<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サッカー日本代表応援に区切りがつく日

マスコミの情報によれば、ザッケローニ監督体制の新日本代表の召集メンバーが今日発表されるようだ。

前代表のメンバーも未知の新人さんも、以前呼ばれた人も、最近は、ちょっとした活躍があるとザック体制へアピール!というような記事ばかり。
だれもが新しい日本代表のメンバーになるためにアピール合戦という感すらある。

ザッケローニが誰を選ぶかは、どんなスキルの選手が好きで、どんなサッカーを目指しているかがわかるひとつのバロメーターだろうと、素人の第三者目線で興味がある。

戦うための集団なので強くないと意味がないのだろうが、私のような素人ファンは、がちがちに強い集団よりどこかに弱点がありながらもドラマチックなシチュエーションでドラマチックなゲームを見せてくれる代表に肩入れしてしまう。
たとえば、ドーハの悲劇の代表だったり、ジーコとともに大ブーイングの重慶でのアジアカップを戦った代表だったり、オシムとともにスイスで新しいスタイルをみせてくれた代表。
私が今でも一番すばらしい代表と思っているのは、重慶での代表だ。
あの時の中国の反日感情は、今では考えられないくらいの憎悪に満ちていた。
日本大使館や日本人の企業が襲われたり、代表のバスが取り囲まれ,石や汚物が投げつけられ、罵声を浴びせられ、選手にも危害が加えられるのではないかと危ぶまれるような完全アウエーの中で、ひるむことなく戦った彼らを誇らしく頼もしく思った。
彼らは、憎悪にまみれたスタジアムの中で、最後までスポーツを見せたし、スポーツマンでありつづけた。
TVで観る彼らの姿は感動的だった。このチームならなにがなんでも応援しつづけようと誓った。
その感動にくらべれば、今回のW杯ベスト16入りはうれしさはあっても感動はなかった。

最近は代表のニュースを聞いてもどきどきしないし、熱くなれない。
そろそろサッカー日本代表のファンを退く潮時なんだろう。

今日、代表候補選手が発表になれば、必ず背番号10番を誰が背負うか。その10番が代表の王者のように語られることだろう。
だが、その10番を静かに脱いだ選手の歴史を忘れないで欲しい。
彼は、代表の10番を8年以上も背負ってきたが、決してチームの王様ではなかった。おそらく日本代表に一番献身し続けてきた一人だった。決して完璧な選手ではなかったが、その弱点をそれ以上の天性の才能でカバーし、印象的なシーンを創り続けた。だから、その10番が日本のファンタジスタと呼ばれ、スター選手になったのだろうと思っている。ファンタジスタって、トリッキーなプレーが得意な選手ではなく、ゲーム全体を魅力的にする選手なんだろうと思う。
10番がスターになるのは、10番を着たからではなく、心に残るプレーをする選手でありつづけるからだ。

10番を脱いだ彼は、すでに新しい境地にチャレンジしているように見受けられるが、相変わらずなにも語らない。おそらく、新生日本代表への影響を配慮している部分もあるのだろう。
日本代表に最も献身的に尽しながら、人間的にすごく成長した彼の姿をしばらくはJリーグで見続けられる恩恵にあずかろう。


新しい10番はポジションやW杯での印象から順当には本田選手がつけるだろうと思う。
チームの責任を背負う心構えも一番強いと思うので、今日本が求めている自己主張の強い10番には彼が一番妥当だと思っている。

ただ、私の中のどこかで、前の10番のようにか弱さを持ちながらもファンタジーに溢れ,大人の選手に成長していく過程を見せてくれる10番を見たいという密かな思いもある。
柏木陽介選手が代表の10番を背負う時が来るとしたら、また少しだけ日本代表に興味がでるかもしれない。
[PR]
by windowhead | 2010-09-30 11:45 | 紙のフットボール | Comments(3)

「サッカー批評 Vol.48」を読んで

b0009103_14362926.jpg6月のW杯前以来、3ヶ月ぶりにサッカー雑誌を買った。
W杯勝利後、ライターさんたちがこぞって岡田さんを持ち上げ、あの戦い方が正しいと言わんばかりの文章が雑誌にあふれたのを見て、がっかりした。風見鳥のような記事ばかりの雑誌なら買う必要もないしということで、一切のサッカー雑誌にお金を払わないことにした。立ち読みと図書館で中身のチェックはできるので、へなちょこライターさんたちの変節もしっかりと把握しながら、予算は他の本を買うのにあてていた。
今回買ったのは「サッカー批評48号」
ー勝因と敗因と未来ーというW杯の総括と今後をテーマにした企画があったので。
というより、書き手の一人に木村元彦さんの名前があったからかもしれない。

企画も内容も悪くないと思う。
最初のページの森哲也氏が書くように、真実を明らかにすることが大切だし、そのためにはできるだけたくさんあらゆる方向から「点」を拾い上げること、そしてそれの繋がりや繋がらなかったところなどを検証していくことが大事だと思う。
森氏の文章のなかに、技術委員会の報告書がまだ出ていないが、ドイツ時と同じように選手へのヒヤリングは今回もなされていないようだとの情報が提示されていた。ドイツでのキャプテン、宮本選手も今回の中澤選手も選手の声も反映してくれるようにと希望していたが、やはりまた、選手は蚊帳の外のようだ。

西部謙司氏による検証は、風間八宏さんの分析をもとに、岡田さんが土壇場で採用した戦術の分析と日本サッカーの現在地や今後のためになにをすればいいのかなども興味深かった。
ただ、読みながら思ったのは、ここに提示している日本代表の現在位置の分析は、4年前、中村俊輔が感じて言っていたことと同じ次元だということ。4年前、同じことを提言し実行しようとしてきた選手が1人はいたということだ。そしてまたその位置から始まる。
また細部だが、攻撃の発想を広げるには、佐藤寿人や前田のような動きのできる選手がいるし、彼らを活かすには、俊輔や遠藤でももっと早いタイミングのパスが必要と書かれていた。
それについても思い出す記事がある。オシム時代にオーストリア、スイス遠征をしたときの俊輔と寿人の会話の記事だ。俊輔は「寿人は人がいいから、僕らの動きにあわせてくれるけど、もっと自分から要求する動きをして欲しい。自分はそれに合わせるように努力する。パスが通せなかったときは僕の責任だから」というようなことを言ったという。http://news.livedoor.com/article/detail/3294749/
すでに、さらに速いタイミングでのパス出しの必要性を3年前に実践していたということだ。
やはり、オシムジャパンの入り口まで戻るのか。ならばオシムを引き継いできた選手達の声は絶対に必要なはずだ。

木村元彦氏の「教訓」は、ランコ・ポポビッチの視点を交えながら今回の代表が残した教訓を多面的に検証している。
木村さんが本物のジャーナリストだと思えるのは、岡田さんの態度や行動への痛烈な批判を書いていることだ。キリンカップ韓国戦後の監督辞退発言や試合後の挨拶に出てこなかった礼儀を欠く振る舞いを厳しく批判している。
勝ち負けと関係なく、この態度は、ぜひともメディアに追求して欲しい部分だったが、16強入りで英雄に持ち上げられ、自分もその気でぺらぺらといろんなインタビューをこなした監督に、その部分を聞いた記者やライターはいなかった。
「オシムの言葉」や「蹴る群れ」に代表されるように木村元彦さんの書くものが、多くの読者を得るのは、リスペクトすべき人とそうでない人を見分ける目が確かで、その態度に一貫性があるからだろう。

戸塚啓氏の「彗眼ー稲本潤一が見た日本の現在地」も、稲本ならそう感じただろうと、納得がいく。
ただ稲本という視点は、どんな意味を持つのか。ワールドカップ3回経験者の立場なのか、海外経験者の視点なのか、ベテラン選手の立場なのか、サブ組の視点なのか、それを総合して最適任者は本当に稲本なのか。オシム系譜戦術の中心選手でもなく、本田ワントップ戦術の中心選手でもなかったという意味では、一番ニュートラルな位置にいた選手だったからなのか。
ただ、8ページも裂いて掲載されているわりに、内容は凡庸だなあと感じた。

ここに上げた内容以外にも興味深い内容がたくさん詰まっている。
多くのライターさんたちが、W杯で勝った戦術では今後の日本代表は未来がないというと見解を述べている。
(おい、勝った時、あなたたちは、どう書いていたっけ?)まあ、人は冷静になれば、見えてくるものも違ってくるだろうし、見えやすくなるのだろう。

すごく納得のいく内容や、的確な問題提起や、将来に向けての提言がいっぱい詰まった雑誌で、読み応えのあるものだったが、ただひとつ、大事なピースが欠けていた。
そして、そのピースが埋まらない限り、だれが、どんなすばらしい視点を詰め込んでいっても、未来につなぐには完璧なものにならないような気がする。

その1ピースは、中村俊輔による客観的視点だ。

中村俊輔は、自身のプレーを含めてゲーム内容や戦術を客観視して語れる数少ない選手であり、オシムさんの目指したものをもっとも理解し引き継ぎ、それを岡田さんの目指すものの中で反映させてきた選手だ。「戦術は中村俊輔」とまで言われていた岡田ジャパンの理想とするサッカーがどんなものだったのか、それを彼の口から聞いてみたい。
いや聞くべきだと思う。
雑誌側では、取材申し込みをしたのかもしれない。だがおそらく中村俊輔が語らなかったのだろう。
語ることが曲解され、悪意をもってネット上にさらされている現在の状況をみれば、語ることは控えたいだろう。
まだ自分の中で日本代表への総括ができていないのかもしれない。
ドイツのときも、戦犯扱いされ、それに対し言い訳のひとつもせず何も語らなかった。
だが、今回はぜひ語ってもらわなければならない。
今回は、サッカーの戦術のみならず、メンタルケアのこと、監督やスタッフのありかたと選手の位置づけ、なにより日本代表が本来目指していたサッカーはどんなものだったのかを語れるのは中村俊輔を置いていないと思う。

この1ピースが欠けたままにならないように、俊輔には、それを語る責任があると思うし、サッカー協会やメディア、ライターたち、それから岡田さんも、真摯にその声を聞く必要があると思う。
そこをクリアすることで、新しい日本代表は確かな進歩の1歩が踏み出せるような気がする。
[PR]
by windowhead | 2010-09-15 14:28 | 10-25shun | Comments(0)

代表の10番

中村俊輔が脱いだ日本代表の背番号10番をだれが背負うか。
新体制での注目点のひとつなのだろう。
10番は、特別の番号とか
10番を俊輔から奪い取るとか
10番を背負って名実ともにキングになるとか
すでに、スポーツ新聞などマスコミは、候補の選手の記事の中で、10番を強調している。

俊輔ファンの中には、いまでも俊輔に代表に帰ってきてほしいと言う気持ちが強い。
だから、原体制での2試合で欠番になったときは、少しほっとしたと言うのが偽らざる気持ち。
ただ、先輩の名選手や中村選手が背負ってきた10年近くの歴史を踏まえ、代表の10番を必要以上に特別視するきらいもある。

確かに、日本代表の10番は、今では日本代表のシンボルになっている。
おそらくこの傾向が顕著になったのは、中村選手が背負った10年近くの歴史で作られたものだろう。
名波さんから10番を譲り受けた若い中村俊輔が、それを継承してきた先輩達へのリスペクトと憧れの気持ちを持って、「継ぐ者」として認められるように頑張ってきた証でもある。10年近くも、日本代表のシンボル的存在でありつづけた中村俊輔の10番を継ぐ選手は、誇らしいだろう。煽り上手の人たちは、中村から勝ち取ったので、つぎの10番の選手はナンバーワンの実力者だと言うかもしれない。
しかし、その背番号は奪うものではなく、積み重ねてきた先輩達のプライドと実績を引継ぎ育てて、次世代に渡すものだ。

俊輔ファンとしては、この10番のおかげで俊輔が手放したもの、諦めたものをたくさん見てきている。たとえば、代表さえなかったら、俊輔は世界代表でメッシやカカたちとプレーすることができた。しかし彼は代表の練習を選んだ。エスパニョールでプレーし続けたかもしれない…ファンとしてはそんな悔しさもある。代表の10番に忠実であろうとするほど、犠牲にするものも大きい。そんな現実も見てきた。W杯は、さらに辛い現実だった。

ただ、10番だけが、特別な番号ではない。それぞれの背番号に、それを背負ってきた選手達の歴史とプライドが宿っている。
今は10番が日本代表のシンボルだが、今後の選手達の努力や戦術の違いなどによって、爆発的なスターが飛び出すかもしれない。彼の背番号が日本代表のシンボルになることだってありうるのだ。
新しい背番号を引き継ぐ選手達は、そんな可能性も合わせて引き継ぐことになる。
背番号を引き継いだ時点で、先輩に並んだわけではない。
名誉はリセットされていると思って少し気軽に背負ってもいいような気がする。ただ先輩達へのリスペクトを込めて受け取って欲しい。

そのようなことを考えていたら、中村俊輔選手の背番号に対するコメントが日刊スポーツに掲載されていた。
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20100909-676261.html

「背番号10の責任はとても重いと思うし、新しくなった人は大変だと思う。でも過去のことにあまり気を使う必要もないし、なった人は努力して自分の色に染めればいいと思うよ」
多くの人の10番へのわだかまりや気負いを一気に吹き飛ばす清清しいコメント。
10番を脱いだ中村俊輔は、身軽になり、また未知の高みをめざしているのだろう。
[PR]
by windowhead | 2010-09-10 15:07 | 10-25shun | Comments(6)

「龍馬伝」より「ヴィファーレン」、その結果

私って、やっぱり「おせっかいおばさん」なんだわ~。

天皇杯予選、マリノス対ヴィファーレン長崎が、NHK-BS1で放映されることを知ってから、これは長崎のサッカーファンにはすばらしい贈り物じゃないかと、勝手に思ってしまいました。
それから、ちょっとサッカーに興味がありそうな人との会話にそれとなく入れ込んだり、ツイッタで#nagasakiをつけてつぶやいたり…。PRしまくり。
ところが、思いもよらない伏兵が居りました。大河ドラマ「龍馬伝」です。
長崎は、ばっかみたいに龍馬伝で盛り上がっている街です。さらに、この日のシーンは寺田屋。お龍の入浴シーンがあるとかなんとかで、龍馬伝ファン男子たちの異様な熱狂は鉄壁のようです。
それでも、何回も「龍馬伝よりヴィファーレン!と下手な韻を踏んで、ツイッターしまくりました。

さあ、試合開始。公言して憚らない俊輔ファンの私は、当然マリノス応援のはずですが、正直な気持ちはヴィファーレンでした。
今年のヴィファーレンは、思っていたよりずっといいチームになっていました。前半は2階級の差を感じさせないくらいしっかりとした連携で守り、一発のカウンターで先取点。お見事でした。
先取されたあとのマリノスの中盤は必要以上に慌てているように見えて、「狩野君落ち着けって、一呼吸置こうよ」とか「小野、フィニッシュ大事にしろよ」とか、いつの間にかマリノス目線。
後半マリノスが1点返したときには、正直ホッとしました。
結果的には、3-1でマリノスが順当に勝ち進みましたが、ヴィファーレン長崎という地元のチームを初めて誇らしく感じました。

これだけいい試合をしたヴィファーレンは、俊輔と戦わせてあげたかったなあ。
この試合のお礼のためにも、ヴィファーレンのホーム戦を一度しっかりと応援に行こうと思いました。(見にはいったけどしっかり応援したことはないから)

試合終了後、ファンに挨拶する松田選手がヴィファーレンのユニフォームを着ていました。もちろん佐藤由紀彦選手の28番。彼らは親友なんですね。
彼らのユニフォーム交換のシーンを切り取ってツイッターにアップしてくださった人がいましたのでリンクさせてもらいましょう。 http://twitpic.com/2ljo9c
すてきなシーンです。

それから、俊輔選手の夏の公式ウエア姿も見られました。
マリノスの移動用公式ウエアは今年からトミー・ヒルフィガー社らしい。
パイピングが施され、左胸にエンブレムが付いたブレザーとグレーのパンツが若々しくてオシャレだなと思っていましたから、ぜひ夏物も見てみたかったのですが、俊輔着用で見られるとは!
純白の半そでポロシャツかな?腕と胸に大き目のワッペンが付いているみたい。パンツも純白。「炎のランナー」などクラシックなイギリス映画にでてくるスポーツ選手みたいな雰囲気です。いいぞ、好みだぞ!
なんでも、聞くところによるとこれにサックスブルーと白のストライプのジャケットがあるとか。もしかするとベンチに座る木村監督がいつも黒シャツの上に着ているジャケットかな。
残念ながら、炎のランナー的俊輔の写真はだれもアップしてくれていない(エーン~~~)

この日のTV中継は、にわかヴィファーレンファンになったおばさんのちょっとしたおせっかいに、サッカーの神様がおいしいところの大盤振る舞いしてくれたみたい。

さあさあ、マリノスもヴィファーレンも、これから上位争いに食い込むように頑張ってもらわなきゃ。

来年の元旦、国立に立つ俊輔の姿を見ながら、2011年最初の幸福感に浸りたいじゃないですか。
叶えてくださいね。
[PR]
by windowhead | 2010-09-06 12:37 | 紙のフットボール | Comments(2)

ベルルスコーニのザッケローニ評などおばさんも気になること。

サッカー日本代表の新しい監督はイタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏。
なんでまた、イタリア人なの?という疑問があるが、そのうちわかるだろう。

サッカー協会の説明や、メディアの情報によると、セリエAで下位チームを上位に上げたり、ミランを優勝に導いた優秀な監督さんとのこと。
ミランを優勝に導いたのは1998-99シーズンのこと。日本の黄金世代や俊輔たちがシドニー五輪の予選を戦っていた頃。中田ヒデがペルージャに移籍した年だ。
まさに一昔前。このころのセリエAファンにとっては、しばらくは過去を懐かしむトリガーになってくれそう。さっそく今回トップ下になる本田をボバンにたとえたスポ新があった。ボバンかぁと記憶の向こう側からその名のイケメンさんを探す。
オシムさんだって昔の人かもしれないが、彼には世界に通用するフィロソフィーがあった。
ザックさんがどのような哲学をもって挑むのか…。

それよりも、おしゃれなイタリア人ですから、さっそく日本代表の選手達にちゃんとした服装を教えてあげて欲しいなあと、おばさんは思うのです。
日本のエース本田選手の帰国時の私服は,この猛暑の中にあっても冷や汗が出てきました。
ロシアからの帰国とはいえ(今年のロシアは猛暑だけど)、8月にニットのハーフコートはないでしょう。おしゃれさんは一歩先をいくかもしれませんが、あれは一歩ではないでしょ。おまけに、ニットコートの下は、ハイネックシャツとチェックのシャツの重ね着。秋を通り越して真冬の服装です。
この服装は、本田君の自主的なスタイルではないはず。所属事務所がスタイリストをつけているんでしょうが、その人が二流三流だったということ。
あのニットコートを活かして、一歩先を行くスタイルにするなら方法はあったはず。一番かんたんなのは、コートの下を白のTシャツとジーンズにすればいい。Tシャツはノースリーブでもいい。あくまでもプリントなしの下着のような白。これにニットコートを羽織るだけにすると、すごくナチュラルでワンランク上(ファッション雑誌用語だねえ)のオシャレになったのにね。(男のオシャレは引き算ですよ)
本田君が第2のヒデにならないように注意してあげる人がいて欲しいですね。日本の大衆メディアではヒデの成田ファッションは総ブランド品でオシャレだともてはやされていましたが、ファッションジャーナリストや海外のファッション関係者は笑っていました。
ちんけな格好をするくらいなら、移動用のスーツを紳士的に着こなせるようになって欲しいなあ。そのためにも、スーツを着たとき、手に持ったバッグを肩に担ぐような持ち方は止めて欲しい。スーツを着てこの持ち方をしている選手が多いのはとても気になります。

そんなことを考えていたら、NY在住の服飾アドバイザー・ケン青木さんから、原稿が送られてきた。
私が趣味的に運営している「サラリーマンスタイル」というサイトに5年近くも紳士服の基本的な情報やNYから観た日本について記事を書いてくださる。
中村俊輔がスコットランドにいた頃は、NYのスコティッシュたちのパーティの話など、タイムリーな文章をかいてくださったが、今回も、早速ザッケリーニ新監督についての興味深いネタを振り込んでくれました。

「ACミラン」のオーナーでイタリア首相のベルルスコーニ氏による、ザッケローニ評。
もちろん今回の日本代表監督就任にあわせてではないが、ミランのオーナーがザック監督をどう評価していたか,興味深いでしょ。
その言葉がまた、イタリア人らしいこと。
「彼 ( ザッケローニ氏 ) は、いい生地を持ってはいるのだが、良い服を仕立てられない … 。」
どんな意味なのでしょう…。


スポ新によると、若い代表選手たちがこぞってがんばっているようです。
イタリアに行った長友くんなんか、ザッケローニ監督からイタリアでの成功法を学びたいと言っていますが、ザック監督は、はたしてイタリアで成功した人物なのかな?

ザッケローニさん、いいおじさん風なので、日本向きなのかもしれない。
サッカー協会は気配りしてザッケローニさんが孤独にならないように、そして緊急時には万全の対応ができるように、気配りしておいて欲しい。
オシムさんが倒れたときのドタバタを考えると、海外の監督が日本に来たくない理由のひとつに緊急時の対応と自国からの距離の遠さがあるのは間違いないでしょうから。



◎サラリーマンスタイル :http://salasta.upper.jp/
[PR]
by windowhead | 2010-09-03 15:34 | 紙のフットボール | Comments(3)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧