<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

香菜里屋ついに再開せず…北森鴻氏の訃報

b0009103_18857.jpg衝撃的なニュースが飛び込んできた。
ミステリー作家・北森鴻さんが心不全で亡くなったという。
今朝、ロバート・B・パーカー氏への追悼記事を書いたばかりだったが、まさか、愛読中の作家さんがなくなるとは!

次回作が出版されるのを楽しみに、すべての作品を読んでいる。
2009年は新作が出なかった。そろそろ出てもよさそうな…次のどのシリーズなのかな?と楽しみにしていたやさきの訃報。48歳は、あまりに若すぎる。
斬新なシチュエーションと魅力的な登場人物。ほのぼのとユーモアがそこはかとなくただよう文体。
とにかく魅力的な作品群。
とくにビアバー香菜里屋シリーズは、すでに閉店してしまったが、またいつかどこかでテリアのエプロンをつけた工藤マスターがひっそりと香菜里屋をオープンするのではないかと、楽しみに待っていた。、その夢もかなわないものになってしまった。

冬狐堂・宇佐見陶子、・民俗学者・蓮杖那智、下北沢の雅蘭堂、親不孝通りのテッキとキュータ、花師兼絵画修復師・佐月恭壱、そして香菜里屋の工藤マスターと、シリーズの顔はみんな魅力的。
これだけ魅力的な作品を生み出してもらって、まだまだ次が読みたい!と願うのは、欲深かもしれないが、もっともっとわがままを聞いて欲しかった。

そして、最後に、私を北森ワールドに引き込んだ作品の紹介をして、お悔やみの言葉に代えたいとおもう。
b0009103_19144.jpgその作品は長編デビュー作「狂乱廿四孝」。
明治初期、脱疽のため右足に続き左足を切断した名女形・沢村田之助を必死にもり立てる歌舞伎界を舞台に、幽霊画をめぐって起こる連続殺人事件。歌舞伎、浮世絵、江戸の名残を残す風俗と人間模様、随所に登場する実在人物など、魅力満載。
デビュー作にして、第六回鮎川哲也賞を受賞した時代ミステリー。北森鴻、32歳時の作品。

大切な友を亡くしたような喪失感。残念でならない。

北森鴻公式サイト「酔鴻思考」に2010.02.25. 「うさぎ幻化行」発売とある。新刊が準備されていた。最後まで温かく気配りの人。工藤マスターみたいな。


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by windowhead | 2010-01-26 01:09 | 至福の観・聞・読 | Comments(0)

スペンサーにはもう会えない

ロバート・B・パーカーが亡くなったらしい。

もう、ずいぶん昔に、スペンサーへの興味は薄れていたが、作者の死を知ったことで、改めてスペンサーのことを考えています。
わが探偵偏愛歴の中でも、かなり強烈な存在だった男。
バーボンでなくビールとチーズバーガーを愛し、毎日ジョギングを欠かさず、フィッツジェラルドを愛読し、恋人スーザンのために料理の腕を振るう男。
なんだかとってもスタイリッシュだったのです。
ハードボイルドの中では女はいつも、悪女か、身体を張ってでも守るべき憧れの存在でしかなかったのに、スーザンはスペンサーの日常にあって、彼の手料理を食べながら一緒にアートについて語り合ったりしている。うらやましい関係だったのです。

フェミニストで元気なアメリカの象徴のような壮快さと身の丈のことで悩む子供っぽさが格好よくて…、周囲の人にスペンサー偏愛を撒き散らし、何人を仲間に引き込んだことでしょう。

バイブルは「初秋」「レイチェル・ウォレスを捜せ」「約束の地」など。バイブルの装丁も辰巳四郎氏による白ベースにスーパーリアリズムタッチの人物の一部とオブジェ。その真ん中にタイトルというなかなかセンスのいいもので、次の事件をを心待ちにしていました。
「スターダスト」ごろには、熱愛からも徐々に醒め、いつしかスペンサーやスーザンのことも、どこか遠くのできごとになっていきました。

それでも、その後、スペンサー以上に私を惹き付けた探偵は、それほど多くは現れていないようです。

世の中には、警察官やら鑑識さんやら、監察医やら、検事さん、弁護士さんなど巨大組織の一員や専門知識を駆使したお仕事、立派な専門職をもった人たちが日夜、難事件を解決しているようですが、私はどうも市井の探偵さんが好きなようです。

池袋のまこっちゃんこと真島誠くん、新宿の無認可保育園の園長先生ハナちゃんこと花咲慎一郎あたりが、今の私が愛する探偵さんたち。

彼らの活躍をいつまでも楽しむことができるためには、生みの親の方々の健康を祈ることと、好きだよー!と言いつづけ、本を買うことぐらいしか協力できないけれど…。

石田衣良さん、池袋がどんなに変化して行こうが真島フルーツ店はつぶさないでください。
柴田よしきさん、子供たちのために身体を張る花ちゃんを支える頼りがいのある女性たちをよろしく!

ちなみに、
まこっちゃん登場の最新作は『ドラゴン・ティアーズ 池袋ウエストゲートパークIX』(石田衣良著)
花ちゃん登場の最新作は『ドント ストップ ザ ダンス』(柴田よしき著)
[PR]
by windowhead | 2010-01-25 14:03 | 至福の観・聞・読 | Comments(0)

龍馬グッズは数々あれど、

長崎市の中心街浜町に設置された「長崎まちなか龍馬館」なるものを見学。
大河ドラマ「龍馬伝」にあやかって期間限定で設置された観光基点スポットのようなもの。
有料の展示場にはこれといって見るべきものはないが、今後、番組が進行するにつれ、番組関連のものが展示されたりするのかもしれない。
驚いたのは、龍馬関連グッズのコーナー。
おいおい…、こんなにあるのかい!というほど。
クリアファイルやキーホルダー、ストラップ、キャラクター人形、マグカップ、手ぬぐい、ハンカチ、レターセットのようなものから、ジャニーズ並みのタオルや扇子。食品もお菓子、お酒はもちろん、ハムやかまぼこ…もう、なんでもかんでも!!

昨年10月ごろ、NHKエンタープライズが「龍馬伝」の登録商標とロゴ使用に関する説明会を開催したときなんと500名を越える参加者があり、その商魂に驚いたが、こういうことなのね。

おそらく、ここに置かれているのは長崎の龍馬グッズのほんの一部だろう。
市中の土産物店や駅、空港などにはまた違ったものがあるはずだ。
いったいいく種類あるのかな?
そして、1年後まで残るのはどれほどあるのかな。

そんな中で、龍馬関連グッズとして、老舗に近いものはなんだろうと考えてみた。

まず、「亀山社中ば活かす会」の「龍馬像てぬぐい」や「番付」「会報」。
これらは、この会が発足したころからあるもので、今も亀山社中資料展示場にしか置かれていないようだ。

食品関係では、やはり「龍馬が愛した」シリーズ。
「龍馬が愛した珈琲」
「龍馬が愛した長崎かすていら」
どちらも、大河ドラマ「龍馬伝」とはまったく関係なく、すでに10年近く販売されているので、全国でも知る人は知る人気商品。
二社とも社長さんが大の龍馬ファン。
その想いを込めて発売し、こつこつと売り続けてきたものなので、品質も味もしっかりしている。
我が家でも、お使い物、お返しなどに、使っているが、好評。
特に、都市部の殿方にお送りすると、かならず何人かから、メッセージをいただく。それで、その人が龍馬ファンであったり、幕末や歴史に興味があることがわかり、さらに親交が深まったりしている。
b0009103_158191.gif


他の品々をまだお試ししていないので、なんともいえないが、「亀山社中ば活かす会のグッズ」や「龍馬が愛した珈琲」「龍馬が愛した長崎かすていら」のように、作り手の想いのこもった物は、やはり手に取りたくなる。

残念ながら、これらのものは「長崎まちなか龍馬館」には置かれていない。
それでも、ファンたちは、それらを求めて、山坂を登ったり、駅や空港などで荷物の数を増やしているようだ。

「龍馬」「龍馬」に明け暮れる長崎で、久しぶりに会津葵の「かすてあん」をいただいた。
私の中では、運命的なお菓子。呼ばれているような気がする。
[PR]
by windowhead | 2010-01-20 15:08 | Comments(0)

「大洗にも星はふるなり」が今年初の映画になるとは

2010年最初の映画が「大洗にも星はふるなり」というのも、いかにも地方らしくて私らしいかなと。
主要都市での封切りは昨年の11月ごろ。
なにしろ、お話は、クリスマスの一夜、いとしのマドンナからの手紙で、大洗の海の家にあつまった男たちの空騒ぎ。
クリスマスも過ぎ、お正月も過ぎた今、やっと「ユナイテッドシネマ長崎」に掛かった。それも、午前と午後に1回づつ。映画館が宣伝することもなく細々と上映。ああ、この扱いの冷たさよ!「のだめ」と大違い。

見終わって感じたこと、「一般受けしないだろうなあ。誤解を恐れず言うと地方では受けないだろうなあ」と。
テレビでいえば深夜枠好みのコアなファン向け。深夜枠は1歩先を行く笑いや斬新なドラマ作りだが一般受けしない。
小劇場的な映画といえば「キサラキ」があったが、「キサラギ」は小劇場的なスタイルをとりながらTVの人気俳優たちを散りばめ一般受けをねらてはいた。
しかし「大洗…」は配役からして実験的。一般的に名前が知られているのは山田孝之くらい。地味な映画。

映画から得られるものはなにもないが、監督の意図、俳優の魅力と技量、アンサンブルは大いに楽しめた。
こんな映画があってもいい!!

印象的だったのは、小柳友。すごく自然にこのシチュエーションになじんでいた。
山田孝之は、前半すこしテンション上げすぎ。とは言っても、この芝居じみたハイテンションが監督の意図であれば、OKなのだろう。
彼がキャスティングされた理由は、きっと後半の演技にあるのだろう。
これでもか、これでもかと男たちのバカな妄想で取り散らかった芝居を集約させてオリオン座の輝く空を眺めながら「大洗にも江ノ島と同じ星が輝いている」というテーマシーンに持っていく役割は彼以外にいないだろう。
「鴨川ホルモー」でも感じたが、たった一言でドタバタ劇をラブストーリーに変化させる技は山田孝之の才能。今回も1つの台詞でごく自然に場面をしみじみした雰囲気に変えてしまった。
この「静」の存在感は山田孝之独特のものであり、彼が主役級の正統派俳優だという証明のようなもの。
クローズゼロ以来、役柄の幅を広げ、同年代俳優の中でいち早く、アイドルや若手から大人の俳優への脱皮を図っているような気がする。

佐藤二朗や、安田顕、ムロツヨシは、それぞれに「らしい」演技で安定。
戸田えりかちゃんのチープなマドンナはそのチープさゆえにリアリティー有り。夏の日の海の家での片思いはこの程度なのかも。


このような映画はテレビでいいと言う人もいるだろうが、それは違う。
「のだめ」や「花男」はテレビでもいいが、「大洗にも星はふるなり」や「キサラギ」は映画館や劇場の暗がりで集中してこそおもしろさを感受できる作品。
感動の大きさやわかりやすさだけにしか価値を感じない人は、1800円払う映画ではないと言うこと請け合い。
ばかばかしさとペーソスの分かる人向けって、そもそも贅沢すぎないか?
[PR]
by windowhead | 2010-01-12 18:09 | 至福の観・聞・読 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧