<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

男たちへのファンタジー「クローズZERO」

シルバーウイークのある日、ひょんなことから「クローズ・ゼロ」という映画DVDを観るチャンスを得た。ヤンキーの喧嘩上等な強がりや粗野さがドン臭くて好きでない私がクローズゼロを見ることになろうとは!…
おや、なんだ?この爽快さ。
これ形をかえたスポーツドラマじゃない?男の子の成長物語じゃない。
先生が絡まないぶんだけ「ルーキーズ」より純粋に男の子たちのためのファンタジーになっている。
はい、魅力的な映画でした。

登場人物が多いわりに、しっかりと個性が書き分けられているし、それぞれの魅力がかぶらない。
なかでも特出して魅力的なのが山田孝之演じる「芹沢多摩雄」。

小栗旬くん演じる「たきやげんじ」が主人公なんだけと、彼の前に立ちふさがる壁として君臨する「鈴蘭高校の頂上に一番近い(喧嘩が強い)男」が芹沢多摩雄。
小柄で漫画チックな茶目っ気があって自然体なんだけど「こいつ強いよね」というオーラがある。実際、強い!それも飛び蹴りだのプロレス技だの堂々とした技で勝つ。

この男と他の男たちの違いってなんだろうね。

挑まれる喧嘩は買うが自分からは仕掛けない芹沢くんは、すでに鈴蘭のてっぺん取りの争いから「降りている」んじゃないかな。
軍団を率いる関係でそれは表に出せないが、本人はすでに次の大切なものが見えているに違いない。
もっと遊んでいたかったのに、ある日一足先に「おとな」になってしまった寂寥感みたいなものを抱えているが、慕ってくる仲間がいるから「いち抜けた~」とはできない。ならばいっそ仲間が脱皮するまで彼らを見守っていくか!という父性すら感じる。

ガキから脱皮したての、まだ世間に汚されていないぴかぴかの「おとなの男」が、芹沢多摩雄なんだろう。

クライマックスの激闘開始シーンの芹沢多摩雄は本当に魅力的だった。
雨の中、傘を投げ捨ててぶつかり合う男たちの中で、ビニール傘をゆっくりたたみ、ていねいに下に置いて、準備運動のように肩をゆっくりと回し、力いっぱい両のこぶしを突き上げて咆哮する姿の感動的なこと。
上にいる者の責任や堅苦しさから、自分の内なる野生を開放し、少年のような笑顔で乱闘の中に入っていく。いつかは卒業しなければいけない喧嘩にまみれた日常なら、この喧嘩を最後の喧嘩にしようという決心しているかのように、芹沢多摩雄は喧嘩を慈しみ楽しんでいる。

祭りの時間は終わり、新しい日常がやってくる。てっぺん取り競争から降りた芹沢と親友時雄の平穏そうなたたずまい。その視線の先に、さらに強さに挑む源治の姿。
芹沢の存在が源治にもたらしたものは何だったのかな。
強さだけでは人の上に立てないと言う教訓は、まだ源治には届いていないみたい。

このクローズ・ゼロは、すでに「クローズゼロⅡ」という続編ができている。
てっぺん取った源治がどのような成長をしているか、Ⅱも楽しみ。


そうそう、まったく女目線から印象的だったのは
高岡蒼輔くんの首から肩にかけての厚みというか丸みがとてもセクシーだったこと。
色っぽい肉体でした。
芹沢多摩雄の山田孝之くんは、普通の男の子が誰かのために一生懸命にがんばるという役柄が得意な人だったけど、そのやさしさを丸のまま抱えて男らしく変貌していました。芹沢多摩雄はこれまでの役柄とはまったく違った男のように見えますが、根っこのところは一緒かな。
山田孝之が演じることで芹沢多摩雄は愛らしく包容力のある男になったのかも…。
[PR]
by windowhead | 2009-09-24 17:08 | 男たちの眺め | Comments(4)

大不況には本を読む

「大不況には本を読む」  橋本 治著 中公新書ラクレ

以前のように無邪気に手ばなしで将来の夢など語れないような閉塞感。
切羽詰ってはいないが、うっすらと包み込むような不安感。
不安と言うのは、確かなものが見えないところからくることが多い。最悪でも確かな姿が見えてしまえば覚悟は決るような気がする。
そのためには、不安がどこから来ているのか知ることが第一なのかも。

今の日本を包む不安は、この不況がいつまで続くのか、終わるとまた回復するのか?わからないことにあるのかもしれない。
少し前は、したり顔のエコノミストたちが、専門用語を並べながら豊かになるには経済がすべてと言っていたし、MBA取得といえば、その人のすべてを信じてしまうような風潮が一般にもあった。そんな彼らが、今は何も言わない。何も教えてくれない。彼らを旗頭に進んだ人々は右往左往している。
教えてくれないなら、自分で探すしかない!
そう思った人は、この本を読んでみるといいかもしれない。

橋本治氏は、団塊世代の文学者であって、経済学者ではない。そんな人にグローバルな経済が分かるのかと訝しがるかもしれないが、この一流の文学者は、いとも簡単に、そして分かりやすく、この不況の正体を解き明かしてくれる。それも、子供でも分かる平易な言葉と比喩を使って。

たとえば、「小泉構造改革」をこう表現している。
バブル崩壊以来の不景気から脱出するために行われた「小泉構造改革」と言うもののあり方は、実に分かりやすい方向性を持つもので、「金持ちになりやすい立場の人たちをさっさと豊かにして、残りはその余慶が下がってくるのを待つ」というようなものでした。日本が格差社会になってしまうのは当然のことで、「驚異的な経済成長」を遂げた中国で「貧富の格差」が深刻になるというのも、実のところ同種です。これはつまり」砂漠化した大地を潤すのなら、まず砂漠の中心に山を作って、その山の頂に水を運んで、水が自然に下へ流れ出すのを待つ」というやり方です。理論的には正しいのかもしれませんが「まさかねエー」です。
……中略……バカらしいことを言っていても仕方がありませんが、こういう質の「景気回復」だってあったということです。


さてさて、では、
大不況に何を読めば解決策が書かれているのか??と問いたくなるはず。
この本は、ビジネス書やハウツー本ではないので、そんなこと何にも書かれていません。
本を読むということは、書かれている文字を読むのではなく行間を読むこと。考えることだと。
成長し続けていたとき、後回しにしてきた物事の本質を考えると言う行為を、停滞している今だからこそじっくりとやっていこうということ。
納得できる提案だ。

今の時代、次の一歩は、おそらくこれまでの延長線上に踏み出してもだめなのだろう。ではどこに踏み出すか。今は、感じている以上に大きな転換期なのかもしれない。
[PR]
by windowhead | 2009-09-22 02:29 | 至福の観・聞・読 | Comments(0)

グラバー園で「スコットランドウイーク」

b0009103_1157161.jpg

わくわくするようなポスターを発見!
グラバーの肖像写真をバックに翻るスコットランド国旗。
9月19日から23日までの6日間、長崎の代表的な観光スポットグラバー園で「スコットランドウイーク」という催しがあるようだ。
今年は、21歳のグラバーが、安政6年長崎開港と同時に来崎してから150周年にあたるらしい。それを記念してのイベントなのかな。
バグパイプの演奏やハイランドダンス、ハギスの試食会もあるらしい。
当日は、グラバー邸横にスコットランド国旗がはためくのだろうか。
ぜひとも、その光景を見てみたい!と、スコットランドファンの血が騒ぐ。


昨年、グラバー園内でバグパイプを演奏する日本人の方に出会った。幕末の貿易商ロバート・ウォーカーの子孫の方だった。日野皓正の野外ライブで、彼らがスタンバイするまでの間、ゆったりとしたバグパイプの音色を聞かせてもらった。長崎のたそがれ時には、ジャズよりバグパイプのほうが似合うなあと感じたことを思い出す。

スコットランドと言えば、中村俊輔の抜けた「セルティックFC」で24歳の水野 晃樹ががんばっている。12日のダンディーU戦で途中出場したらしい。彼のブログを見ると本当に「セルティック」とスコットランドになじんでいるのがうれしい。

北海に面した港町アバディーン。花崗岩造りの街は雨が多いらしい。英国ミステリー界に颯爽と登場した新星・スチュアート・マクブライトのデビュー作「花崗岩の街」は、アバディーンを舞台にした警察ミステリー。飾りのないアバディーンを感じることができる。

「スコットランドウイーク」では、今のスコットランドを感じたいと思っている。
[PR]
by windowhead | 2009-09-13 11:59 | 長崎と幕末維新 | Comments(0)

「夢をかなえるサッカーノート」(中村俊輔 文芸春秋)

b0009103_2101813.gif「夢をかなえるサッカーノート」
中村俊輔著  
文芸春秋刊


中村俊輔のサッカーノートの中身がオープンになった。
俊輔ファンにとっては新しい形の彼の伝記本になっているし、サッカーに取り組んでいる少年や若者たちへは選手としての総合力アップのための新しいテキストになりそうだ。
ただのおばさんな私も、待ちに待っていた。
もう15年以上、ほとんどの文章をパソコンで書いているが、最近とても気になっていることがあった。手書きメモを取る時の、メモのスピードが落ちてきている。手で書くスピードが文章を生み出す頭のスピードについていけない。まるで、パソコンで文章を書き出した頃、キーボードを叩くスピードが頭の中の文章についていけなかったパソコン初心者時代のようだ。思い浮かぶ語彙も手書きのときより少なくなっているような気がする。
手書きとパソコンでは、文字の見た目や相手に与える印象以上に、自分の中での思考回路や想像力や記憶力にも影響があるのではないかなあと感じ始めていた。そのような中でおもしろい本に出会った。
「思考・発想にパソコンは使うな --「知」の手書きノートづくり」(増田剛己 幻冬舎新書)
私の不安や疑問を納得させてくれる内容が多く含まれていた。
この中で著者は、中村俊輔のサッカーノートに触れている。「中村俊輔のサッカーノートはヒントの宝庫」という見出しまである。もちろん著者は、俊輔のサッカーノートを見たわけではない。彼は、昨年出版された俊輔の「察知力」を読み、その記述の中から、今の俊輔の成功と成長にはサッカーノートの存在が大きいことを知り、成功例として引用している。
俊輔自身も、自分の成長にはサッカーノートは欠かせないものだと言及していることからすると、やはりノートの存在の大きさはだれも気になるはずだ。
何が書かれているのか?
どのように書かれているのか?
ノートの大きさは?
形式は?
日記とはどう違うの?
「思考・発想にパソコンは使うな」を読み終えると、ぜひとも中村俊輔のサッカーノートの中が見たいという衝動に駆られた。中身に書かれている事柄の内容より、どのようなことを、どのような組み立てで、どう表現していったのか?彼のノートの数ページを見るとノートのもつ意味が分かるような気がした。
そんな矢先に9月5日、「夢をかなえるサッカーノート」の発売がアナウンスされた。

手にして、真っ先に感じたこと。
「ノート」とは、メモでも日記でもない。冷静な自分の記録なのだと。

現役選手でありながら自分の分身でもあるようなサッカーノートをオープンにするというのにはやはり大きな決意があったはずだ。その決意をさせたものはなんだったのだろう。
今の中村俊輔を見ていると、それは「日本のサッカーを強くする」という一念なのではないかと思えてくる。
そのためには、自分の経験はすべて伝えたい。
常々、トップフォームのうちにJリーグに復帰して海外での経験を日本に伝えるというのを自分の役割のように語っていた俊輔。
今回のエスパニョール移籍で、Jリーグ復帰は少し遅れるが、日本のサッカーを強くするためには経験を伝えるのを遅らすわけにはいかない。そんな強い思いの表れのような気がする。
中村俊輔に、そのような思いをもたらしたのはチャンピオンズリーグの経験とオシム監督の言葉だと思う。

マスコミや評論家たちも含めて、サッカーにたずさわる日本人の中で、世界のサッカーの中心に近い位置にいて最も多くの経験をもっているのは中村俊輔だ。その彼が日本のスタイルを作らなければいけないと痛切に感じている。そして彼が考えたスタイルは、オシム監督が日本代表に求めたスタイルと似ていた。
中村俊輔はインタビューの中で今でも事あるごとに「オシムさんが…」という言葉を口にする。彼のバックボーンには今でもオシム監督の教えが一本貫かれているのだろう。

オシムさんが日本代表の中で確立しようとしていた「日本人の特性を活かしたスタイル」を突き詰め、日本代表の中で完成度をあげていきながら、同時に、日本中にそのスタイルの浸透を図る。そのために役に立つツールになるのであれば…という思いがサッカーノートの解禁に導いたのだろう。
自分のノートをベースに初心者でも使いやすいサッカーノートをデザインしてそれもセットにしているところが俊輔らしい。彼の目線はいつも少年たちにある。

最後に、エピローグ「僕の変わらない部分と変わった部分」の中に興味深いフレーズがあった。

僕が考える、プロのプレーとは「見せる」でも「魅せる」でもなく、「表す」というのが近いかもしれない。プレースタイルを前面に出して、生き様を見てもらうという感じだ」

日本人サッカー選手でもっとも「魅せる」プレーヤーだった彼が、欧州での経験を経て「生き様」を見て欲しいと言えるプレーヤーに成長した。
中村俊輔の存在は、やはり貴重だ。
[PR]
by windowhead | 2009-09-08 02:12 | 至福の観・聞・読 | Comments(0)

白州次郎と荻晃太

最近、定期的に山梨日日新聞のサイトを覗く。
偶然みつけた連載コラムを読むために第2、4土曜日以降の更新を心待ちにしている。
件のコラムは「荻晃太のセンスアップ講座」。
執筆の荻晃太さんは、ファッションライターでもアーティストでもない。サッカーJ2「ヴァンフォーレ甲府」の正ゴールキーパー。
昨シーズンFC東京でセカンドGKとしてたった1試合しか出場できなかったため、出場機会をもとめて今シーズンから甲府にレンタル移籍し、開幕から正GKとして安定したパフォーマンスを見せている。

なにかの記事で荻選手のことを草食系守護神と書いてあった。草食系はあんまりだがプロスポーツ選手として珍しい文系男子であることは間違いない。独特の感性と文章力はFC東京時代のゴールキーパー日記などに表れていた。
スポーツ選手のブログは珍しくない昨今、この人が書けばおもしろそうだと感じていたが、そのフィールドはブログではないような気もしていた。この人の場合、日記ではなくコラムやエッセイが書けそうだったから。
それが新聞の連載コラムになろうとは…山梨日日新聞さん、お目が高い!

8月22日コラムでは「「葬式無用、戒名不用」 最期には心からの涙を」とのタイトルで、白州次郎のことに触れている。
国際的に磨かれたライフスタイルとその清清しい生き方で男性向け雑誌などでも人気の白州次郎だが、若いスポーツ選手が白州次郎を語るのはとても新鮮だった。
白州次郎のダンディな生き方の中から、荻晃太さんが選んだのは「葬式無用、戒名不用」 という言葉。
白州次郎のダンディズムの本質を端的にわかりやすく表現した文章に出会った満足感と清清しさが残る良質なコラムだった。

ピンクのユニフォームで身を包んだ笑顔のやさしいゴールキーパーはプレースタイル同様、人生を豊かにするアイテムでも守備範囲が広そうだ。


山梨日日新聞WEB版「荻晃太のセンスアップ講座」http://www.sannichi.co.jp/tokushu/index/ogi2009/

ヴァンフォーレ甲府 http://www.ventforet.co.jp/

[PR]
by windowhead | 2009-09-04 03:20 | 男たちの眺め | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧