<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

朴智星の引退会見と中村俊輔

実は、アジア杯で楽しみにしていたのは韓国代表だった。
昨年見た韓国代表がスムーズに世代交代が進んでいるようで、とても魅力的なチームになってきているなあと感じていたから。
日本代表との戦いもPK戦で負けてしまったが、チームの総合力や戦力は韓国代表が一歩勝っていると感じた。キ・ソンヨンのゴールパフォーマンスがやたらと問題視されたが、試合終了後も、韓国の監督や選手達のほうから握手を求めて日本代表をたたえていた。韓国代表に一皮剥けた洗練を感じたくらいだ。
この大会で引退を表明した朴智星(パク・チソン)をチーム全員で胴上げするシーンも印象的だった。

朴智星は、その後日を改めて母国韓国で引退表明記者会見の場を用意してもらい、正式な引退表明を行っている。
新聞などの記事によれば、スーツに白いシャツ姿で会見に臨んだ朴智星は
「最もうれしかったのは、初めて代表に抜てきされた時。小さいころから夢見たユニホームを10年以上、着ることができたのは、このうえない栄光だった」
「まだそのような年齢だとは思わないが、後輩たちに機会を与えるのも必要だ。この決定が韓国サッカーはもちろん自分のためにも良いことだと思う」
と14年のワールドカップに向けた世代交代の重要性を引退の理由にあげたようだ。

この記事を読みながら、この会見は、長年代表を引っ張ってきた選手への感謝とリスペクトがあればこそ開かれたのだろう。そのようなサッカー文化が根付いている韓国サッカー界は、さすがに日本よりも先輩だなあと改めて実感し敬意を表したいと思った。

振り返れば、日本にもこのような選手がいたのだ。
W杯が終わったとき代表引退を口にしたが、その声は岡田ジャパンフィーバーにかき消され、その後も新たな代表への召集打診があっているが、「代表引退はすでに決めていたことだし、日本のサッカー界のことを考えてのこと」と言葉少なに断り続けていた。

その選手は 中村俊輔。

10年ものあいだ日本代表に召集され続け、その8年近くを背番号10番を付けて代表の顔を務めてきた選手。
日本代表としての実績は、
初召集の2000年から出場試合数 98試合
 (2002年にイタリアに移籍し、その後8年間を海外チームに所属しているので、98試合のうち半分以上の試合は、ヨーロッパから15時間以上の移動を強いられながら合流しての代表参加だ。)
得点数 24得点(日本代表歴代6位)
 (得点数歴代10位のほとんどはFWの選手で、MFは2人だけ。5位の木村和司と6位の中村俊輔。二人ともFKの名手。MFでこの得点数を越える選手が、いつ出てくるだろうか?本田や香川がこれを越えるのはいつになるだろう。いや越えることができるかどうか、2人とも今はそんな段階だろう。)
W杯にだけはめぐり合わせが悪いが、それでも彼の日本代表と日本サッカー界、それに日本人の印象をアップさせたことへの貢献は大きいはずだ。

そんな選手が日本代表の選手から胴上げされることもなく、代表引退の記者会見も開かれることなく日本代表から引退してしまっている。
新しいもの好きの日本人達が、新しい選手たちの活躍に浮かれてしまうのは、まあそんなものだろうと諦めているが、サッカー界やサッカージャーナリストやメディアまでが、中村俊輔への感謝とリスペクトを無視してしまったのは、不思議なことだった。

今回の朴智星の代表引退会見と、日本代表の俊輔への対応を見て強く感じるのは、本当の意味でのサッカー文化の定着では、日本はまだまだ発展途上国なんだと言うこと。
歴史を積み重ねて行った人々への感謝が自然に生まれてくる韓国代表が少しうらやましい。

W杯後、代表引退表明の場もなく感謝やリスペクトの言葉も受けられないまま、謂れもない俊輔バッシングだけが吹き荒れた中で、淡々と黙々とマリノスでのサッカーに打ち込んできた中村俊輔。
その彼が、今シーズン、マリノスのキャプテンを引き受けた。

代表入場でも後ろのほうに並ぶ。セルティックで優勝し最優秀選手などリーグの賞を総なめにしたときも端っこのほうで遠慮がちに喜んでいた引っ込み思案が、チームのキャプテンを引き受けたと言うニュースは、俊輔ファンが一番驚いたはずだ。
代表は引退したが、サッカー選手としてはまだ成長してみせるぞという意欲の表れかな。
キャプテンシーの表現という一番不得手なプレーにチェレンジする俊輔。

そんな中村俊輔を見るのは楽しみだが、FKシーンを見るよりドキドキさせられるはずだとの覚悟が必要かもしれないね。
[PR]
by windowhead | 2011-02-05 14:56 | 10-25shun | Comments(12)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧