<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

争うは本意ならねど~ ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール

サッカーファン、いやスポーツが好きな人にはぜひとも読んでいただきたい本がある。
この本の主人公の勇気が、選手の健康を守り、その後のサッカー界の躍進を支えたともいえるからだ。
そして、本当の勇気とはなにか、を教えてくれるからでもある。

b0009103_13421290.jpg
「争うは本意ならねど==ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール」(集英社インターナショナル)
著者は、あの「オシムの言葉」を書いた木村元彦

2007年春、当時川崎フロンターレに所属していた我那覇選手は、風邪の回復のためチームドクターが取った処置がJリーグアンチドーピング規定に抵触するということで処分を受けた。
その後、我那覇選手に取られた処置は、国際的なアンチドーピング規定にも、日本の規定にも、触れていないということがわかったが、Jリーグは、すでに処分は過去のことだとして我那覇選手への処分を撤回しなかった。
日本代表FW候補でもあった彼は、過去のことにこだわるより前を向いて進めとのチームの助言もあり、一時は受け入れようとした。しかし「サッカー選手を辞めたあとも汚名を着て生きるのは悲しい。サッカー選手を目指したいと言う息子のためにも、堂々とサッカーができるようになりたい。」という人としての尊厳を守るために、第三者機関に仲裁の申し立てをした。
Jリーグ側があくまでもスポーツ仲裁裁判所(CAS)以外の仲裁に応じないという姿勢だったので、我那覇選手はその費用も手続きも一切個人の負担としてCASでの仲裁を申し立て、勝利を勝ち得た。

ことの発端は、直接取材をしていない記者が書いた記事だった。
その記事のみを信じ、当事者の声に耳をかさなかった上部組織による汚名。
本来守ってくれるべき組織が、身内のメンツのため冤罪を認めない。
穏やかな性格で、もっとも争いを嫌う男が、人としてのプライドを守るため選手生命をかけて、この不条理に挑んだ。
そしてそれを多くの人たちが支えた。

その一部始終が、木村氏の取材で明らかになった。
人として最も大切なものを守るために真っ直ぐに行動する我那覇選手と支える人たちの姿に感動する。
特に、チームの壁をこえて協力し合ったチームドクターたちの「医者としての使命感」には、心強さとともに尊敬の念さえ湧いてくる。
読みながら、何度もこみ上げてくるものがある。
本を閉じるとき、我那覇選手とかかわった人々に多幸あれと祈りたくなる。

この本は、ぜひ購入して読んでほしい。
CAS裁定のために我那覇選手が負担しなければいけない費用の総額は3400万円を越えていた。
この本の収益の一部がCAS裁定費用を援助するための「ちんすこう募金」として我那覇選手に送られるという。






当時、私もこの事件についてブログに感想をかいていた。
すると、フロンターレのサポーターの人や、我那覇選手の支援の人から、コメントや情報が送られてきた。
サンフレッチェ広島のチームドクターがアップしてくれたアンチドーピングにかんするホームページを教えていただいたとき、チームドクターたちがクラブを超えて支援し合っていることを知った。
選手会の募金や、ちんすこう募金の広がりも知った。
そして、CASの裁定がおり、冤罪であったことが証明された。
これはサッカー界にとっても、スポーツ界にとっても大きな成果だった。
しかし、サッカーライターや雑誌などの取り上げ方は、それほど大きかったとは感じられなかった。
あるライターなどは、我那覇選手になんの落ち度もないという裁定が下った後も、サッカー協会の機嫌を取るかのように、選手側の意識の甘さも問題というような記事を書いていた。
なぜ、ライターたちがこの潔白の証明に、消極的なんだろうと気になっていたが、その理由もこの本から透けて見えてくる。
私の中で「プレヤーズファースト」をサッカーを見る基本にしたいと決めた事件でもあった。
(私も、この冤罪事件に我那覇問題というタグをつけているが、木村さんがいうように、この言い方をかえなければいけない)

過去に書いたもの====
我那覇選手の決断を応援したい
我那覇選手サポートにJリーグ選手協会が動いた

我那覇選手の勇気に応えた審理を期待します
我那覇選手、勝訴!…本当によかった。

我那覇選手の違反記録をFIFAが抹消
[PR]
by windowhead | 2012-01-31 13:43 | 紙のフットボール | Comments(2)

おくればせながら、昨年のブックリスト

毎年年末に、その年に読んだ本の中から印象に残った本10冊程度を選んで報告するというちいさなグループがあり、それに参加している。
10冊の本とそれについての簡単なコメントをA4サイズ1枚に列記して主催者のM氏にメールで送付すると、お正月前に送付された全員のものが1冊になってそれぞれに送付される。もう20年くらいつづいている。
私も参加して15年以上になった。
単純に150冊以上をピックアップしていることになる。
メンバーのものを集めると4000冊以上になるはずだ。

読書が趣味、暇つぶしという人たちが集まるので、登場する本は、さまざま。
ジャンルもさまざま。
不思議なのは、自己啓発本や実用書が少ないこと。
20人弱の参加者があげる10冊がほぼ重ならないのも不思議なくらい。

ということで、昨年読んだ本の中から興味深かった10冊を(順位はない。ただ最初に挙げた本がその年一番の本)

◎一刀斎夢録(上下) 浅田次郎 文芸春秋
●フラジャイルな闘い 日本の行方 松岡正剛 春秋社
●暁英 贋説・鹿鳴館 北森鴻 徳間書店
●サムライブルーの料理人 西芳照 白水社
●ポーカーフェース 沢木耕太郎 新潮社
●アリアドネの弾丸 海堂尊 宝島社
●ビブリア古書堂の事件手帖1 三上延 メディアワークス文庫
●やめないよ 三浦知良 新潮新書
●最速iPhoneアプリ制作術 高尾司 リックテレコム
●書いて覚える東海道五十三次くずし字入門 菅野俊輔  柏書房

本当は、これ以外に、自分の趣味で幕末・近代史関係の本や史料集があり、それが一番興味深い本なのだが、娯楽として純粋に楽しむ読書からのピックアップにしている。

「一刀斎夢録」は別格だった。
こんな男たちの生きざまを読んでしまうと「サッカーは戦争だ」なんて煽るスポーツライターやサポーターたちの幼稚さが、丸見えになってしまう。
スポーツを戦争にしてはいけない。スポーツはチームメイトや相手をリスペクトすることからはじまる。
相手の人格も生きる権利も叩き潰すことが戦争。スポーツとは真逆だ。
命のやり取りで生き残った男は決して自分の未来を欲してはいけない。
奪った命を背負って市井の片隅で静かに生きていく。
一刀斎(斉藤一)の晩年は、頑固にその生き方をとおしていった。
それにしても、浅田次郎さんは、土方歳三が好きなんだなあと感じたが、どうなんだろう。
[PR]
by windowhead | 2012-01-28 02:17 | 至福の観・聞・読 | Comments(0)

ファンタジックな町

b0009103_1075499.jpg



街中に様々なランタンが溢れています
長崎の中心部は、今、光のテーマパーク状態です
日常が、夜になるとそのままファンタジックな世界になっています
仕事場を出たとたん、ちょっと戸惑ってしまいます。
昨夜乗ったタクシーの運転手さんは
これまた、赤いチャイナ服姿でした。
なんだか不思議な冬の夜でした。
今の長崎はそんな街です。

魅力的な町といえば
昨夜読み上げた
「ビブリア古書堂の事件手帖 2 ー栞子さんと謎めく日常」
(三上 延 著・メディアワークス文庫)
の舞台、北鎌倉。
友人が住んでいるということで2,3回訪問しただけですが
ここの駅前風景は、なんともいえず素敵です。
駅前付近の喫茶「侘助」は今もあるのでしょうか
ビブリア古書堂はここの近くだと勝手に思っています。

さて、この本、1,2と出版されていますがシリーズになってほしいです。
まったく考えても見なかった視点から本の魅力を教えてくれました。
今回も「時計仕掛けのオレンジ」のいきさつには、驚きでした。

本は中の物語や情報を得るものというスタンスでいましたが
本そのものや出版のいきさつなど、また違った魅力があるんですね。
また楽しみ方が広がりました。
[PR]
by windowhead | 2012-01-27 10:21 | 日日抄 | Comments(0)

旧正月で初詣

b0009103_2454061.jpg


23日が、旧暦の元旦、今日は、新しい年になって3日目。

諏訪神社に初もうでしてきました。

古いお札類をお返しして、新しいお札を購入。

おみくじ引いたら、中吉……微妙な。

境内から望む彦山、うっすらと雪景色
[PR]
by windowhead | 2012-01-26 02:45 | 日日抄 | Comments(1)

寒風にランタン灯る

b0009103_100681.jpg


長崎の旧正月は、ランタンの赤い灯に彩られる。
中華街の有志たちから始まったランタンフェスティバルも年を重ねて、いまでは長崎の冬を彩る一大イベントにまで成長している。

中華街や商店街に中国風の赤い提灯やフラッグがつらなり、主会場では様々なイベントが繰り広げられる。
なかでも、私的に心惹かれるのは、町中を流れる中島川川面に映るランタンの灯。
昨日は、長崎もとても冷え込んでたので、そそくさと、携帯で1カット写してさっさと乗り物に乗って帰宅。

今日も寒さは続いています。

しかし、これくらいを寒いというと、積雪の東京や東北、北海道の方に笑われますね。


b0009103_102084.jpg
[PR]
by windowhead | 2012-01-25 10:15 | 日日抄 | Comments(0)

ハンサムウーマン、澤穂希さん!

世界中のサッカー選手、サッカープレーヤーの憧れ、サッカー選手として最高の栄誉「バロンドール賞」。」
その女子年間最優秀選手賞をナデシコジャパンのキャプテン、澤穂希選手が受賞してしまった。
ナデシコジャパンの佐々木則夫監督も女子チームのFIFA世界年間最優秀監督に選ばれた。

うかつにも、バロンドールに女子部門があるのを知らなかった。同じく監督賞などがあることも。

(メッシが3年連続でバロンドールを受賞、女子は澤穂希(AFP BBNews)
http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2849766/8276282 )


澤さんの受賞は、本当にうれしい。

授賞式の映像で、振袖姿で登場した澤さんに、さらに彼女が大好きになった。

最近は、女優さんたちも、結婚式の花嫁も、列席のお嬢さんたちも、ドレス姿が多く、振袖は成人式の晴れ着的な扱いだが、本来、振袖は未婚の日本女性の第一正装。
バロンドールの授賞式に、日本女性の正装である振袖を着用した澤さんのインテリジェンスに感動!!
日本女性(大和なでしこ)の強さをそのプレーでアピールしてきた澤さんは、日本女性の美しさと凛々しさを表現できる最良のウエアが着物だということを身を以て教えてくれた。
きっと世界中の人々も、着物姿の最優秀選手に「ブラボー」の賞賛を贈ってくれるはず。

よく「日本を背負ってプレーしたい」とか「プレーで日本をアピールする」などという言葉をいろいろなスポーツのなかできく。
澤さんもずっと日本を背負い、すばらしいプレーで日本をアピールしてきてくれた。
そしてそれが世界で認められたとき、日本本来の正装で登場し、最高の日本人をみせてくれた。

こんなことを言うと、澤さんのプレゼン能力のすごさなどというビジネスコンサルタントなどが出てくるかもしれないが、澤さんは、日本人として普通の礼儀を守っただけだと思っているはず。
昨年秋の皇居での園遊会の席でも、澤さんは空色の振袖姿だった。たしか、今回のバロンドール時の振袖と同じものだと思う。
本来の日本人らしい礼儀正しさで、バロンドールの席に登場した澤穂希選手。
そのつつましやかさと自然体で、世界に通用する日本人から、世界に愛されリスペクトされる日本人に脱皮したのではないだろうか。
 
見習いたい部分をたくさん持っている人だ。
[PR]
by windowhead | 2012-01-10 16:01 | 至福の観・聞・読 | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧