<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「JIN-仁」6話と長崎、精得館

5月22日のTVドラマ「JIN=仁 6話」は、長崎の西洋医学史を個人的なテーマにしている私にとって興味深いものでした。

b0009103_4334828.gif



南方先生が、長崎でペニシリンの講義をした「精得館」は、1861年(文久元年)に開院した日本最初の西洋式病院「小島養生所」と医学の講義をする医学所が、1865(慶応元)年4月統合され発足した施設です。
おそらく、当時の日本で最も先進的な医療機関だったと思います。

b0009103_9234967.jpg

そしてアントニウス・ボードウィンは、幕府の要請でオランダから派遣された医師でユトレヒト陸軍軍医学校で教官として各分野の医療を教えることができた優秀な人です。
また、眼科が得意で、日本に初めて検眼鏡を導入し、その説明書を蘭訳し生徒たちに伝授しています。
ドラマの中で目を負傷したグラバーを、グラバー邸から少し離れた「精得館」に運んできたという設定も、納得のいく行動です。

ボードウィンは幕府に進言して、精得館と併設して分析究理所も設置しました。
1865(慶応元)年8月に完成した分析究理所は、物理学・化学など自然科学の科目を教えたほか、偽銀の鑑定や各藩から依頼された鉱産物の分析なども行っていました。

ボードウィンの生徒には、あの緒方洪庵の次男・緒方惟準や松本良順の息子・松本鑑太郎たちがいます。ボードウィンは帰国する時、国費留学生になった惟準と鑑太郎を伴ってアメリカ経由でオランダに帰りました。
長崎大学医学部には、ボードウィンの生理学、眼科、内科の講義録が残されています。
(写真左がボードウィン、右は分析究理所教授のハラタマ)



この6話には、もう一人、とても興味深い人物が登場していました。

グラバーの目の手術のシーンで、唐突に「無尽灯」というランプのようなものが登場しました。
「無尽灯」を掲げた生徒は、ひとり飛びぬけて老けていました。南方先生が、江戸に帰るとき、謝辞を伝えた彼は、自分の本名を名乗ります。

「久留米藩士・田中重久」

おお、「からくり義衛門」ではありませんか。「無尽灯」からアームストロング砲まで開発し製作した、幕末明治屈指のエンジニア。
慶応元年には、もう60歳代のはず。精得館で学んだ記録は残っていないと思いますので、匿名で学んでいると言う設定になっていたのでしょう。
在籍していたらおそらく分析究理所で学んでいただろうと思います。
南方先生は、餞別として彼にペンライトの電球を渡しました。
田中重久が明治8年に設立した田中製造所は、現在の東芝の基礎となります。田中重久は東芝の創業者なのです。
そして、「JIN-仁」の提供は東芝グループ。気の利いた演出でした。
[PR]
by windowhead | 2011-05-29 04:36 | 長崎と幕末維新 | Comments(4)

世の中に残るものは、こどもが知っている?

亡くなられた児玉清さんが、司会業に挑むべきか悩んでいた谷原章介さんに対して、「残るものは広く一般の人に見てもらい、かつ子供が見るものが後々の世界に残る。広く一般の人に見てもらうのが僕らの仕事だから」と言われたそうだ。

そんなニュースから、あることを思い出した。
ずいぶん前だが、友人が、「このブログ読んでね。ほのぼのするよぉ~」とメールで教えてくれたサイトのこと。

サイトは「BB虎彦の野球ブログラブ」http://bbbloglove.blog34.fc2.com/
野球大好きの二児のパパが少年野球と日常のことを綴ったブログ。

サイトの持ち主は、少年野球のコーチをやっている野球大好きな二児のパパ・BB虎彦さん。
ふたりの小学生の息子達も少年野球をやっているようだ。

息子やチームの少年達を熱心に指導している虎彦さんが、お正月休みに本屋で手にした本は、中村俊輔著「夢をかなえるサッカーノート」。
サッカーに詳しくないという虎彦さんでも、中村俊輔選手がサッカーノートなるものをつけていることは知っていた。
なにか野球の参考になるのではないかなあという軽い気持ちで購入して、読み始めたところ、
「一瞬にして正月気分が吹っ飛ぶぐらいの本でした。」
というほどの衝撃を受けたそうだ。

その3,4日後、小学高学年の長男くんが、本を読んでいる。
それも、
「・・いや、こんなに真剣に読んでいるのを見るのは初めてかもしれません。」とパパが驚くほど熱心に読んでいる。
その本は、パパが買って来た「夢をかなえるサッカーノート」だった。

だれにでも読みやすい平易な文章で書かれているので、少年の心にもすんなり入っていったようだ。
たとえば「目標を持つ」と言うこと。子供たちによく言うけれど、漠然とした話になって伝わりにくい。それを俊輔選手は具体的に分かりやすく書いてあった。この本によって、目標は分かりやすく明確にすることが大事だと親子ともども教えられたと言う。

さらに、長男君は「赤ペンで線引いてもいい?」といって、自分なりに心に留めたいところに線を引いて、何度も読み返してたらしい。
この姿をみて、パパ・BB虎彦さんさんは、息子達のために『BASEBALL NOTE』作りに取り組んだ。
俊輔のサッカーノートを参考にした力作『BASEBALL NOTE』が完成し、長男君は今もそのノートを使い続けているようだ。

1冊の本が、父と息子に共通の気持ちを起こさせ、それぞれのやる気に火をつけた。
なんだか男同士にしかわからない絆が生まれたみたいで、うらやましい。
この本を書いた中村俊輔選手が一番喜びそうなエピソードが、ここにあるのだ。
それも、サッカーでなく、野球というフィールドでの出来事。きっと、サッカーフィールドのなかでも、この本に触発された少年やおとな達がいることだろう。



「夢をかなえるサッカーノート」は、2009年に出版されている。
中村俊輔選手のサッカーノートをベースにした本と、彼によって開発された34ページのオリジナルサッカーノートがセットされている。
また、そのノートは、3冊セットで別売りもされている。
出版後1年半以上たっても、私の町の紀伊国屋書店では、継続して書架に陳列されているし、3冊セットのオリジナルノートは、複数平積みされている。
ロングセラーとは、こんな本なのだろう。

長谷部選手の本が今人気らしい。長友選手の本も出るという。多くの人に長いこと読まれ続ける本になるといいですね。


※ぜひとも、BB虎彦さんのブログを読んでください。
目標:http://bbbloglove.blog34.fc2.com/blog-entry-432.html
驚き:http://bbbloglove.blog34.fc2.com/blog-entry-433.html
概ね良好:http://bbbloglove.blog34.fc2.com/blog-entry-434.html

夢をかなえるサッカーノート特設サイト http://bunshun.jp/pick-up/soccer-note/
[PR]
by windowhead | 2011-05-21 19:18 | 10-25shun | Comments(3)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧