなエピソードだった。

また、「暁の旅人」のあとがきで、現在長崎歴史文化資料館に在籍されている本馬貞夫氏へのお礼の言葉が書かれていたので、資料館で本馬氏にお会いした時、そのことをお話した。

吉村昭氏は、長崎が絡む作品を書く時は必ず数多くの史料を調べ、現地に向うというスタンスで、その史料収集や解析のお手伝いを本馬氏にお願いされていたようだ。本馬氏は、長崎にある古文書を解読したり、整理したりして、今日流行の「長崎学」の底辺を支えられてきた優れた研究者のお一人だ。このような人が、バックアップしているからこそ、吉村作品はいぶし銀のような輝きがあるのだろう。吉村昭氏は、本馬氏のような優れた研究者の人脈を全国に持っていらしたのだろう。
本馬氏によれば、以前吉村氏に、ポンペの業績が日本ではあまり知られていないので、ポンペについて作品を書いてくださいよとおねだりしたことがあったそうだ。「暁の旅人」を読んでいるとそのお願いを聞き届けてもらったような気がします。と言っておられた。
「暁の旅人」は、もしかすると本馬さんへのプレゼントだったのかもしれないなあ。

吉村作品に共通するのは静かなヒューマニズム。
遺稿は、「死顔」という兄の死をみつめた私小説らしい。
自分の遺体の行く末を死んだ少女の目からみた「少女架刑」という衝撃的な初期の小説に呼応するようだなあと、感じたのは私だけなのだろうか。
[PR]
by windowhead | 2006-08-09 13:39 | 至福の観・聞・読 | Comments(1)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧