<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人もボールも動くサッカーを目指すチームが増えたね。

やっと、先週Jリーグ開幕戦の横浜ー広島戦のVTRを見た。
広島が広島らしいサッカーで勝ったということは、Jリーグニュースなどで知っていたので、ゆっくりと冷静にゲームを観ることができた。
各チームのサポーターさんに言わせるとこんな見方は邪道なんだろうけど、それはそれで楽しめる要素たっぷり。

広島って、わくわくするサッカーをするなあ。
ガンバ大阪の、「一丁やってやろうじゃない!」的わくわく感とはまた違ったワクワクさせるサッカー。
J2の時とぜんぜん変わらす、ゆとりのあるボール回しから、ある瞬間スイッチが入ったようにボールも人も動き出す。
動き出したら、どんどんスペースができて、そこにどこから沸いてきたのかと思うように選手が飛び出してくる。
相手ゴール近くでは、相手のDFより多くの人数がゴール前にいる。
選手それぞれの攻守の切り替えというか、ボールを取ったり取られたりした時の身体の反応も早い。
ショートパスを繋いで「人もボールも動くサッカー」が、選手全員の身体に染み付いているようだ。
オシムさんが日本代表でやろうとしたサッカーがここにあるんだ。
ミシャは、オシムサッカーを広島に根付かせてくれたんだ。
サンフレッチェというチームがいいサッカーができる理由に、選手の多くが広島という土地を愛しているということも大きな要因かもしれない。
サンフレッチェユース出身が多く、槙野を筆頭に広島大好きが多い。関東生まれの寿人さえも広島に定住しようとしているくらい。
きっと最もまとまりのあるチームのひとつなのだろう。
今年は広島が台風の目になりそうな気配。

広島のお株「ショートパスを繋いで人もボールも動くサッカー」は、昨年からのFC東京の目指すスタイルでもあった。
今年も城福さんの目指す方向は変わらない。FC東京の試合をみていると、まだまだ広島ほどの完成度は見受けられない。
個々の選手の反応が遅いってこと、広島ほど選手が走っていない。MFの走りが少ないんじゃないかなあ。
なんて、偉そうにいえるほどしっかりFC東京を見てるわけじゃないけど…。佐原がまだ復帰していないのでねえ。

ことしは、なんとあの浦和レッズまでが「ショートパスを繋ぐサッカー」に変身しているらしい。
ショートパスをつなぐ攻撃的サッカーに一番遠い感じの浦和レッズの変身。
どれほどの完成度なのかな?興味はある。

その浦和レッズとFC東京が今日対戦するらしい。
発展途上の「ムービングフットボール」同士の対戦。
興味が沸く。
それに、今日なのかな?ロッド・スチュアートが浦和で歌うのは。
「セーリング」を歌った後、「ユルネバ」を歌うといいのに。
というより、FC東京のサポーターが日本版「ユルネバ」を歌うと、ロッドは感激するかも。
ロッドは、セルティクサポーターとして有名。
そのセルティックのサポーターソングは「ユルネバ」だからね。
[PR]
by windowhead | 2009-03-14 07:19 | 紙のフットボール | Comments(0)

vファーレン長崎の場合

地元というには微妙だが、私の県にV.ファーレン長崎というJFLに昇格したばかりのサッカーチームがある。
ホームスタジアムは長崎市の隣、諫早市にあり、母体となったのが雲仙市の国見高校OBが中心のチームだったようだ。
高校サッカーの名監督の一人・小嶺忠敏氏がチームの代表者のようだ。
長崎市に暮らし、中村俊輔のセルティクを中心に、海外サッカーやJリーグを見ている我が家にとっては、地元チームと言われても親近感が薄いのは否めない。
そんなVファーレン長崎がらみで、ちょっとわくわくするようなニュースが届いた。

その1つは、この不況の中で新しいチームスポンサーが増えていることだ。
先日、熊本の「山田青果卸市場」がスポンサー契約した。
長崎大学の卒業生で熱心なサポーターでもある山田社長が大分のように長崎を盛り上げて!との思いを込めてのことらしい。
さらに、昨日佐世保に本社を持つ「ジャパネット・たかた」が、ユニフォームスポンサーに名乗りをあげた。
こんな不況の時代だからこそ、世の中に感動を伝えて欲しいとの思いをV・ファーレン長崎に託した。
不況を理由にJリーグでもスポンサーを降りたり、廃部する一流企業が多くあるなかで「山田青果卸市場」や「ジャパネット・たかた」の行動そのものが、一般の人々に大きな希望と勇気をくれるのだと思った。

さらに、うれしいニュースが!!

あの佐藤由紀彦選手が、今期はv・ファーレンでプレーしてくれるらしい。
佐藤選手のブログでは、V・ファーレン移籍の報告がなされていたが、それに数多くのコメントが投稿されていた。
佐藤由紀彦ファンの人たちには、長崎まで応援に行くからねと書き込んでいる。これだけでも長崎への経済効果はてきめんだ。
人気のあるサッカー選手の移籍がその土地にもたらす効果は、それ以外にもたくさんあると思われる。なにより、佐藤由紀彦選手の加入で、TVで見るだけだったJリーグがぐっと身近になったのだから。

     ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

中村俊輔選手がハットトリックを挙げた28日のST・ミレン戦のVTRをじっくりと見た。
俊輔くんにとって、プロ3回目のハットトリック。セルティックで2回目のハットトリックは、流れの中からの左右のミドルシュートと華麗なるフリーキック。
いつもはサイドにはってボールを呼び込もうとするのだが、この日の俊輔君は、最初からシュートを打つ気満々で、真ん中でプレーしていた。
誰かがシュートを打つと、こぼれ球をねらって必ずペナルティーエリアまで駆け込んでいた。
FWが点取れないならMFが取ればいいこと。
緻密なプレーもいいが、前に向かうエネルギーに溢れたプレーはさらに魅力的だ。
[PR]
by windowhead | 2009-03-04 04:12 | 紙のフットボール | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧